目標は、
紙に書き出すようにすると良い。

 

このように言われている。

 

そして紙に書き出した目標は、
朝と晩、そして暇ができた時など、
徹底的にみるようにした方が良い。

 

このようにも言われている。

 

これら、
目標達成の方法について、
今回はお伝えするよ。

スポンサードリンク

目標達成には紙に書き出す理由

アメリカで、
268人を対象にした、
目標達成に関する実験が、
過去に行われたことがある。

 

実験内容は、
目標を手書きした場合の達成率と、
キーボードでタイプしたときの達成率の比較。

 

結果は、
手書をすることで目標達成率が、
42%も上昇することが分かった。

 

目標設定はカーナビに例えられる

目標設定の重要性は、
カーナビで表現されることが多い。

 

その例えを簡単に言えば、
カーナビに目的地を設定しなければ、
案内してくれないという内容。

 

そして例えの締めくくりとしては──

曖昧な目標設定では、
曖昧な答えしか返ってこない。

だから、
目標はとにかく詳細に!

──このような言葉が用いられることが多い。

 

手書きの方が目標達成率が高い理由

キーボードで文字を打つ時は、
8種類の動作飲み。

 

このため、
8種類の動作に対応した、
脳神経しか働かない。

 

一方で手書をする場合は、
1万種類もの動作が必要。

 

このため、
手書をした場合の方が、
働く脳神経が多いことになる。

 

このことが
目標達成率の違いに、
大きな影響を与えていると、
されている。

 

スポンサードリンク

 

目標達成リストは読み返した方が良い理由

目標達成をする方法として、
目標を書いたリストを、
定期的に読み返すというのは、
よく知られた。

 

目標達成リストを読み返していると、
どの目標が重要で、
どの目標の重要度が低いか、
気付くようになる。

 

どの目標が重要なのか気付いたら、
次の段階としてその目標を紙に書いて、
あちこちに貼っておくとよいと言われているよ。

 

また、
なんども脳に目標に関する情報が送られ、
潜在意識に目標が刻まれて、
RASが働くようにもなる点も見逃せない。

 

終わりに

目標や計画を紙に書くと、
達成率が大きくアップする。

 

この事が分かっていても、
実践している人は少数だと言われている。

 

単純過ぎて、
軽く見てしまっているのが、
その原因らしい。

 

でも目標を紙に書くのには、
それほど時間を必要としないので、
実践した方が良いのは確かだよね。

スポンサードリンク