スマートハウスとは?超簡単に解説

スマートハウスの見学会に行ったことってあるかな?

 

 

祝日なんかは結構賑わっていたりもするよね。

 

hitogomi01

 

今回、萌え猫が書いたのは、
時代に乗り遅れないためのスマートハウス記事

 

 

スマートハウスの基本を確認してみよう。

スポンサードリンク

 

 

スマートハウスとは?

スマートハウスというのは、
一般的な解釈としてはHEMSや太陽光発電といった、
省エネ、創エネ、節電などの設備を持っている住宅。

 

dennki11

 

更にスマートハウスでは、
HEMSを使って使用電力情報の見える化や、
住宅内の家電の制御を行っているんだ。

 

 

だからスマートハウスは、
省エネ、創エネ、節電+HEMSという感じで、
電力を賢く使いやすくした住宅のことなんだ。

 

 

スマートハウスの基本的機能
  • 創エネ(発電)
  • 蓄エネ(エネルギーを蓄える)
  • 省エネ(効率なエネルギー使用)
  • HEMS(電力の見える化+家電の制御)

 

 

HEMSとは?

HEMS(ヘムス)は、
スマートハウスの中核のような存在。

 

 

住宅内使用電力の見える化や、
家電の自動的なコントロールを行っている。

 

bouennkyou11

 

HEMSはこんな言葉の略

  • Home(ホーム)
  • Energy(エネルギー)
  • Management(マネジメント)
  • System(システム)

 

↑縦に英語の頭文字を読むとHEMSだよね

 

 

HEMSの役割

スマートハウスには、
蓄電池、太陽光発電機器、エネファームなんかの
色々な機器が組み込まれているよね。

 

 

これらの機器をコントロールすることと、
住宅内の電力の使用状態の見える化が、
HEMSの主な役割。

 

skill01

 

HEMSの主な役目は、
今のところ見える化とコントロールなんだけど、
HEMSには機能の追加が可能なんだ。

 

 

だから現在はHEMSの機能拡張を色々と計画されているよ。

 

 

でも現在のところはHEMSは住宅のエネルギー状況を
見える化するシステムと家電の制御システムとして働いている。

 

 

HEMSで見える化するのは?
  • 太陽光発電の発電量
  • 電力会社から購入する電力量
  • 蓄電池の充電量
  • 使用している電力量
  • など

 

 

HEMS 役割の具体例

HEMSの役割は電力の見える化と家電の制御なんだけど、
分かりにくいと思うので少し具体例

 

hakkenn11

 

見える化とは?

何を見える化できるかは先に書いたよね。

 

 

で、HEMSで見える化をすると省エネ対策のポイントが分かる。

 

 

例えば冷蔵庫の開け閉めが特定の時間帯に多いとか、
特定の時間帯にドライヤーや電子レンジなどの複数の電源が入る。

 

 

このような電力の使用状況が見える化すると分かって、
省エネ対策を考えやすくなるんだ。

 

cont11

 

制御

電力の最大使用量を予め設定しておくと、
住宅内での電力使用量の合計が設定量に達したら、
家電製品を自動で制御してくれる。

 

制御例

  • エアコンの設定温度を自動で再設定
  • 優先度が低い家電から電源を自動で切っていく

 

 

本当のスマートハウスとは?

スマートハウスっていうのは一般的解釈では、
HEMSなどの機器を導入した住宅だと書いたよね。

 

 

でも、この解釈は少し間違いがあるんだ。

 

odoroki-ue

 

スマートハウスに関する間違い

スマートハウスはHEMSなどの機器が注目されるけど、
実際には住宅の作りそのものから考えないといけない。

 

 

何故なら家庭で使うエネルギーの多くは、
冷暖房と給湯に使われているから。

 

 

特に冷暖房に関しては、
住宅の作り次第では外に熱が凄く逃げるんだ。

 

 

一般住宅での熱の逃げ方

  • 窓から5割の熱が逃げる
  • 壁から2割の熱が逃げる

 

 

このようにエネルギーを多く使う冷暖房で、
熱が大量に外に逃げるのは節電と程遠い。

 

 

だから窓や壁の断熱性を高めて、
冷暖房の効果を上げる必要があるんだ。

 

 

住宅の作り

  • 建築物の気密性の向上
  • 断熱構造
  • 断熱材
  • 窓の大きさ
  • 窓の位置
  • ガラスの種類

 

 

スマートハウスの機器について

スマートハウスの機能は、
最初の方で以下の機能だと書いたよね。

 

 

スマートハウスの機能
  • 創エネ(発電)
  • 蓄エネ(エネルギーを蓄える)
  • 省エネ(効率なエネルギー使用)
  • HEMS(電力の見える化+家電の制御)

 

 

これらの創エネ、蓄エネ、省エネの機器について、
ここでは簡単に解説するよ。

 

nenndo11

 

創エネ設備

 

創エネ設備

  • 代表的な機器
    →太陽光発電
    →家庭用燃料電池(エネファーム)。
  • 機器の目的
    →エネルギーを作る(発電)

 

ちなみにエネファームと似たものに、
エコウィルっていうのがあるよね。

 

 

エコウィルも創エネ機器なんだけど、
エネファームとは発電方法が違うんだ。

 

 

エコウィルとエネファームの違い

  • エコウィルはエンジンを使って発電をする
  • エネファームはガスから水素を取り出して、
    空気中の酸素と化学反応させて発電をする

 

 

個人的には発電機器という名前の方が分かりやすいんだけど、
メーカーさんにも大人の都合があるんだろうね。

 

dennchi11

 

蓄エネ設備

 

蓄エネ設備

  • 代表的な機器
    →家庭用蓄電池
  • 機器の目的
    →エネルギーを蓄える

 

 

家庭用蓄電池について

  • 深夜電力と呼ばれる時間帯に電気を蓄えておく
  • 停電時や昼間に蓄えた電気を使用

 

最近では電気自動車に充電した電気を、
家庭で使用可能にした例もあるよね。

 

sukoshi11

 

省エネ設備

 

省エネ設備

  • 代表的な機器
    →一般的な省エネ家電
  • 機器の目的
    →使用する電気量を減らす

 

消費電力が低くても、
従来の家電製品と同等な性能を発揮できる家電が
最近は様々な分野で増えているね。

 

 

冷蔵庫や洗濯機はもちろん、
省エネランプなんかも出ている。

 

 

更にトイレのような設備でも、
スイッチを押すだけで機能が全て停止するトイレもあるよ。

 

 

ただスマートハウスの省エネ設備に関しては、
本当のスマートハウスとは?の章で書いたように、
住宅の作りも含まれてくるんだ。

 

 

まとめ

今回はスマートハウスについて書いたけど値段が高いよね。

 

 

リフォームのような形で、
スマートハウス関連の機器は入れられる。

 

 

でも、住宅構造の見直しを行わないと、
本当の意味でのスマートハウスかは出来ない。

 

 

だからスマートハウスを考えるのなら、
機器の導入+住宅構造の見直し(リフォーム)が必要。

 

 

 

お値段が凄いことになるけど…

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ