パワーストーンの、
効果的な使い方には、
浄化願掛けが欠かせない。

パワーストーン

 

浄化を行わなければ、
パワーストーンは力が弱まる。

 

願掛けを行わないと、
パワーストーンの力の方向性が定まらず、
漫然とした形でしか影響が出ない。

 

今回は、
そんなパワーストーンの、
浄化と願掛けの方法を、
リサーチしてみたよ。

スポンサードリンク

パワーストーンの効果的な使い方

パワーストーンを手に入れたのなら、
願掛けを行うようにしたい。

 

この願掛けを行うことで、
パワーストーンの力に、
方向性が生まれることになる。

 

この段かけなんだけど、
全部で3段階を踏むのが基本。

 

願掛けの3段階
  1. 浄化
  2. 同調
  3. 願掛け

 

この3段回を行うことで、
願掛けは完了するよ。

 

 

パワーストーンの願掛け:浄化

効果的な使い方

パワーストーンに願掛けをする前には、
浄化を行っておく必要がある。

 

パワーストーンが、
あなたの手元に届くまでには、
色々な人の手に触れているし、
場の影響もうけている。

 

だから浄化を行うことで、
パワーストーンの受けた影響を、
いったんリセットをした方がいい。

 

パワーストーンの浄化方法

パワーストーンの浄化方法には、
色々な種類がある。

 

色々な浄化方法
  • 香やセージを焚く
  • クラスターの上に置く
  • 浄水を使う
  • 太陽光を浴びせる
  • 月光を浴びせる

 

など本当に色々な方法がある。

 

浄化の注意点

パワーストーン

浄化で注意したいのが、
石の種類によっては、
悪い影響を与える場合がある点。

 

例えば、
水に弱いパワーストーンに、
浄水を使った方法を使うと、
破損につながったりする。

 

だから浄化の前には、
石が苦手とする物を調べておこう。

 

特に楽な浄化方法

特に楽な浄化方法は、
さざれ水晶の上に、
パワーストーンを置く方法。

 

時間も関係なく行えるし、
さざれ水晶は500円前後で、
それなりの量を買えるからね。

 

それに、
さざれ水晶を使った浄化方法なら、
毎日行えるという利点もある。

 

だから、
パワーストーンの力を、
維持するのが簡単だよ。

 

パワーストーンの願掛け:同調

効果的な使い方

パワーストーンとの同調は、
石と仲良くなる事だと考えよう。

 

石を身に着けて、
ポジティブな感情が出るようになれば、
同調が進んでいると言われている。

 

てっとり早い同調方法

パワーストーンとの同調方法には、
色々な物がある。

 

難しい儀式が必要な物もあれば、
時間がかかる物もあったりと色々

 

その中でも比較的楽なのが、
石とにらめっこする方法。

 

パワーストーンとにらめっこする同調方法
  1. パワーストーンを自分の前に置く
  2. じっと見つめ続ける
      →瞬きしてもOK
  3. 同調が始まると直感で分かる

 

どれだけの時間で、
同調が始まるかは個人差がある。

また同調できたかは、
直観でしか分からない説明も難しい。

 

だから、
しばらくにらめっこを続けてみよう。

 

コツはリラックスしながら、
にらめっこをする事。

 

好きな音楽をかけたり、
ハーブを使ったりしながら、
リラックスをしよう。

 

また瞑想の習慣があるのなら、
瞑想をしてからにらめっこをしても良い。

 

瞑想をしたあとなんかは、
パワーストーンを受け入れやすいよ。

 

スポンサードリンク

パワーストーンの願掛け:本番

パワーストーンの浄化が終わったら、
次はいよいよ願掛けを行う。

 

この願掛けけの方法にも、
色々な物がある。

 

その中でもメジャーなのが、
パワーストーンを手で握って
願掛けをする方法。

 

このとき、
左手と右手のどちらで握るかによって、
作用が違ってくる点に気を付けよう。

  • 左手は力を受け取る手(内面を変化させる)
  • 右手は力を出す手(環境に影響を与える)

 

目的に合った手で、
パワーストーンは握ろうね。

 

願いの内容について

パワーストーン

パワーストーンへの願掛けの内容は、
具体的な物にしよう。

 

これは願掛けというのは、
パワーストーンの力に方向性を、
与えるのが目的だから。

 

願望が明確であるほど、
パワーストーンの力を、
集中させることが出来る。

 

この事を考えると、
パワーストーンに願う内容は、
1つだけにした方が良いのが分かるよね。

 

複数の願いを伝えると、
願いの数だけ、
力が分散してしまうからね。

 

願掛けで大切なことは?

パワーストーンの願掛けは、
手で握り締めて、
それから願いを伝えることになる。

 

まずは、
リラックスする事から入ろう。

 

次に自分の願いが叶うことが、
世の中や周りの人間に、
喜びを与えている所をイメージする。

 

そして、
その人達と一緒に自分が喜んでいる

 

このような形で、
周りの人たちと一緒に喜んでいるという、
繋がりを感じる願い方をすることが大切。

 

なお願掛けは、
1週間ほど続けると良いとされているよ。

 

願掛け後の生活

効果的な使い方

願掛けを行ったら、
日常生活に戻る。

 

重要なことは、
願いを忘れること。

 

願いを忘れることで、
大きな力に願望実現を、
委ねるという意味がある。

 

この辺りは、
引き寄せの法則で有名だよね。

 

でも願いを忘れるのは、
難しいとされている。

 

願いを忘れるコツ

この願いを忘れる事なんだけど、
実はコツがある。

そのコツっていうのは、
目の前のことに集中すること。

 

人間の脳は真空状態を嫌うから、
忘れるというのは難しい。

 

だから別のことに集中して、
願いが入ってこないようにしてしまえばいい。

 

終わりに

パワーストーン

今回は、
パワーストーンの効果的な使い方として、
願掛けの方法をリサーチしてみた。

 

物事というのは些細なズレで、
うまくいかなくなる事も多い。

 

不運が続くというだけでなく、
このズレも運の悪さの1つと言える。

 

そのどうでもいいようなズレのせいで、
努力が報われないということも、
十分にあるからね。

 

付け加えるのなら、
このズレっていうのは、
努力では補えない事が多い。

 

せっかくパワーストーンを持ったのなら、
そういったズレに振り回されないように
しっかりと願掛けを行おうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク