お中元のマナー!お返しと贈る期間で大人IQアップ

お中元のマナーって少し複雑だよね。

 

 

日頃の感謝を込める行事なんだけど、
詳しく知らないと緊張する。

 

 

今回の萌え猫リサーチは、
お中元のマナーについて!

 

 

ボクと御中元マスターを目指そうゼ(ノ´▽`)ノ

スポンサードリンク

 

御中元の由来

まずはお中元について、
基本的な部分を知っておこう。

 

 

とりあえずはジャブ程度の豆知識から。

 

 

お中元の由来
  • 古代中国の三元が由来
     ○三元は神様に供え物をして身を清める日
       三元とは以下を指す
        1月15日の上元に天神様を祀る
        7月15日の中元に慈悲神様を祀る
        10月15日に水と火の神様を祀る
  • このうち中元が盂蘭盆会と結びついた
     ○この結果、日本では先祖の霊を供養するようになった
  • 現在の、お中元は明治30年台に定着
     ○お世話になった人たちへ感謝の気持を表す日となった

 

 

お中元 贈る側のマナー

nattoku

ここからお中元のマナーについて、
無駄に詳しく解説していくよ。

 

 

まずはお中元を贈る時期から。

 

 

お中元を贈る時期
  • お中元の意味
     ○1年の上半期の区切りという意味もある
  • 本来の中元は旧暦の7月15日
     ○元々は、お盆の御供え物を送っていた
  • 現在の送る時期
     ○6月下旬~8月上旬が一般的
       大別すると以下のように東西に分かれる
        東日本:新暦を根拠として7月初旬~7月15日
        西日本:月遅れのぼんを根拠として8月初旬~8月15日
     ○最近では東日本の考え方が広まっている
       このため集中する7月を避け6月下旬に送る人も増えた

 

 

御中元の水引き

お中元の水引きは紅白の蝶結びを使う。

 

 

でも肉類や魚類のような生ものには、
のしを付けない点には注意しよう。

 

 

送ったら連絡を

お中元を配送する ことが、
近年は多くなっている。

 

 

お中元は本来、自分で持っていき、
日頃の感謝の意を伝えるのが正式な姿。

 

 

もちろん配送の形は当たり前になっているから、
悪いことではないけど日頃の感謝を、
送った旨の連絡と共に伝えるのをお忘れなく。

 

 

贈ったら連絡する
  • なるべく手紙やハガキで連絡する
     ○品物が届くよりも早く相手方に出す
     ○具体的には2~3日ほど早く届ける
  • 親しい相手
     ○友人や身内など
     ○電話やメールなどで連絡しても良い

 

 

 送り状の基本

お中元を送ったら連絡をするのがマナー。

 

 

その時に目上の人に送ったのなら、
手紙などの形で送り状を送付しよう。

 

 

送り状は品物が届く2日前には、
先方に届くようにしたい。

 

 

送り状の基本
  • 送り状は品物よりも早めに届くようにする 
     ○2日~3日前に届くようにしよう
  • 知人や友人、家族など
     ○手紙の内容:感謝の気持や贈った理由
  • 仕事の関係や目上の人
     ○前文や末文など丁型的な書き方にする
     ○時候の挨拶を入れる
     ○感謝の言葉を入れる
     ○文末は健康を祈る形で結ぶ

 

 

お中元選びに迷うのなら

erabu12

お中元選びで迷うことも多いと思う。

 

 

ここでは過去に行われた、
お中元に関するアンケートを、
簡単にまとめておくよ。

 

 

お中元で何を贈ればいいのか?

 

 

迷った時の参考にしてね。

 

 

 

お中元の情報 色々
  • 多くの贈る人が重視ししているのは
     ○品質
     ○ブランド
     ○使いやすさ
     ○実用性
     ○安全性
  • 金額について
     ○贈る商品の価格帯:5000円と3000円が多い
     ○平均的な予算額:18,946円
  • 贈るお中元を毎年変えているか?
     ○変えている人:23.7%(30代が特に多い)
     ○変えていない人:76.3%(60代が特に多い)
  • 贈っている相手
     ○上司:32.9%
     ○親戚:49.0%
     ○両親52.1%
  • 何をもらいたいか?
     ○実用性の高いものが多い
       コーヒー
       ビール
       商品券

 

 

贈るものを変更するかどうか

贈ったものが喜ばれたかは、
判断が難しいよね。

 

 

例えば扱いの難しい食材なんかを贈っても、
かえって相手方に迷惑をかけることもある。

 

 

だから日頃の感謝の念を込めたお中元は、
相手の気持ちを考えないといけない。

 

 

相手が喜んだのなら、
過去に贈ったものと同じものを贈る。

 

 

もし相手の好感を感じられなかったら、
今回は別の物を贈る形が良い。

 

 

その判断基準になるのが、
相手方に頂いた、お礼の言葉

 

 

贈る物の変更するかを判断する返信例
  • 今年も同じものを贈ってもいい場合
     ○品物に対して良い感想をもらった場合
       例:毎年楽しみに…
  • 今年の贈り物は変更を考慮する場合
     儀礼的な挨拶を受け取った場合
      例:いつも結構なものを頂き…
       :毎年申し訳ございません…

 

スポンサードリンク

受け取った側のマナー

お中元は受け取っても、
お返ししないのが普通。

 

 

これは、お中元が目上の人間に、
日頃の感謝を伝えるのが本来の目的だから。

 

 

でも受け取った側は、
しっかりとお礼を伝えるのが大切なマナー。

 

 

だからお中元を受け取った際には、
お礼の言葉を忘れないようにしよう。

 

 

受け取ってからのマナー
  • 贈られてもお返しはしない
     ○でもマナーとしてお礼状を出す
  • 受け取ってからの連絡は早めにする
     ○親しい相手であれば電話で済ませることもある
     ○特に食べ物の場合は早めの連絡が必要
       無事についたことを早めに連絡する
       美味しさなどを手紙などに書いて伝える

 

 

お中元 こんな時どうする?

 ここでは、お中元で、
疑問に思う人が多いことを、
まとめておくよ。

 

 

まずは、その年に特別お世話になった方に、
感謝を伝えたい場合について。

 

 

お中元は、今後の変わらないお付き合いを、
お願いする意味もあるから一度贈ると、
毎年の恒例になってしまうんだ。

 

だから感謝の気持を一度伝えたいだけなら、
お中元ではなく御礼と書いて贈ると良いよ。

 

 

今回のみ贈るのなら
  • お中元は1度贈ると恒例となる
     ○今後の変わらぬお付き合いを求める意味があるため
  • その年に1度だけ贈るのなら
     ○のし紙を御礼として贈る

 

 

お中元の季節がズレた

お中元でよくあるのが、
贈るタイミングを逃して渡しそびれるパターン

 

 

お中元を渡す季節がズレたら、
表書きを変えて贈ればOK。

 

 

お中元の時期がズレたら?
  • 表書きを変えることで贈ることが可能
     ○7月20日辺り~立秋の前日までは暑中見舞い
       立秋:8月7日~8月22日辺り
     ○立秋に入るったら残暑御見舞として贈る
  • 遅くても処暑までには贈る
     ○処暑:8月23日~9月7日辺り
  • 注意
     ○親しい人には暑中御見舞や残暑御見舞と書く
     ○目上の人には暑中御伺いや残暑御伺いと書く

 

 

喪中の人にはどうする?

お中元で迷うのが、
喪中の人に贈るかどうか。

 

 

喪中の人に贈るとマナー違反になるのは、
基本的にお祝いの品なんだ。

 

 

一方で、お中元は、
日頃の感謝を表すもの。

 

 

だから喪中であっても、
お中元を贈のはマナー違反にならない。

 

 

ただ、多少の配慮はした方がいいんだ。

 

 

喪中の人へは?
  • 贈っても問題はない
     ○お中元はお祝いではなく感謝の証だから問題ない
  • 喪中の人への気配り
     ○気落ちしている、四十九日を過ぎていない場合
      →時期を少しずらし贈る
         例:暑中見舞い、忌中御見舞、無地のし等の形で
     ○紅白の水引きを控える

 

 

お中元とお歳暮の片方のみにしたい

 大人の世界には色々な都合がある。

 

 

時として、お中元とお歳暮の、
どちらか一方のみ贈りたいといういことも…

 

 

そんな時は一年の感謝という意味で、
お歳暮を贈るようにしよう。

 

 

配送や通販での注意

お歳暮をお店から配送してもらったり、
ネット通販で注文して贈る場合が、
一般的になっている。

 

 

配送してもらうときの注意したいのが、
生もの等の場合。

 

 

届く期間が不在でないか
相手方に確認しておこう。

 

配送や通販での注意点
  • 賞味期限の近いものや生もの
     ○不在期間でないか事前に連絡をしておく

 

 

まとめ

 今回は、お中元のマナーについて!

 

 

お中元は日頃の感謝を伝え、
今後のお付き合いをお願いする慣習。

 

 

やっぱり、こういう伝統的なことって、
人格を評価されやすいよね。

 

 

だから、お中元のマナーは、
しっかりと押さえて大人の魅力を見せつけよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ