節分の由来と意味!豆と鬼のパンツの秘密も公開!!

 節分は鬼は~外って言いながら行う、
お正月明けの恒例行事。

 

今回、萌え猫が調べたのは、
節分の由来と意味

 

ついでに鬼が履いている、
しましまパンツの秘密も、
公開しちゃうぞ(ノ´▽`)ノ

スポンサードリンク

節分をすることの意味

節分をする時期は、
正月明けが一般的。

 

でも、本来は、
立春、立夏、立秋、立冬の各前日である、
年4回ある季節の節目を節分って呼んでいた。

 

春を迎えるのは、とても重要だとされていたことから、
現代は立春のみが節分と呼ばれているんだけどね。

 

どうして、季節の節目に、
節分をするのかっていうと…daizu

 

邪気が季節の移り目に、
入って来やすいと考えられていたから。

 

そして豆まきに使う大豆は、
神聖なものとして考えられている。

 

だから季節の節目の豆まきは、
豆で邪気を払い福を招くため。

 

節分とは…
  • 節分は本来、季節の節目に行われていた
     ○季節の節目
       立春、立夏、立秋、立冬の前日
  • 立春は特別扱いされ節分は立春のみを指すようになった
     ○春を迎えることは特別大切なことだとされたから
  • 季節の節目に入ってくる邪気を払うのが目的
     ○大豆は神聖なものとされるため節分に使用される

 

節分の由来

節分の歴史を遡ると、
宮中行事の追儺(ついな)という行事に、
行き当たるんだ。

 

追儺という行事は、
鬼やらい、厄払いとも呼ばれていて、
節分の豆まきを連想するよね。

 

この追儺事には、
豆打ちという行事がある。

 

その豆打ちが豆まきの原型なんだ。

 

節分の歴史をたどると…
  1. 古代中国にて
     ○大晦日には追儺(ついな)という行事があった
       追儺は邪気を払う行事
       追儺:弓矢を桃の木から作って射り鬼を払った
  2. 平安時代
     ○追儺が日本で宮中行事となる
     ○追儺は当時あった方違えという風習にも溶け込んだ
       方違え(かたたがえ)
        節分の日に翌年の恵方にある家で宿をとった風習
       方違えは大変なので簡略化された
        →家の恵方にある部屋に移る形に変化する
       方違えでは家の部屋に入る前に豆をまいた
        →これが豆まきの原型である豆打ち
  3. 室町時代
     節分が立春の前日のみを指すようになる
  4. 江戸時代
     ○豆まきが庶民の間にひろがる
     ○豆打ちは豆撒きへと名前が変わっていった
       名前が変わった理由
        →農民の豊作への願望と畑に豆をまく仕草が理由

 

節分で鬼に豆をぶつける理由

kanngaeru-ue

節分では、
「鬼は~外」「福は~内」

 

このような口上で豆をまきながら、
鬼に豆をぶつけるよね。

 

鬼に豆をぶつけるのにも理由があるんだけど、
鬼と豆について少し勉強する必要があるんだ。

 

節分 鬼の由来

節分は鬼に豆をぶつけるよね。

 

何故、節分に鬼が登場するのか?

 

それは鬼の起源に関係するんだ。

 

鬼とは?
  • 鬼(おに)という字は陰(いん)が由来
     ○陰は邪気や気を示す漢字
  • 隠人(おんにん)という言葉が変化したとも言われる
     ○隠人は怖いものや隠れているものを指す
  • 昔は災害や病、飢饉などの不幸を鬼の仕業と考た
     
    ○昔は鬼を形ある存在意外でも扱った
       鬼を邪気のような形なき存在としてもとらえていた

 

雑学になるけど、
鬼のパンツが、しましま模様なのには、
理由があるんだ。

 

鬼のパンツと姿の秘密
  • 鬼の姿
     
    ○鬼が住むとされる丑寅の鬼門と呼ばれる方角が由来
     ○鬼は丑寅に住んでいるから牛と虎の特徴があるとされる
     ○丑(牛)の角と寅(虎)の牙を持っている
       ついでに寅にかけて虎柄のパンツ(ふんどし)

 

スポンサードリンク

節分 豆の意味

鬼に豆をぶつけるのは、
魔目を射って魔滅!っていう、
当て字のようなもの。

 

どんな当て字か?
  • 魔目=豆
  • 射って=炒って
  • 魔滅=豆
  • よって魔目(豆)を射って(炒って)魔滅(豆)

 

他にも大豆を節分で使う説を探すと、
いくつも見つかる。

 

大豆の神聖さを由来とする説
  • 大豆は穀霊が宿ると考えられている
     ○大豆は米の次に多くの神事で利用されている
  • 粒が大きいのでブツケたときの威力が高い
     ○これが米よりも大豆が節分で選ばれる理由

 

五行を由来とする説
  • 五行説とは
     ○陰陽術の五行として有名
       土金水木火という性質が自然界で相関関係にあるとする
        鬼は五行では金に属する
        炒った豆は五行で火に属する
  • 金属は火により溶かされるとされ金は火に弱いと考えられる
     ○金の鬼は火の豆に弱いと五行から考えられている

 

豆まきに炒った豆が使われる理由

豆まきには炒った豆が使われるよね。

 

生の豆を使った場合、
拾い忘れると芽が出る

 

だから縁起が悪いとされているから。

 

節分用として売られる市販の大豆は、
大概が炒ってあるけど念のため注意しよう

 

イワシや柊の由来

一昔前の節分の時期には、
イワシの頭を柊(ひいらぎ)の枝に刺して飾った。

iwashi

 

焼嗅(やいかがし)っていうんだけど、
キツイ匂いの物や尖ったものは、
厄払いに使われていた。

 

鬼はイワシの頭の臭さも柊のトゲの痛さも嫌いとされ、
焼嗅(やいかがし)の風習が生まれたとされている。

 

でも最近では焼嗅(やいかがし)を、
玄関に飾ったら臭いと苦情が来る。

 

そんな環境の変化もあって、
節分にはイワシ料理を食べる人が増えている。

 

焼嗅について
  • 鰯の頭を柊の枝に刺すのが一般的な形式
     ○柊鰯、鰯柊という別名もある
  • 鰯を戸口で焼く方法もある
     ○匂いが鬼に効くとされている
  • 最近はイワシ料理で済ます人も多い
     ○焼嗅の風習を知らない子どもも増えている

 

まとめ

今日の記事は節分の由来や意味について。

 

無駄に詳しく調べたけど、
どうだったかな?

 

節分は邪気を払うためのもので、
日本には邪気払いに関する行事っていうのは、
色々とあるよね。

 

そんな厄払いは、
気分切り替えのキッカケにもなる。

 

切り替えのキッカケが必要な時には、
厄払いの行事に参加するのも良いかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ