EFTという、
観念やトラウマの解消に効果が高いとされる、
EFTの講座を受けてみた。

 

その講座は、
EFT-Japanという所の、
自分創り・12週間プログラム。

 

そもそもEFTとは?

EFTというのは、
身体にあるツボを指で叩いて、
トラウマなどを開放するという手法。

 

具体的な方法については、
ネットで検索すれば、
いくらでも出てくるよ。

 

また図書館などに行けば、
タッピングやEFTという名前の本を、
見かける事もあると思う。

 

こういった本を借りるのも手かもしれない。

 

自分創り・12週間プログラムとは?

自分創り・12週間プログラムは、
名前から連想する方も多いと思うけど、
EFTを使って観念を浄化しながら、
自分の思考パターンを作り直すのが目的。

 

EFT意外にも、
色々な方法を使いながら、
思考パターンを変えていく。

 

そして、
理想とする自分を手に入れるというのが、
自分創り・12週間プログラム。

 

実際の流れは?

この記事を書いている時点で、
すでに自分創り・12週間プログラムを始めて、
2週間目に突入している。

 

ここでは、
実際の体験についてお伝えするよ。

 

自分創り・12週間プログラムの1週間目

自分創り・12週間プログラムの1週間目は、
自分を変化をしやすい状態にするのが目的。

 

使う手法はEFTのみ。

 

子どもの頃のブロック(思考の制限)を、
解放することで思考を変える。

 

実際に行うと

EFTの本も販売されている。

 

でも、
EFTを行う時のメッセージ(セットアップフレーズと呼ばれる)を、
考えるのが難しく躓く人も多いみたい。

 

この音声では、
セットアップフレーズが予め決められており、
その点は楽だと言えると思う。

 

自分創り・12週間プログラムの2週間目

自分創り・12週間プログラムの2週間目は、
瞑想とEFTを併用する。

 

EFTを組み合わせることで、
瞑想の効果を出やすくしているらしい。

 

瞑想は環境も大切

最近は暑い日が続くので、
瞑想をするとき少し工夫が必要かも。

 

クーラーの効いた部屋で行う。
人通りが少なく涼しい施設で行う。

 

この辺りが基本だけど、
脇の下に凍らせたペットボトルを挟むとか、
ちょっとした工夫を行うのも良いかも。

 

脇の下に凍らせたペットボトルを挟むと、
この辺りは太い血管があるので血液が冷える。

 

だから体温を下げられるとされている。

 

瞑想の目的

今回のレッスンでは、
エネルギーチャージと、
本心と向き合う事の、
2つを目的に瞑想を行う。

 

瞑想の習慣を持つと良いのは、
有名な話だから、
これを機会に瞑想の習慣を、
身に付けたい所。

 

瞑想時間

音声の瞑想時間は、
15分、20分、25分の3種類。

 

それに、
EFTは声を出しながら、
ツボを叩くから人のいる場所では、
行うわけにはいかない。

 

だからこのレッスンの実践には、
それなりの時間を取る必要がある。

 

この辺りが、
実践のネックになるかもしれない。

瞑想は気分転換に

2週間目で行う瞑想。

 

気分転換として、
午後に行うようにした。

 

タッピングで声を出す必要があるから、
人前で行う気にはなれないので、
1人に慣れる時間を見つけては、
瞑想を行っている。

 

この瞑想の為の時間確保が、
この週の最大の難関かもしれない。

 

自分創り・12週間プログラムの3週間目

3週間目はイメージングだった。

 

2週間目の瞑想を行い、
続けて今回のイメージングを、
行うらしい。

 

だから最低でも、
瞑想+イメージングの時間で、
37分間は用意しないとならない。

 

これまで以上に大変だ。

 

どんなことをイメージングするのか?

3週間目では、
家族、お金、パートナー、仕事など、
10種類の項目について、
イメージングを行う。

 

自分が何を望んでいるのか?

 

それを考えるのが私はかなり苦手だから、
今回のレッスンはかなり高いハードルだと、
言えるかもしれない。

 

本日から瞑想+イメージング

本日から12週間プログラムの、
瞑想とイメージングを、
続けて行うようにした。

 

こういうのは、
本来であれば朝に行った方がいい。

 

でも、
朝行うことにこだわって、
結局行わなかった──。

 

こんな事になるわけにはいかないので、
しばらくは時間に拘らずに、
行う予定でいる。

 

第一週のタッピングも行いたい

三週目に入り、
瞑想+イメージングが課題となった。

 

この課題と共に、
一週目のタッピングも行いたい。

 

一週目のタッピングは、
その後の課題の邪魔をする物を、
解除するのを目的に行う。

 

なんとなく、
私の中にはブロックが多い気がするから、
タッピングも行った方が良いと感じる。

 

でも三週目の課題と併せて、
タッピングも行うと、
合計で50分ほどかかってしまう。

 

コレはかなりきつい。

 

だから、
三週目の課題を優先しながら、
チャンスがあれば一週目の課題を、
行う形にせざる得ない。

 

でも時間が取れないので、
三週目に入ってからは、
一週目をやりなおせていない。

 

スポンサードリンク