インフルエンザ予防接種の時期と料金とは?

インフルエンザの予防接種は、
毎年病院に行かないといけないから大変だよね?

 

 

でも予防接種は、
インフルエンザウイルスっていつの間にか貰っちゃうから、
対策として欠かせないんだよね。

koreda02

 

今回、萌え猫がリサーチしたのは、
インフルエンザの予防接種について!

 

 

基本からしっかりと、まとめるからチェックしてね。

スポンサードリンク

 

 

そもそもインフルエンザとは?

最初にインフルエンザとはなにか簡単にまとめるよ。

 

 

インフルエンザウイルスに感染するのは、
主に気道上皮

 

 

咳や鼻水や唾液とかから、
人間から人間にうつるんだ。

 

 

そんなインフルエンザの症状は、
風邪と似ているから気づかずに会社や学校へ行って、
インフルエンザを移しまくることも…

 

インフルエンザの症状
  • 発熱(38℃以上が多い)
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 全身の倦怠感
  • 関節痛

 

 

インフルエンザのワクチンについて

インフルエンザの予防接種のワクチンは、
近年の流行状況を見て流行る方を推測して作っているんだ。

 

yosou11

 

推測してワクチンを作るから推測が外れることも…

 

 

推測が外れても、
インフルエンザが2種類シーズン中に流行ることもあるから、
もう片方の予防になるから安心かも?

 

 

ちなみインフルエンザの予防接種を受けるメリットは、
インフルエンザウイルスに感染しないことではなくて、
症状を軽く抑えられるっていうことなんだ。

 

 

だから予防接種を受けても、
インフルエンザにかからないわけではないよ。

 

 

インフルエンザワクチンの作り方

日本ではインフルエンザワクチンを、
鶏(ニワトリ)の卵を使って作っているよ。

 

インフルエンザワクチン精製手順
  • 鶏の玉子にインフルエンザウイルスを入れて増やす。
  • 増えたインフルエンザウイルスだけを精製する。
    (卵の成分のみ取り除く)
  • インフルエンザウイルスから病原性を無くして不活化。
    (病気にならないようにウイルスを加工)

 

 

インフルエンザワクチン精製の弱点

インフルエンザワクチンには弱点もあるんだ。

 

kanngaeru-isya

 

その弱点というのは大量生産できないこと。

 

 

製造に数ヶ月という期間が必要だったり、
大量生産できないから医療機関は、
ワクチンを集めるのが大変なんだよね。

 

 

インフルエンザの予防接種を受けられる場所

インフルエンザの予防接種は、
毎年やってくる一般的なインフルエンザの場合には、
多くの内科や小児科といった医療機関で接種可能

 

cyuusya11

 

でも皮膚科や眼科などは、
インフルエンザの予防接種を行っていない場合がお多いから、
事前に電話なんかで確認しておこう。

 

 

ちなみに新型インフルエンザが流行った時には、
新型インフルエンザの予防接種は、
受けられる医療機関を限定していた。

 

 

突然現れる新型インフルエンザのようなものは、
厚生労働省のインフルエンザ対策関連情報をチェックすると
どこの医療機関で予防接種できるかとかが分かるよ。

 

…厚生労働省のインフルエンザ対策関連情報

 

 

インフルエンザ予防接種の時期

インフルエンザの予防接種を、
いつごろから受けられるかって気にならないかな?

 

jikann01

 

インフルエンザの予防接種は、
流行する時期を見越しての接種になるんだ。

 

 

かかりつけのお医者さんと相談して、
予防接種をする日を決めることが多いよ。

 

 

インフルエンザ予防接種の時期は、
毎年の傾向を見ると年内~1月辺りまで接種可能。

 

 

受けたい方は早めの11月~12月辺りには接種しておきたいトコロ。

 

 

ちなみにインフルエンザの予防接種は、
抗体価がピークになるのに接種後3~4週間かかるから
インフルエンザが流行りだす前に打っておく必要があるんだ。

 

 

インフルエンザ予防接種可能な年齢

インフルエンザ予防接種には年齢制限はないよ。

 

nennrei11

 

でも赤ちゃんや子どもの接種は、
一般的には生後6ヶ月以降

 

 

でも子どもの場合は、
インフルエンザ予防接種の効果は低いんだ

 

 

1歳~6歳の子どもは、
発病を抑えられる割合が20~30%

 

 

 

一方で65歳未満の健常者は70~90%の発病を抑えられるんだ。

 

 

でも子どもの場合は一旦インフルエンザにかかると、
重病になる割合が大人よりもずっと多い。

 

 

だから欧米ではインフルエンザの予防接種を
子どもにもするように推めているよ。

 

 

インフルエンザ予防接種の接種回数は?

インフルエンザの予防接種の回数は、
13歳を境にして回数が違うよ。

 

 

13歳未満だと子どもは、
ワクチンを接種できる量が少なくて抗体ができにくいから、
2回の予防接種が必要なんだ。

 

newspaper01

 

一方で13歳以上であれば、
一回の接種で十分なワクチンを使える。

 

 

だから13歳以上なら、
1度だけ予防接種を受ければ効果が望めるよ。

 

 

ちなみに13歳以上でも、
中学生であれば2回の予防接種が一般的なんだ。

 

 

そして13歳未満の子どもがインフルエンザの予防接種を受けた時には、
次の予防接種までに1~4週間の間隔をあけるのが一般的だよ。

 

 

でも一層良い結果を残したいのなら、
3~4週間開けたほうが良いんだ。

 

まとめると…
  • 13歳未満:2回の予防接種が必要
    予防接種の間隔1~4週間(理想は3~4週間)
  • 13歳位上:1回の予防接種で大丈夫

 

 

インフルエンザ予防接種の料金

インフルエンザの予防接種は、
自費診療になるから医療機関が好きに値段を決められるんだ。

 

okane11

 

だから医療機関ごとに、
インフルエンザの予防接種料金に違いがあるよ。

 

 

安く済ませたい場合は、
自治体によっては補助金を出している場合もあるから、
チェックしたいトコロ。

 

 

だからインフルエンザの予防接種受ける前に、
自治体のホームページを調べておこう。

 

 

インフルエンザ予防接種料金の具体例

インフルエンザ予防接種料金は、
診察料も含めた金額になるよ。

 

isya01

 

自費診療で保険適用外だから、
価格が医療機関ごとに異なるってさっき書いたよね。

 

 

医療機関ごとに料金を決められるから、
料金の幅がすごく広い!

 

 

通常のインフルエンザ基本料金

  • 予防接種1回で2000円~4000円
    最安値1500円
    最高値5000円
  • 2回の接種が必要な場合は割引の場合も多い

 

新型インフルエンザの料金

  • 1回目:3600円
  • 2回目:2550円

 

 

インフルエンザ予防接種料金の中身

インフルエンザ予防接種料金に幅があるのはわかったけど、
病院でお金の計算を、どんな感じでしているのか気にならないかな?

 

 

詳しく書くと物凄く複雑になるから簡単にまとめると、
こんな感じになるよ↓

 

  • ワクチン代800円+診療費+注射費+α

 

料金の内約

  • インフルエンザワクチンの原価:1,600円程度(1ビン)※1ビンで2人分
  • 診療費
  • 注射費
  • など

 

 

インフルエンザの予防投与

インフルエンザ対策には、
予防接種以外に予防投与もあるよね。

 

kusuri

 

予防投薬もインフルエンザワクチンと同様に、
保険適用ではないよ。

 

 

それにしてもインフルエンザの予防投与で掛る金額は高い

 

予防投与の料金

※検査費用は含まない場合

  • タミフル:6570円
  • リレンザ:6810円

 

 

インフルエンザ予防のために、
これらの薬を処方されることもあるよね。

 

 

必要なのは分かるんだけど、
インフルエンザワクチンの接種よりもお値段が…ね。

 

 

まとめ

 今回はインフルエンザの予防接種について!

 

 

インフルエンザと予防接種についてや、
接種できる時期と料金を中心についてまとめたよ。

 

 

毎年やってくるインフルエンザの時期は、
出来れば健康に過ごしたいんだけど
どこからかインフルエンザウイルスってやってくるんだよね。

 

 

………

 

 

……

 

 

予防接種はVaccinationって海外で言うんだ 。

 

Vaccination はラテン語でvacca(牛という意味)から来ている。

 

なぜ牛なのかっていうと、
最初の予防接種は天然痘の予防として、
牛に感染する牛痘ウイルスを使ったからなんだってさ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

One Response to “インフルエンザ予防接種の時期と料金とは?”

  1. […] インフルエンザ予防接種の時期と料金とは? […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ