偽妊娠とは パンダと犬と偽妊娠療法と

偽妊娠とは何か?

 

パンダや犬も偽妊娠をするのだけど、
人間には偽妊娠療法という治療法があり多くの方が受けている。

 

今回は偽妊娠に関する情報をまとめてみた。

 

偽妊娠とは?

こんな疑問がパンダの シンシン偽妊娠発覚以降ひろがっている。

偽妊娠とはパンダだけでなく犬や他の動物でも見られる。

 

人間でも想像妊娠という名前で知られているけど
人間の場合には精神的な影響が肉体に現れた結果とされている。

 

 

偽妊娠は通常の妊娠の兆候が
妊娠していないにも関わらず現れる。

 

具体的な例としては…
月経閉止、つわり、腹部の膨張、胎動の自覚など、

 

人間の場合には神経質な女性に多くみられる。

 

多くの場合には、
妊娠を強く望んでいる場合や妊娠を強く恐れている場合にみられ
医師の診断で想像妊娠(偽妊娠)と伝えられると妊娠の兆候がおさまる。

 

一方でパンダや犬、ウサギを含む哺乳類でも
偽妊娠による妊娠の兆候がみられる。

 

人間の場合には心理的原因が理由となるけど
パンダや犬などの動物の場合には少々原理が異なる。

 

パンダや犬などの動物の場合には、
発情期に伴うホルモン変化が原因となり偽妊娠が起こる。

私達に身近な犬の例で言えば、
つわり、腹部の膨張、乳腺の発達や乳汁分泌などが見られる。

更に巣作りなどを行う動物もいる。

 

 

次に最近パンダのシンシンが偽妊娠したと話題になったので、
パンダの偽妊娠について調べてみた。

 

妊娠すると哺乳類であれば腹部が膨張する。

 

でもパンダの場合には、
元々が巨体なので腹部が大きくなっても目立たない。

 

だからパンダのシンシンの映像なんかでも
体の変化に気づく人は少なかった。

 

 

偽妊娠について調べていたら
偽妊娠療法という気になる言葉を見つけたので
こちらも調べてみたのでまとめてみる。

 

 

偽妊娠療法とはどんな療法なのかといえば、
妊娠してる状態を人工的につくるというもの。

 

偽妊娠療法を行うことで月経をなくす。

 

偽妊娠療法がよく使われるのは、
子宮内膜症の治療。

 

子宮内膜症の症状が悪化する大きな要因の一つに
月経があげられるためで偽妊娠療法は、
症状悪化を防ぐために必要となる。

 

偽妊娠療法とは偽妊娠の状態を人工的に作り出すんだけど、
どのように偽妊娠の状態を作り出すのかというとピルを使う。

 

偽妊娠療法とは、
病巣の活動を抑制することが目的で
根本的な治療でない点には注意が必要。

 

しかも偽妊娠療法を長期間続けると
副作用の恐れがあるため偽閉経療法が現在では一般的となっている。

 

スポンサードリンク

偽閉経療法というわけのわからない言葉も出てしまったので
こちらも調べてみた。

 

偽閉経療法は子宮内膜症の薬物治療方法の一種で
エストロゲンの分泌を低下させる療法。

 

卵胞ホルモン(エストロゲン)を減少させて
人工的に更年期症状と同様のホルモンバランスにする。

 

このことから偽閉経療法と呼称されている。

 

基本的に点鼻薬や注射薬の投与で行われている。

 

でも更年期の様な症状による副作用も存在するので
治療の継続ができなくなってしまう場合もある。

 

 

更に治療開始した時期には、
女性ホルモンの分泌が一時的に増加する。

 

女性ホルモンの分泌増加の結果、
下腹部痛、性器出血など月経のような症状がみられる。

 

この女性ホルモンが増加した時期を過ぎると月経が止まる。

 

しかしこの頃から更年期のような症状が見られる。

 

例えば、ほてりや冷え。
肩こり、頭痛、イライラ、発汗、
気持ちの落ち込み、脱毛、うつ

など

 

これらの副作用のある偽閉経療法。

 

でも副作用には、
鎮痛剤や安定剤や漢方薬などを投与することで対処可能。

 

大体こんな感じ。

 

偽妊娠とは?この言葉を調べていたら
パンダや犬だけでなく偽妊娠療法や偽閉経療法などにも
記事内容が及んでしまった。

 

卵が先か鶏が先かのような話になるけど、
少し気になった点がある。

それは…

 

偽妊娠療法や偽閉経療法を考えた人は、
偽妊娠などからヒントを得たのだろうか?

それとも考えた療法が偽妊娠などと被っていたのだろうか?

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ