インフルエンザ予防接種!効果と副反応は!!

インフルエンザ予防接種の効果と副作用は、
注射で痛い思いをするんだから知っておきたいところだよね?

 

cyuusya11

 

今回、萌え猫がリサーチしたのは、
インフルエンザ予防接種の効果と副作用

 

 

お金を出して経験する痛い注射が、
どれだけの効果を発揮するのか要チェック!

スポンサードリンク

 

 

インフルエンザの予防接種効果は?

インフルエンザの予防接種を受けたら、
どれだけの効果があるのか?気になるところだよね?

 

 

予防接種の効果をまとめると↓こんな感じになるよ。

 

インフルエンザの予防接種効果
  • 65歳未満の健常者:発病を抑える確率=70%~90%
  • 65歳以上の健常者:入院&肺炎にを抑える確率=30%~90%
  • 65歳位上の施設入所者:死亡を抑える確率=80%
  • 1歳~6歳の発熱を抑える確率=20%~30%

 

1歳~6歳の発熱を抑える確率は20%~30%と低いよね。

 

でも抑える確率は低いけど子どもは、
インフルエンザにかかると重症化ししやすい!

 

だから症状を軽くするために、
欧米では予防接種を勧めているよ。

 

 

 インフルエンザ予防接種 効果の勘違い

インフルエンザ予防接種の勘違いがあるんだ。

 

例えば感染を防ぐため
予防接種をするっていう考え!

 

kanngaeru01

 

実際には感染したあとに、
症状を軽く抑えること予防接種の目的なんだ。

 

 

だから予防接種を受けても、
インフルエンザウイルスにに感染しないわけじゃないんだ。

 

 

予防接種を受けると、
感染した後の症状が和らぐっていうことだね。

 

 

インフルエンザ予防接種の副反応

インフルエンザ予防接種の副反応っていうのは、
副作用という人もいるよね。

 

kizutuita01

 

インフルエンザ予防接種の副反応を、
ここではまとめるよ。

 

 

副反応の例


注射をした部分が…

  • 腫れる
  • 発赤
  • 痛み

 

全身の症状

  • 頭痛
  • 発熱
  • 嘔吐
  • 嘔気
  • 悪寒
  • 下痢
  • 倦怠感
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 湿疹
  • カユミ
  • じんましん

 

稀に起こる症状

  • 肝機能に異常
  • 喘息発作
  • アナフィラキシー
    強いアレルギー反応
  • ギラン・バレー症候群
    末梢神経の病
    手足が麻痺
  • 急性散在性脳脊髄炎
    脳と脊髄が炎症する症状
    呼吸できない状態になることも

 

 

副反応の被害を最小限にするためには、
どうすれば良いのか?

 

病院とかで予防接種を受けたら、
20分~30分の間は病院にいる!

 

 

病院の中なら異常が出ても、
対処してもらえるからね。

 

 

ちなみに副反応が出ても、
2日~3日で回復することが多いよ。

 

 

子どもに予防接種の副作用が出たら

子どもと予防接種を受けて帰宅したら、
変な症状が子どもに現れた!

 

kyoufu

 

こんな時には、
母子手帳を持って病院に行こう。

 

 

何故母子手帳を持っていくのか?

 

それは子どもが予防接種を受けると、
ワクチンの種類や製造番号が記入されるからなんだ。

 

 

だから母子手帳をお医者さんが見れば、
症状の原因がわかるので便利なんだよ。

 

 

予防接種前のアンケートは副反応防止のため

インフルエンザの予防接種の前に、
病気やアレルギーについてアンケートに答えたことないかな?

 

kaku11

 

このアンケートを適当に書くと危険だよ。

 

 

何故危険なのかっていうと…

 

例えば38℃程度の発熱中に、
予防接種を受けたとするよね。

 

 

すると自宅に帰ってから高熱が出た場合は、
発熱と予防接種のどちらが原因なのか分からなくなるんだ。

 

 

アンケートはしっかりと書くことが、
とても重要だっていうことだよね。

 

 

インフルエンザ予防接種と卵アレルギーの危険

インフルエンザ予防接種には、
副反応以外のリスクがあるんだ。

 

 

そのリスクっていうのは、
インフルエンザワクチンを作る時に
玉子が使われていること。

 

tamago11

 

当然、ワクチン精製の過程で、
卵の成分は取り除かれる。

 

 

でも微量の卵白成分が、
ワクチンに残るんだ。

 

 

だから卵加工品にアレルギーを持っている場合には、
インフルエンザ予防接種の前に皮膚テストを必ずしておきたい。

 

 

皮膚テストの結果で危険だと診断されるのなら、
リスクを考えて予防接種は避けたほうが良いからね。

 

 

インフルエンザの予防接種を受けられない場合も

重度の卵アレルギーであれば、
インフルエンザの予防接種は受けられないよね。

 

 

他にもインフルエンザの予防接種を、
受けられない場合はいくつもあるんだ。

 

予防接種が受けられない例
  • 卵アレルギーがあれば皮膚検査で判断
  • 風邪などの病気時
  • ウイルス性疾患から復後1週間~2週間は受けられず
    (ウイルス性疾患=風邪,りんご病,手足口病,突発性発疹など)
  • 水痘、おたふくかぜ、風疹から回復後2週間~4週間は受けられず
  • 麻疹から回復後4週間は受けられず
  • 他の予防接種の予定があったり他の予防接種を受けた場合
  • 抗癌剤治療中、免疫抑制剤を使用中、免疫不全中の場合も要相談

 

一方で予防接種を推奨される場合もあるんだ。

 

 

例えば持病がある場合には、
インフルエンザのようなウイルス性の病気が、
持病を悪化させることも珍しくないんだ。

 

kanngaeru-isya

 

だから持病がある場合は予防接種が推奨されるよ。

 

 

ただ先に書いたように、
抗癌剤治療中の場合などは、
予防接種を受けられないんだ。

 

 

インフルエンザ 予防接種の関連記事

インフルエンザの基礎知識~
インフルエンザ予防接種の受け方までの記事だよ。

 

…インフルエンザ予防接種の時期と料金とは?

 

 

まとめ

今回はインフルエンザの予防接種の、
効果と副作用について。

 

 

インフルエンザの予防接種を受けられるのは、
11月辺り~翌年の1月辺だからチェックしておこう。

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ