フローリングにはニスやワックスが必要

化粧板の表面は、
樹脂加工がされている。

 

でも化粧板は、
時間と共に摩耗していき、
ツヤが無くなっていく。

 

このときツヤが無くなるだけなく、
保護膜も弱くなってしまう。

 

その結果、
水ぶきをすると継ぎ目から、
水が侵入したりして、
化粧板の剥がれなどが生じる。

 

この事を考えると、
フローリングのお手入れをする場合は、
床用ニスやワックスを塗って、
新たな被膜を作る必要が、
あるということになる。

 

床用ニスとワックスの効果が持続する期間

床用ニスとワックスは、
効果が持続する期間に違いがある。

 

床用ニスは被膜が強いため、
塗り替えは1年~2年に1度。

 

一方でワックスの方は、
4ヶ月~6ヶ月に1度

 

この点だけを見ると、
床用ニスの方が便利に思える。

 

でも樹脂系ワックスの場合、
床用ニスよりも、
手軽に塗れると言う利点がある。

 

樹脂系ワックスの塗り方

樹脂系ワックスは、
古いワックスの上に塗る方法と、
古いワックスを落として塗る方法の、
2種類の塗り方がある。

 

詳しい塗り方については、
ワックスのラベルなんかを見た方がいい。

 

メーカーごとに成分が違うから、
使い方が微妙に違ってくるからね。

 

でも準備段階は、
どちらも似たような感じになる。

 

古いワックスの上に塗る方法の準備

  • 掃除機をかけてホコリをとる
  • 住宅用中性洗剤で拭く
  • 雑巾で水拭きをする
  • 乾燥させる
  • ワックスを塗る

 

ロウタイプのワックスを塗った床の場合、
古いワックスを完全に落としてからでないと、
樹脂系ワックスは塗れない。

 

だから樹脂系ワックスを新しく塗る場合、
古いワックスを落とす必要がある場合がある。

 

古いワックスを落として塗る方法の準備

  • ワックス剥がし液を塗る
  • 3分ほど置く
  • ナイロンタワシでこすり落とす
  • 2~3回水ぶきをする
  • はがし液を完全に拭きとる
  • 乾かす

 

ワックスがけの基本

先に書いたような、
ワックがけをする準備が整ったら、
いよいよワックスがけを行う。

 

この方法もワックスごとに違うから、
ここで書くのは、
あくまで参考程度に考えてみてね。

 

基本的なワックスがけの方法
  1. ワックス液を床にまく
     ○床1㎡に対して10ml程度
     ○点々とまく
     ○厚塗りにならないように注意をする
  2. キレイな雑巾で塗り広げる
     ○専用の塗る道具も販売されている
  3. 部屋の隅から塗り始める
  4. 最後は出入り口 

 

ワックスを塗った後は、
しばらく部屋に出入り禁止になる。

 

だからワックスの塗り終わりは、
出入り口付近になるようにしよう。

 

ワックスを始めて塗るのなら2度塗りがオススメ

ワックスを始めて塗るのなら、
2度塗りがオススメです。

 

2度塗りをする事で、
より強い被膜になりますよ。

 

毎日のお手入れも大切

フローリングの掃除は、
とうぜん毎日のお手色を行った方が、
本格的に掃除をする時楽になります。

 

この普段の掃除ですが、
フローリングは水気を嫌うので、
水はなるべく使わないようにしましょう。

 

ですから、
掃除機でホコリを吸いとってから、
乾いた雑巾で拭くのが基本となります。

 

雑巾の代わりにペーパーモップを

小まめにフローリング掃除をする場合、
雑巾だと少し大変かもしれません。

 

そのような場合は、
使い捨てのペーパーモップを使ってみましょう。

 

かがむ必要もありませんし、
掃除が終われば紙部分を取り外して、
捨てるだけなので後片付けも楽ですよ。

 

また機能も高いので、
掃除機では吸い残してしまう、
細かいホコリや髪の毛も、
からめとる事が出来ます。

 

ですから、
掃除の仕上がりも高くなるというわけです。

 

このペーパーモップですが、
ウェットタイプや洗剤を使える物など、
いくつか種類があります。

 

ですから、
用途に合った物を選びましょうね。

 

フローリングが薄く汚れてきたら

定期的に、
ペーパーモップなどで掃除をしても、
フローリングは徐々に汚れてくる。

 

だから薄く汚れたら、
少し掃除に力を入れたい。

 

汚れが酷くなければ、
固く絞った雑巾で水ぶきをする。

 

もしも汚れがひどければ、
住宅用中性洗剤を使って、
床を拭くようにしよう。

 

でも住宅用中性洗剤は、
樹脂系ワックスを思考した床だと、
被膜がはがれやすくなるから注意したい。

 

スプレー洗剤を上手に使ってワックス長持ち

床に吹きつけてから拭くだけ!

 

そんな、
界面活性剤で汚れを落とした後、
樹脂成分の効果でツヤが出る、
フローリング用のスプレー洗剤がある。

 

樹脂系ワックスの補助となり、
ワックスの被膜が長持ちするようになる。

 

具体的には、
フローリングマジックリンつや出しスプレーとか。

スポンサードリンク