スノーボード!ブーツとウェアの選び方で安全確保

スノーボードを今年から始める方も、
多いんじゃないかな?

 

 

でもスノーボードで、
怪我をする人も多い。

 

 

 

今回、萌え猫がリサーチしたのは、
スノーボードでの道具の選び方

 

 

これからスノーボードに挑戦する、
初心者の方が安全に選べる方法に、
注目した記事だよ。

スポンサードリンク

 

 

スノーボードの選び方

snowbord11

スノーボードの道具選びは、
ボードの優先度は低いんだ

 

 

ブーツとウェアは機能重視で、
ボードはデザインで選ぶのが、
初心者向けにはオススメ。

 

 

優先度は…

  1. ブーツ
  2. ウェア
  3. ボード

 

 

こんな順番で、
身体に近い物を優先するのが基本だから、
ブーツやウェアを重視して選ぼう。

 

 

ボードの選び方

snowbord15

ボードに関しては、
色々なタイプが出ているよね。

 

 

キャンバーやロッカーの形状は、
滑る感覚に影響する…

 

 

でも上級者以外には、
ボードの違いは、ほとんど分からない。

 

 

だからお気に入りのデザインのボードを選んで、
楽しむのが一番良いと言われているよ。

 

 

ブーツの選び方

ボードを最重要と考えたい気持は、
誰でも持つと思う。

 

でも最も重視したいのはブーツ

 

 

そんなブーツ選びのポイントは?

 

 

ブーツ選びのポイント

  • 必ず試着をする
     試着時には靴下を2枚履いた状態で試着をする
     沢山の試着を前提にしたほうが良い
  • サイズ選びのポイント
     足の指がブーツに当たらない物を選ぶ
     小さいと足に激痛が走るなど弊害が大きい
     インチ表示のブーツは分かりづらいので店員さんに確認する
  • 紐(ひも)のしめ方
     メーカーごとに違うので自分の分かりやすいタイプを選ぶ
  • ブーツの重さ
     ブーツの裏面がゴムだと重い:雪にしっかり噛み歩きやすさがある
     軽いブーツ:快適であっても歩いている時に滑って転びやすい
  • 並行輸入品
     日本人向けのサイズがある輸入したブーツは合わない場合もある
     なるべく店頭においてあるものを選ぶ

 

 

ブーツの安全 注意点

ブーツの安全のポイントは、
サイズと歩きやすさが特に重要。

 

 

サイズが小さいと足の指先が、
圧迫されたりして黒くなることがあるから、
小さいサイズは怪我の原因になりかねないんだ。

 

 

そして歩きにくかったりすると、
体力の消耗が激しくなる。

 

 

疲れれば注意力が下がって、
怪我の原因を作りかねないよね。

 

 

上の一覧を参考に、
安全なブーツを選んでね。

スポンサードリンク

 

ウェアの選び方

安全なウェアを選ぶときのポイント。

 

ウェアの選び方

  • たくさんの試着を前提に
     高い買い物だから慎重に
  • サイズの選び方
     サイズはメーカーごとに違うから必ず試着をする
     試着はウェアとズボンの両方行う
      ウェアとズボンでサイズが違う場合もある
       例:ウェアがLでズボンがMなど普通にある
  • パウダーガードがあるものを選ぶ
     パウダーガードはものすごく快適
      パウダーガードはウェアの中に雪が入らないようにする機能
      少し高くなるけど頑張る
  • パウダーガードの位置にも注意
     初心者&激しい滑りの人であれば
      ウェア(上)の腰と手首
      ズボンは腰と裾に付いているものを選ぶ
  • パンツの防水性も高いものを選ぶ
     ゴアテックス加工がお勧め
  • ウェアは派手な配色を選ぶ
     ゲレンデに立つと意外と溶けこむ
     派手だと仲間とはぐれる可能性も減る
     雪に埋もれても見つかりやすい
     コースアウト時にも見つけやすい
     単色のものは流行の影響がないから初心者向けかも
  • ポケットも大切
     スキー場には必要なモノや貴重品などを持っていく
     持っていくものが入りきるかなどを確認
     ファスナーが開きにくいものを選ぶ
      転んだり滑ったりする間に開くことがあるから
  • ファー付きのレディースウェア
     ファーは凍りつくから意味が無いかも…

 

 

ウェアの安全 注意点

ウェアを選ぶ最大のポイントは

 

 

初心者であれば、
転んだりコースアウトも多い。

 

 

だから発見されやすいものを選ばないと、
他人との衝突などアクシデントに見舞われることも…

 

 

それと体力の消耗なんかも考えたい。

 

 

雪が服に入ったりすると、
精神的にも肉体的にも消耗しやすいから、
パウダーガード付きのような快適なものを選びたい。

 

 

あと、サイズが違いすぎると体力の消耗があるし、
物にひっかりやすくなったりもする。

 

 

だから上の一覧を参考に、
サイズも注意しよう。

 

 

まとめ

冬のゲレンデ

 

 

夏の海と並ぶ恋の場所

 

 

冬の火遊びで、
火傷しちゃダメだぜ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ