集団パニックで 過呼吸になり、
女子高生たちが搬送された。

 

このようなニュースが、
過去に報道された。

 

少し詳しくリサーチをしてみると、
集団パニックが身近である事が分かった。

スポンサーリンク

女子高生の集団パニック

集団パニックによる過呼吸で、
女子高生が搬送された。

 

このようなニュースが流れて
集団パニックによる過呼吸が、
注目されたことがある。

 

 

女子高生の過呼吸について

女子高生の集団パニックによる過呼吸は、
兵庫の県立高校でおこった事件。

 

休み時間中に1年の女子生徒が
「気持ち悪い 」と体調不良を訴えたことから事件は始まった。

 

後に、
この女子高生は過呼吸を起こしたと診断される。

 

その女子高生の様子を見た
別の生徒らも 正午過ぎにかけ1時間程度の間に
次々と過呼吸などの症状を訴 えだした。

 

その結果21名が体調を崩す。

 

今回の事件の結果

今回の件で1年生17人、3年生1人
合計女子生徒計1 8人が病院に搬送された。

 

3名は体調不良を訴えるもすぐに回復して
搬送はされなかった。

 

今回の集団パニックによる過呼吸を詳しく調べてみると…

最初に症状を訴えた女子生徒は、
霊感が強いと周囲から言われる生徒。

 

警察は生徒たちに集団パニックが起きて
過呼吸に集団でなったとされている。

 

集団パニックから過呼吸に集団でなるという例は、
アメリカとかでも言われている。

 

だから特別な例ではない

 

今回の事件の解明

今回の女子高生の過呼吸事件では、
最初に霊感が強いとされる女子高生が搬送された。

この部分が重要。

 

彼女は霊感が強いなど、
注目される要素があっため
多くの生徒に注目されていた

 

この結果、女子高生たちの間では──

 

  1. 霊感の強い女子高生が搬送される様子を見る
  2. 不安によるストレスを感じる
  3. 過呼吸に陥る生徒が出る
  4. 他の生徒も周囲が過呼吸になったことに不安を感じる
  5. 不安によるストレスを感じる
  6. 過呼吸に陥る生徒が増える

 

このような流れで、
不安が連鎖的に生徒達の間に募っていき
次々に過呼吸となる生徒が増えていった

 

ひょっとすると

最初に過呼吸となったのは、
霊感が強いとされる女子高生だった。

 

この事を考えると、
霊という目に見えない存在を想像したせいで、
通常よりも大きなストレスを感じた生徒も、
多かったと考えられる。

 

また高校生の年代は、
感受性が強い世代。

 

この点も、
過呼吸が一気に広まった理由かもしれない。

スポンサードリンク

過呼吸の症状は精神的なものだから誰でもなる可能性がある

集団パニックとなるような
精神的に過度な負荷がかかる環境では、
特に注意が必要となる。

 

集団パニックの状態は、
過呼吸以外の形でも現れる。

 

例えばアメリカでの9・11の同時多発テロ直後

ブッシュ大統領が、
歴代トップのケネディをも上回り 90% の支持率に!

 

その後、集団パニックが冷めると
歴代支持率ワースト1の大統領に…

 

この例は冷静な判断力を、
集団パニックにより、
アメリカ国民全体が失っていた、
象徴的な出来事だと言われている。

 

先に書いた女子高生の過呼吸も、
集団パニックに飲み込まれて、
冷静な判断が出来なくなっていたことも、
要因の一つと考えられるよね。

 

災害時の集団パニック

あと集団パニックは、
災害時なんかに特に大きな問題が生まれる。

 

例えばデパートなんかにいるとき地震が起こったとする。

 

するとパニックを起こした人たちが、
一斉に一つの扉から外に逃げようとする。

 

でも3m横にある扉には誰もいかない…

 

冷静であればバカな…、
と考えられる状況と言えるよね。

 

冷静であればこのように考えて、
誰もいない扉を使う。

 

でも集団パニックの渦中にいると、
そんな当たり前の判断ができなくなる

 

 

だから冷静な状態であれば
バカなとしか思えない行動を人間はとる。

 

集団パニック状態になると異常な興奮状態になりやすい

集団パニックの状態になると、
異常なまでの興奮状態となる。

 

そんな興奮状態になると、
判断力が落ちてしまう。

 

だから女子高生の過呼吸状態事件よりも、
更に大きな問題に陥る可能性がある。

 

大きな問題を防ぐ避難訓練

避難訓練とかは一定の行動パターン
予め脳にインプットしておく。

 

するとイザというときに、
避難訓練の時の行動パターンを思い出せる

 

避難訓練というのは、
このような働きを期待してのこと。

 

人間というのは緊張すると
どうしてもバカになる。

 

 

だから冷静な時に
的確な行動とは何かを脳にプログラミングしておき
災害時の集団パニック状態で馬鹿になっているときに
的確な行動を取れるようにしておく必要がある。

 

 

女子高生の過呼吸事件について

女子高生の過呼吸事件は、
集団パニックによるもの。

 

今回は、
大きな問題には発展しなかったみたい。

 

でも集団パニックというのは、
一歩間違えると大きな問題が生じる。

 

だから注意をしたいところなんだけど、
注意を忘れさせるのが集団パニックの特徴。

 

このように考えると、
避難訓練のように予め行動パターンをインプットする行為は、
集団パニックによる問題を避けるのにとても有効な手段と言えるよね。

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい