窓ガラスは、
掃除をしばらくしないと、
とても汚れが目立つようになる。

 

だから定期的に掃除を行うことで、
汚れは定期的に落としたい。

 

でも掃除の時間が取れないという場合も──。

 

そこでオススメなのが、
軽い汚れの場合は新聞紙を使い、
少し汚れが溜まったら雑巾を使うという、
使い分け。

 

新聞紙であれば、
掃除をした後はそのまま捨てればいいから、
洗う手間が減って楽だよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

窓ガラスの掃除方法

窓ガラス掃除は、
汚れがひどくなりがちな、
外側を先に拭くのが基本。

 

そして、
水分を汚れが含んでいた方が、
汚れを落としやすいので、
掃除のタイミングにも気を付けたい。

 

理想としては、
雨が2日ほど続いた日曇りの日が良い。

 

窓ガラスの軽い汚れの掃除方法

窓ガラスの汚れが軽い場合は、
濡らした新聞紙で掃除することができる。

 

雑巾で窓ガラスを拭くと、
ケバが残るので、
むしろ新聞紙を使った方が、
良い仕上がりになるよ。

 

新聞紙で窓ガラスを掃除する手順
  1. 濡れた新聞紙で窓ガラスを拭く
  2. 乾いた新聞紙で窓ガラスを拭く

 

洗剤を使った窓ガラスの掃除方法

窓ガラスの汚れが、
軽くない場合は洗剤の使用が、
必要となる。

 

このとき、
通常の窓ガラスか、
模様つきの窓ガラスかで、
洗剤の使い方は違ってくるよ。

 

通常の窓ガラスの掃除方法

通常の窓ガラスを、
洗剤を使って掃除をする場合──

 

窓ガラスにスプレータイプの洗剤を×印に吹きつける
  1. 固く絞った雑巾で周りを拭く
  2. 徐々に中央部を拭いていく
  3. 乾拭き(からぶき)をする
     新聞紙やボロ布を使う

 

模様ガラスの場合の掃除方法

表面に凹凸のある模様ガラス

 

この模様ガラスを掃除する場合も、
先程と同様に全体に、
まずは洗剤を吹き付ける

 

その後は凹部分も磨けるように、
柔らかい歯ブラシなどでこする。

 

次に、
固く絞ったボロ布を使って、
泡をふきとる。

 

最後に、
別の乾いた布を使って、
乾拭きをする。

 

スクイジーを使うのも手

ゴムベラのついた、
T字型のガラスワイパーであるスクイジー

 

これを使えば、
水気をキレイにとることができるので、
乾拭きが不要になる。

 

スクイジーの使い方
  1. 水をつけた雑巾でガラス面を濡らす
  2. スクイジーを水分をかきとるように動かす
     縦か横に一方向に動かす

 

窓のレールの汚れ掃除

サッシのレールに溜まった汚れは、
まずは濡らさずに掃除をする。

 

1サッシは濡らさず、
サッシブラシか歯ブラシでこすって、
土ぼこりを浮かび上がらす。

 

2浮かび上がらせた土ぼこりを、
総時期にノズルを着けて吸い出す。

 

3水をしぼった布を割り箸に巻いて、
汚れを取る。

 

アルミ枠の汚れの掃除

アルミ枠についた汚れは、
2種類の拭取りを行う。

 

2種類の拭取りとは、
水ぶき、お湯吹き

 

煙草のヤニが目立つ場合は、
ガラス用洗剤で磨くと良い。

 

錆(サビ)の掃除

アルミ枠に錆が付いている場合は、
早めに手入れをしたい。

 

この錆は、
白くてプツプツした感じの汚れの事。

 

錆は、
洗剤をスチールウールに、
少量の水と共につけて行う。

 

このとき、
アルミの目に沿って、
スチールウールは動かそう。

 

こすり落としたら、
水拭きをした後で乾拭きをする。

 

ガラス枠のゴム部分の掃除

ガラス枠のゴム部分は、
黒く汚れている場合カビだと考えられる。

 

状態が酷くない場合は、
カビ取り剤で対処可能。

 

でもカビ取り剤を使うと、
ゴムは痛んでしまうので、
小まめに以下のような方法で、
掃除を行うようにしたい。

 

歯ブラシに、
ガラス用洗剤などを着けて、
ガラス枠のゴム部分を磨く。

 

汚れをこすり落としたら
水ぶきをして洗剤を取る。

 

網戸の掃除について

網戸のネットは、
かなり汚れる。

 

掃除の目安は、
数ヶ月に一度ていど。

 

室内側は、
ホコリ汚れが付着する。

 

このホコリ汚れを、
掃除機で吸い取る。

 

そして土ぼこりなどが付いているようなら、
メラミンスポンジに水を含ませて、
拭き掃除をすることも行う。

 

具体的な網戸掃除の手順↓

  1. 屋外側から網戸枠に新聞紙を貼りつける
  2. ノズル付きの掃除機で吸い取る

 

この方法以外にも
網戸専用の洗剤を含んだウェットシートが、
市販されているのでこれを利用するのも手。

 

カーテンの掃除方法

カーテンは、
取り外して洗濯をする。

 

カーテンの素材は色々とあり、
水に弱いものもあるので、
品質表示や取扱表示を、
しっかりと確認してから洗濯をする。

 

汚れがあまりにもひどい場合は、
下洗いと浸け置き洗いをしてから、
本洗いを行うことになる。

 

使う洗剤は、
通常であれば普通の洗濯用洗剤。

 

でも汚れが生地に染み込んでいる場合は、
色柄物にも使える衣類の漂白剤の使用を、
考える必要がある、

 

カーテンの上部分

カーテンの上部分は、
ハンディモップを使うなどして、
ホコリをとる。

 

このとき、
水では取れない場合は、
中性洗剤を薄めた物を使おう。

 

レールの溝部分は狭いので、
割り箸に薄い布を巻き付けて
2~3回往復させて汚れをとる。

 

終わりに

軽い汚れには新聞紙

 

軽くない汚れには雑巾

 

このように使い分けると、
少しだけど窓ガラスの掃除が楽になる

 

掃除には他にも色々な工夫があるから、
そういった物を積極的に取り入れていけば、
かなり楽になる

 

だから、
ネットなんかで多くの情報を仕入れたいところだね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク