しいたけの栄養とカロリー!薬用成分もタップリ♪

しいたけの栄養には薬用成分がタップリって知っていた?

 

今回、萌え猫がリサーチしたのは、
しいたけの栄養について!

 

 

しいたけはカロリーも低いし、
薬用成分も多い凄いヤツ。

 

 

そんな、しいたけの正体を追跡。

 

しいたけの特徴

hakkenn11

まずは、しいたけの特徴を、
色々と知っておこう!

 

しいたけはカロリーの低さで、
ダイエット食材としても有名だよね。

 

 

特徴

  • 世界3大栽培キノコ
     他の2種類はマッシュルームとフクロタケ
  • 栽培方法は日本で400年前に開発
  • 海外でもヘルシーだと人気
  • カロリーは100gの場合18Kcal

 

 

しいたけの効能は?

しいたけを食べた場合には、
どんな効能が期待できるんだろう?

 

 

いかにも薬用成分が含まれていそうな、
そんな味のしいたけ効果は凄そうだね。

 

 

期待できる効能
  • コレステロオール値上昇抑制
  • 骨粗しょう症予防
  • 肥満防止
  • 抗癌作用

 

 

しいたけ 注目したい栄養達

megane11

しいたけで注目したいのは、
こんな栄養達だよ。

 

 

注目したい栄養

  • ナイアシン
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンD
  • 食物繊維
  • エルゴステロール
  • レンチナン
  • β-グルカン
  • グルタミン酸

 

 

しいたけに含まれる栄養の中には、
薬理効果が期待されるものも多いんだ。

 

 

しかも100g食べて18kcalという、
低カロリー食品だからダイエット食材としても!

 

 

注目栄養の詳細

上で紹介した、しいたけの栄養の中でも、
更に注目したくなる!

 

 

そんな栄養を説明するよ

 

 

エルゴステロール

  • 日光に当てることでビタミンDに変化

 

ビタミンD

  • 歯と骨に関わっている
  • カルシウムの吸収効率を高める
  • カルシウムの骨への沈着補助

 

レンチナン

  • 抗癌剤にも使われる成分

 

β-グルカン

  • 高ウイルス性物質の一つ
  • グルタミン酸
  • 老化抑制に良い
  • 旨味成分

 

スポンサードリンク

しいたけを使う料理のコツ

siitake11

生しいたけには、
エルゴステロールが含まれるって、
さっき書いたよね。

 

 

このエルゴステロールを、
ビタミンDにするために天日干し!

 

 

しいたけの料理 栄養のコツ
  • 料理に使う前には天日干しをする
     エルゴロールは日光でビタミンDに変わるから
  • 干ししいたけも天日干しに
     干ししいたけは日光に当てず、機械で乾燥させたものが多い

 

 

組み合わせたい食材

しいたけと組み合わせたい食材は…

  • カルシウムの豊富な食材
     チーズ
     小魚
     干しエビ
  • カルシウムの吸収を高める栄養
     マグネシウムを含む食材
      アーモンド
      納豆
      ゴマ
      玄米
      ピーナッツ
     ベータカロチンを含む食材
      ニンジン
      ブロッコリー

 

しいたけの選び方

美味しいしいたけの選び方は、こんな感じ。

 

しいたけの選び方

  • 軸が太い
  • 軸が短い
  • かさに丸み
  • 縁(ふち)が内側に丸まっている

 

しいたけ 保存のポイント

  • 生しいたけは萎びやすい
     軸を取って冷凍
     冷凍すると旨みが増す

 

 

まとめ

今回は、しいたけについて!

 

 

色々な食べ物で使えるしいたけ。

 

 

栄養成分には薬用効果の高いものも、
たくさんあったよね。

 

 

旬のしいたけを手に入れたら、
薬用効果もあるし保存に気をつけながら食べようね。

 

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ