UVカットは1年中必要。

日傘

 

UVカットは紫外線対策の1つだけど、
紫外線が強くなるのは夏。

 

そんな夏になったのなら、
日傘を使う人が増える。

 

でも日傘の選び方を間違っている人も……。

 

今回まとめたのは、
UVカット力の強い日傘を選ぶポイントについて。

 

夏のUVカットの強い味方!日傘の情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

日傘の選び方

日傘を買う目的は、
日差しの暑さを防ぐためと、
UVカットのどちらかになる。

 

日差しの暑さを防ぐのなら、
日傘の遮光率に注意して、
購入することにしよう。

 

UVカット効果を狙うのなら、
UVカット率を参考に、
日傘を購入しようね。

 

だから、
日傘にどんな効果を求めるかによって、
選び方に違いが出るということだよ。

 

遮光率を基準にした日傘選び

日傘

遮光率を基準に、
日傘を選ぶ場合というのは、
暑さ対策を目指すことになる。

 

日差しによる暑さを、
日傘で防ぐということ。

 

遮光率が高い日傘には、
以下の特徴があるよ。

 

遮光率の日傘の特徴
  • 生地に熱がこもりにくい素材が使われている
     ○綿や麻などを使っている
  • 熱がこもりにくい色が使われている
     ○白などの光を反射させる色を使っている
  • 通気性に考慮されている
     ○レースデザインなどにしている

 

遮光率の高い傘は、
傘事態に熱がこもりにくいよ。

スポンサードリンク

UVカット率を基準にした日傘選び

UVカット率を基準に、
日傘を選ぶ場合というのは、
紫外線対策を目指すことになる。

 

UVカット率の高い日傘には、
以下のような特徴があるよ。

 

UVカット率の高い日傘の特徴
  • UVカット加工がされている
     ○UVカット加工には2種類がある
       素材そのものに加工が施されている
        長期間UVカットの効果が落ちない
       日傘が完成した後でUVカット加工が施される
        2年~3年で効果が消える
  • 内側の日傘の色が黒系統
     ○日傘の外側の色はUVカット加工さえされていれば関係ない
     ○問題となるのは傘の内側の色
       アスファルトからの照り返しなどで日焼けする
        黒に近い色の方がUVカット率は高い
         内側が白だと光を反射し持ち主は日焼けをする
         内側が黒だと光を吸収し反射する光は少ない
  • 生地が厚い
     ○日傘の生地が厚いほどUVカット率は高い
     ○欠点
       生地が厚いほど日傘の値段が高くなる
       生地が厚いほど日傘が重くなる

 

終わりに

日傘には、
オシャレなデザインの物も多い。

 

でもオシャレな日傘って、
色々な色が使われているよね。

 

中には何種類もの素材が、
使われているという物もある。

 

そのような日傘の場合は、
一番UVカット率の高い部分の数字を、
表記しているメーカーも多い。

 

だから日傘にUVカットの効果を求めるのなら、
なるべくシンプルなデザインの物を選んだ方がいいよ☆-( ^-゚)v

 

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい