すだち!栄養効果と保存方法について

酸味の爽やかさと青い皮の風味が人気のすだち!

 

 

今日の萌え猫記事は、
すだちについてリサーチ。

 

 

添えたり搾ったりして、
色々な料理で活躍するすだちを知ろう。

スポンサードリンク

 

 

すだちの特徴

sudachi11

酸味に穏やかさがあるから、
すだちは、和食に向いているんだ。

 

 

更にクエン酸なども入っいて、
栄養効果も高いから、
和食の栄養価を高めてくれるよ。

 

 

特徴
  • 徳島県の特産
  • 青い実で未熟な内に収穫
  • ゆず類で一際香りがイイ
  • 強過ぎない酸味
  • 風味が爽やか

 

 

すだちの効能

すだちを料理に使うことで、
どんな効能が期待できるんだろう?

 

 

期待できる効能

  • 老化抑制
  • 疲労回復
  • 高血圧改善、予防
  • 抗ストレス

 

 

すだちの栄養

teisyoku01

すだちで注目したい栄養を並べると、
こんな形になるよ。

 

 

注目したい栄養

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カリウム
  • カルシウム
  • クエン酸
  • ナイアシン
  • リモネン

 

 

すだちの栄養 特に注目したいのは?

すだちの栄養の中で、
注目したい栄養の効果を説明。

 

 

クエン酸

  • 疲労回復効果
  • 食欲増進
  • 消化酵素分泌の促進

 

ビタミンC

  • クエン酸と相乗効果が期待できる
     肌のキメが整う
     シミを減らす
     シワを減らす

リモネン

  • 香り成分
  • 神経を休める

 

スポンサードリンク

料理のコツ

すだちで活かしたいのがクエン酸

 

 

ビタミンB群と併せると、
疲労回復効果と、
風邪予防効果がアップ。

 

 

ビタミンB1が多い

  • 豚肉

 

ビタミンB2が多い

  • いわし
  • さんま
  • 青魚

 

 

ビタミンCとビタミンEが、
すだちには多く含まれているよね。

 

 

このCとEを組み合わせることで、
抗酸化力がアップするんだ。

 

 

だからビタミンEが多い、
ししゃもや牡蠣と一緒に食べたい。

 

 

他にはこんな食べ方も…

他の食べ方例

  • 鍋物に添える
  • 焼き魚に添える
  • 搾り汁は薬味に
  • 緑色の皮を摩り下ろす

 

 

すだちの選び方

erabu11

美味しいすだちの選び方は、
こんな感じになるよ。

 

選び方

  • 滑らかな皮の表面
  • 皮がキレイな緑色

 

 

黄色くなりかけているすだちは、
熟しかけて香りが弱くなっている証拠。

 

 

すだちの保存方法

すだちの保存方法はコレ!

 

 

保存方法

  • ポリ袋に入れる
     空気を抜くのを忘れずに
  • 搾り汁にして製氷皿に入れて冷凍

 

 

まとめ

今回は、和食 影の主役(個人見解)すだちについて!

 

 

すだちのように添えたり搾ったりする食材は、
色々な料理に使えるよね。

 

 

だから、すだちは色々な料理に加えて、
簡単に栄養をとれる便利な食材なんだね。

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ