伊豆の河津桜祭り!渋滞回避の裏技と見所情報!!

 伊豆の河津桜祭りは、
少し肌寒い季節の桜祭り!

 

 

本州で早い時期に、
桜が見られるから人気だよね。

 

 

今回の萌え猫リサーチは、
伊豆の河津桜祭りの渋滞回避と見所!

 

 

萌え猫の住む地域は、
何故か桜祭り前に散ってしまうから、
ハゲ桜祭りが萌え猫の思いでさ(ノ´▽`)ノ

スポンサードリンク

 

 

河津桜とは?

sakura1

河津桜祭りで見られるのは、
もちろん河津桜。

 

 

ところで河津桜って、
他の桜とどう違うんだろう?

 

 

まとめるとこんな感じになるんだ。

 

 

河津桜とは
  • 花の色
     ○鮮やかなピンク色
  • 自然交配で誕生した
     ○オオシマザクラ+カンヒザクラ
  • 川津町で初めて発見された新種
     ○川津町で発見されたから河津桜
  • 早春の風物詩とされる
     ○早咲きの桜として有名
     ○ニュースでも、よく取り上げられる
  • 国内で多いソメイヨシノと比べて…
     ○ソメイヨシノよりも花を長い期間咲かせる

 

 

河津町とは?

次に河津桜祭りの開催地、
伊豆の河津町について。

 

 

河津町には、
観光スポットが点在する。

 

だから桜祭りに行って、
時間に余裕があれば足を伸ばしたい。

 

 

河津町とは?
  • 場所
     ○静岡県の伊豆半島、東海岸の町
  • 観光スポットが多い
     ○観光スポットの例
       天城越えで有名な天城峠
       大小の滝を見学可能な河津七滝(ななだる)
       高低差を2周の円で稼ぐ河津七滝ループ橋
       温泉の湯が吹き上がる峰温泉大噴湯公園
  • 汗を流しても大丈夫
     ○日帰り温泉施設である踊り子会館
     ○豊泉橋の近くに足湯

 

 

伊豆の河津桜祭りについて!

eiga11

河津町には約700本の桜が、
植えられていると言われる。

 

 

特に河津町の中心にある、
河津川の両岸には、
多数の桜が植えられている。

 

 

夜になると一部の桜はライトアップされて、
昼とは違う静けさがある美しさを楽しめる。

 

 

そんな河津桜祭りの情報を、
ここではまとめていくよ。

 

 

河津桜を楽しめる期間

河津桜は早咲だから、
2月下旬~3月上旬が見どころになる。

 

 

でも気候の影響もあるから、
公式サイトでの確認は欠かせない。

…河津桜まつり河津町観光協会公式サイト

 

 

で、肝心の河津桜祭りはというと、
例年だと2月6日~3月10日に行われる。

 

 

混雑もするけど出店なども多く、
いかにも、お祭りという感じの賑わい。

 

 

河津桜の見所は?

最大の見所は桜並木

 

 

でも、もう一つ注目したいのが駅周辺の桜。

 

 

河津桜は700本あると言われるけど、
300本が駅の周りに植えられている。

 

 

電車に興味がある方なら、
電車と桜を絡めた写真を収めたくなるはず。

 

 

しかも電車の種類も多いので、
鉄橋を渡る電車とのコラボを、
何種類も写真にできる。

 

 

河津桜の桜並木

河津桜祭りで、
最大の見所かもしれない桜並木

 

 

河津川の河口から上流に歩いて行くと、
右側の岸に桜が見える。

 

 

大体は桜の横を歩く形になるんだ。

 

 

でも、特に注目したいのが上流付近。

 

 

桜の木が歩道にアーチを作るかのように、
桜のトンネルが時々出来ている。

 

 

河津桜の見所の桜並木
  • 河津川の河口から上流に歩いて行く
  • 桜のトンネルが上流には出来ているかも
  • 時期によっては桜+菜の花のコラボも見られるかも

 

 

ただし注意点もある。

 

 

その注意点は時間の問題。

 

 

桜並木は平坦にされて、
歩きやすいんだけど…

 

 

歩く距離が長いから、
帰る事も考えて歩きたい。

 

 

できれば桜並木には、
朝早くから向かいたい。

スポンサードリンク

 

河津桜祭りのライトアップ

河津桜祭りのライトアップは、
一部の桜のみされる!

 

 

でも日中と違い訪れる人が少ないので、
ジックリと桜を楽しめるんだ。

 

 

ライトアップされるのは…
  • 伊豆急行の鉄橋から下流の桜並木
     ○豊泉橋~峰小橋の間がライトアップされる

 

 

河津町への行き方

dennsya

河津町へは、
どうやって行けばいいのか?

 

 

ここで渋滞対策も、
お伝えするんだけど…

 

 

とり合えずは、
電車と車での移動について、
簡単にまとめておくよ。

 

 

河津桜への最寄り駅は?

河津桜への最寄り駅は、
伊豆急行の河津駅

 

 

河津駅への行き方
  • 東海道新幹線経由
     ○熱海駅
       →伊東線経由で伊豆急行
        →河津駅で下車
  • 東京の新宿駅から
     ○特急、踊り子号かスーパービュー踊り子号に乗る
       →伊豆急下田へ直通
        →河津駅へ

 

 

河津駅を出れば、
桜並木の入り口まで徒歩で5分程度

 

 

河津町へ車で行くのなら?

河津町へで直接行くのは、
オススメできないんだ。

 

 

なぜなら桜祭りの期間は、
早朝でも駐車場が満車ということも、
珍しくないほど混むから。

 

 

河津町に車で行くのなら
  • 伊豆半島東海岸から
     ○熱海
       →国道135号線
        →浜交差点を通り河津駅方面へ
  • 伊豆半島を縦断する形で
     ○沼津インターチェンジ
      →国道136号線(伊豆中央道、修善寺道路)
       →修善寺、湯ヶ島を通って
        → 国道414号線
         →河津町へ

 

 

河津町の渋滞回避方法

nayami

河津桜祭りの季節には、
車や観光バスで渋滞する。

 

 

行きも帰りも渋滞の解消は難しくて、
1時間~2時間の渋滞に巻き込まれやすい。

 

 

更に駐車場も、
早朝であっても満車ということが多い。

 

 

渋滞を回避するには?

河津桜まつりパーク&トレインきっぷを使い、
河津町へは電車で移動するのがいいんだ。

 

 

車は伊豆高原駅周辺で、
駐車場を探して止めるとイイ。

 

 

当然、電車内も混雑しているけど、
渋滞に巻き込まれるよりもは、
時間のロスから考えてズッと良いはず。

 

 

まとめ

今回の記事は伊豆の河津桜祭り

 

 

桜祭りといえば春の行事だけど、
伊豆の河津桜祭りは肌寒い季節の桜祭り。

 

 

春の訪れを楽しむのもいいけど、
冬の終わりを感じるのも風情がある。

 

 

そんな春の訪れと冬の終わりを、
同時に感じられる桜祭りかもしれないね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ