目標があると、
人生が充実すると言われている。

 

それだけでなく、
目標があると寿命が延びるなど、
具体的なメリットを得られることも、
最近では有名になりつつある。

スポンサードリンク

目標と寿命

海外の研究。

 

ストレスと健康に関する研究で、
6000人余りのデータが検証された。

 

この研究の参加者は、
やく14年間データの提供を行った。

 

14年の間に、
参加者のうち569人が亡くなる。

 

この方たちは、
14年後も生きていた方たちと比べると、
目的意識が低いなどの傾向にあった。

 

目標は寿命を延ばすのか?

目標があれば寿命が延びる!

 

と、上記の結果からいうのは、
少し安直な気がする。

 

目標があれば、
無い場合よりも健康に気を使うだろうし、
健康に気を使うハズ。

 

だから目標を持つことで自動的に、
寿命が延びたのではなく、
目標のために健康に気を使うようになり、
その結果として寿命に影響が出た。

 

このような考え方もできるからね。

 

死ぬ瞬間に後悔すること

ブロニー・ウェアの著書死ぬ瞬間の5つの後悔

 

この本によれば──

 

もっと幸せな生き方をすれば良かった。
友人たちと過ごすのにもっと多くの時間を割けば良かった。
自分の気持ちをもっと素直に表現すれば良かった。
あんなに働かなければ良かった。
他人に期待される生き方ではなく、自分の望む生き方を貫きたかった。

 

──こんな事に死ぬ瞬間に後悔するらしい。

スポンサードリンク

なにが目標なのかは分かりにくい

上記2つに共通するのは、
目標を持ってそのために生きた方が、
幸せだと考える人が多いということ。

 

でも目標だと思った事が、
本当にやりたいことであるかは、
実際にやってみないと分からない。

 

目標に定めたことに挑戦しても、
予想外の出来事に阻まれて、
挫折をしてしまうことも多い。

 

また実際に挑戦をしてみると、
いつの間にか思ってもいなかった方向に、
進んでいたということも──。

 

そして、
最初は小さなことだと思っていたのに、
いつの間にか大きな経験をしていた!

 

などという事も多い。

 

だから目標を定めたら、
とりあえず手の届くところからで良いので、
始めて見るのが良い。

 

こういった事を語る方が多い。

 

5月21日に追記:目標が無いと

目標がないと、
どこに向かえば良いのか分からない。

 

このため、
常に不安を抱くようになる。

 

そして、
やがて精神を蝕まれていくことに──。

 

目標があると頑張れることに関する実験

目標があると、
人は少し辛くても頑張れる。

 

氷水に手をつけて耐えるという実験が、
過去に行われた。

 

そのとき2グループに分けられ、
グループ1:できるだけ我慢する。
グループ2:4分間頑張る。

 

このように目標を告げられ、
氷水に手をつけた。

 

その結果、
後者の方は大半が4分間、
氷水に手をつけていた。

 

この実験で考えられること

根性云々を持ちだす前に、
まずは目標を設定しているか、
考えてみた方が良い。

 

しっかりとした目標があれば、
多少の苦労は耐えられるようになる。

 

さらにRASが働く形で目標を設定すれば、
情熱の方が苦労への感情よりも強くなり、
苦労を苦労と思わない状態で付き進められる。

 

終わりに

目標設定というと、
固っ苦しく高尚な物だと、
身構える方も多い。

 

身構えてしまう場合は、
手頃な目標設定を行う事で、
目標設定が怖くないと、
潜在意識に教えることが大切になる。

 

目標設定は、
自己啓発のスタートにあたるから、
最初はとりあえずの目標で良いので、
設定して行動してみるのが良いとされているよ。

スポンサードリンク