しめじの栄養と効能!君のしめじは本物?

 君の知っているしめじは偽物かもよ?

 

 

ってな感じで今回の萌え猫記事は、
しめじについて。

 

 

ほんしめじと呼ばれるのは、
天然物なんだ。

 

 

そんなほんしめじが、
現在は少なくなってきている。

 

だから他のしめじや、
それっぽいので代用する場合も多いんだ。

スポンサードリンク

 

 

しめじの現状

simeji11

まずは、しめじの現状について、
色々と勉強しよう。

 

 

しめじの現状は、こんな感じ。

 

 

現状

  • 【ほんしめじ】は珍しい
  • 【ほんしめじ】アカマツ等の混交林に自生
  • 市販品は【しろたもぎたけ】【ぶなしめじ】が多い
  • 【しろたもぎたけ】は、【ひらたけ】の一種で白いヤツ

 

 

しめじで期待できる効能

simeji15

ほんしめじの効能。

 

豊富なビタミンD効果によって、
カルシウム、リンの吸収を高める。

 

だから骨粗しょう症予防が可能。

 

 

期待できる効能

  • 抗癌作用
  • 整腸効果
  • 骨粗しょう症予防
  • 高血圧の改善と予防

 

 

注目したい栄養は?

ほんしめじの注目の栄養はコチラ

 

ほんしめじには、旨味があるから、
シチューなんかに使うとよく合うんだ。

 

 

だから、これ等の栄養を、
取りやすいということだよね。

 

注目したい栄養
  • カリウム
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンD
  • 食物繊維
  • 鉄分

 

スポンサードリンク

注目栄養の詳細

ビタミンD

  • カルシウムの吸収を助ける
  • カルシウムの吸収効率は低い
     だからビタミンDの助けは貴重

 

鉄分

  • 貧血予防に効果的

 

 

料理のポイント

simeji12

しめじを使った料理のポイントは、
ビタミンDの効果的な摂取。

 

 

これはキノコ類全般なんだけど、
ビタミンDをどう活かすかが大切。

 

 

しめじの場合は、
ビタミンDと旨味を活かせるように、
カルシウムのある食材と一緒に。

 

 

特に乳製品を使った、
シチューやグラタンはオススメ。

 

 

あと、ほんしめじに含まれる、
ビタミンB群は肉類と相性が良いよ。

 

 

なんたってビタミンB群は、
脂質とかタンパク質の代謝を高めるからね。

 

 

料理のコツ
  • ビタミンDの効果を活かす
     →カルシウムを持つ食材と一緒に
  • ビタミンB群を活かす
     →肉類と一緒に

 

 

しめじの選び方

kanngaeru-ue

美味しい【しめじ】の特徴はなにか?

 

 

特徴をまとめると…

  • かさの開きが小さめ
  • 小ぶり
  • 全体的にしまっている
  • 軸が固め
  • しなびていないヤツ

 

 

しめじの保存方法

しめじの保存方法は、
少し意外かもしれないよ。

 

 

しめじの保存方法は、
大きく分けて2種類あるんだ。

 

 

しめじの保存方法は2種類

  • パックや袋入りのしめじは冷蔵庫にそのまま
  • 少しの塩をお湯に混ぜ、くぐらせてから冷凍

 

 

まとめ

今回は、しめじ…というかほんしめじについて。

 

 

個人的には、ほんしめじの食べ方は、
クリームシチューなんかに合う気がするんだけどね。

 

 

好みもあるんだろうけど、
ほんしめじがもつ旨味を活かせるのは、
やっぱり濃厚さがある料理なんじゃないかな?

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ