PMSの原因と症状には この対策でキマリ!

PMSで生理前に悩む人も多い!

 

 

でも、生理が始まれば、
PMSは治まるよね。

 

 

今回はPMSの、
原因や症状、そして対策について。

 

 

 

 

乗り越えようぜ、PMS☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

PMSとは?

kanngaeru01

PMSは、
月経前症候群と呼ばれている。

 

 

月経の2週間ほど前に起こって、
体と心の調子を狂わせる。

 

 

そして生理が始まると、
改善する。

 

 

PMSの原因は?

PMSの大きな原因には、
3種類ある。

 

 

その原因をまとめると…

 

 

PMSの原因
  • プロゲステロンの影響
     ○プロゲステロンというのは生理前に分泌されるホルモン
  • セロトニンの低下
     ○卵胞ホルモンの分泌減少でセロトニンの分泌も低下する
     ○精神的に落ち込んだりとネガティブになる
  • ビタミン、ミネラル不足
     ○PMSになりやすくなる

 

 

PMSになると?

miru12

PMSは過度のストレスや、
乱れた生活習慣で、
症状が強く表れる。

 

 

PMSになると、
どんな症状が出るのか?

 

 

PMSになると
  • 身体的症状
     ○乳房にハリや痛みが出る
     ○手足にむくみが出る
     ○眠気
     ○便秘
     ○頭痛
     ○吐き気
     ○肌荒れ
  • 精神的症状
     ○イライラ
     ○不安感
     ○無気力

 

 

これらの症状が、
生理前に強く現れたら、
PMSの可能性がある。

 

 

自分できるPMS対策

PMSは自分で
症状を軽くすることが出来る。

 

 

ここでは症状を、
軽くする方法をまとめるよ。

 

 

PMS対策
  • 血糖値を急に上げない
     ○食生活に注意する
     ○糖分、炭水化物は血糖値を急激に上昇させる
     ○大豆製品、緑黄色野菜は血糖値上昇を抑える
  • 有酸素運動を行う
     ○血糖値安定やストレス軽減効果がある
     ○激しい運動をすると逆効果だから注意
  • 規則正しい生活をする
     ○早寝早起き、ストレスが少ない生活などを心がける

 

 

PMSの治療

kusuri

PMSの症状が軽い場合は、
生活習慣や食生活の改善で、
対策を行うことも多い。

 

 

一方で症状が重い場合は、
病院で治療を受けることになる。

 

 

病院での治療は薬物療法が中心。

 

 

薬物療法ではピルを使って、
ホルモン療法がおこなわれる。

 

 

他にも症状次第では、
鎮痛剤や精神安定剤も使われる。

 

 

漢方薬を使う場合も

病院の薬は、
副作用が強く出る物もある。

 

 

だから長期的に漢方薬を服用して、
症状を緩和させる場合もある。

 

 

ただ漢方薬の効果は、
効果に個人差が大きく表れるのが欠点。

 

 

まとめ

今回はPMSについてのリサーチ。

 

 

生理前の悩みで多いPMSだけど、
症状を和らげる方法も存在する。

 

 

だから個人でできる方法を試したりして、
苦しいPMSを乗り越えよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ