肺炎球菌とは?症状と予防接種で大切なこと

肺炎球菌って怖い細菌なんだけど、
名前を聞いたことあるかな?

 

 kannsenn11

 

今回は肺炎球菌の症状と予防接種について、
萌え猫がリサーチ!

 

 

この記事で肺炎球菌の怖さを勉強しよう!

スポンサードリンク

 

 

肺炎球菌とは?

肺炎球菌は名前の通り肺炎の原因になる細菌。

 

 

肺炎は細菌やウイルスなど色々な要因で起こるんだけど、
肺炎球菌が原因となった肺炎は全体の2割~3割程度

 

kazeo1

 

でも肺炎球菌は、
肺炎以外にも様々な病気の原因になるんだ。

 

 

まずは肺炎球菌の特徴について。

 

肺炎球菌の特徴
  • 肺炎球菌が原因の肺炎は2割~3割
  • 重症化するほどの毒性を持っている
  • 白血球の免疫機能に負けない強力な膜を持っている
  • 感染は気道や喉の粘膜に付着して起こる
  • 血に混ざると臓器にまで侵入して破壊することもある

 

 

肺炎球菌感染による症状

肺炎球菌に感染すると色々な症状が出るんだ。

 

 

特に血液とかに肺炎球菌が侵入すると、
怖い症状がたくさん出る。

 

ketsueki11

 

血液なんかに侵入した場合の症状と、
通常の症状をまとめると↓こんな感じになるよ。

 

 

肺炎球菌感染による症状

  • 副鼻腔炎
  • 中耳炎
  • 髄膜炎
     子供が多く罹る病気
  • 気管支炎
     炎症が気管支まで達している場合
  • 肺炎
     炎症が肺まで達している場合
  • 関節炎
     関節の中に菌が侵入した場合
  • 骨髄炎
     骨の中に菌が侵入した場合
  • 敗血症
     血液に侵入した場合

 

 

肺炎球菌の予防接種

感染すると色々な怖い病気になる肺炎球菌だけど、
肺炎球菌ワクチンという物が販売されている。

 

 

肺炎球菌の予防接種は、
この肺炎球菌ワクチンを使って行うよ。

 

cyuusya11

 

肺炎球菌ワクチンは名前の通り、
肺炎球菌が原因の病気等の予防と症状の軽症化に、
役立つワクチンのこと。

 

 

そんな肺炎球菌ワクチンについて、
簡単にまとめると↓のようになるよ。

 

 

肺炎球菌ワクチンについて
  • 肺炎の軽症化と予防が中心的な目的
  • 肺炎球菌が原因の肺炎以外には効果なし
  • 髄膜炎に子どもが罹らない為の予防接種でもある
  • 呼吸器系の基礎疾患、持病が心臓や腎臓にある人には必須
     呼吸器系の基礎疾患等があるち肺炎が致命的になるから必須
  • 肺炎球菌ワクチンの有効性は5年程度と言われている
     有効性は5年~10年程度という説もある

 

 

肺炎球菌ワクチンの副作用

肺炎球菌ワクチンは、
色々な怖い症状の予防や軽症化に役立つ。

 

 

でも副作用も報告されているんだ。

 

 

肺炎球菌ワクチンの副作用

  • 接種した場所が腫れる
  • 発赤
  • 眠くなる(少ない頻度)
  • 発熱(少ない頻度)

 

 

肺炎球菌ワクチンの現状

日本での肺炎球菌ワクチン接種は、
基本的に全額負担なんだ。

 

okane01

 

海外と比べても日本の予防接種の現状は、
少し遅れているって言われているよ。

 

 

肺炎球菌ワクチンの現状

  • 海外を見ると98ヶ国で販売されている
  • 海外では45ヶ国が定期接種している
  • 日本では全額自己負担になっている
     全額負担次の値段は8,000円~10,000円程度
     脾臓を病気などが原因で摘出した場合は保険適用もある

 

 

この予防接種制度の遅れは肺炎球菌ワクチン以外の、
様々なワクチンでも言われているんだ。

 

 

だから予防接種ワクチン全般で、
制度が進歩していくことを期待したいよね。

 

 

まとめ

副作用といえば肺炎球菌ワクチンの接種で死亡したと、
過去に報じられたこともあるよね。

 

 

でも肺炎球菌ワクチンによって死亡したかどうかは、
まだ因果関係は分かっていないみたいだね。

 

 

この死亡事件の後、ワクチンは危険だって、
予防接種を行わない人がニュースの後で急増したんだ。

 

 

予防接種を受けるかどうかは個人の判断なんだけど、
情報をしっかりと集めてから判断はしたいよね。

 

 

そして感情での判断ではなく知性に基づいた判断で、
予防接種を受けるかどうかは決めよう☆-( ^-゚)v

 

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ