雛人形の処分方法|お雛様の供養を考えた正しい選択肢は?

雛人形は、女の子の厄を代わりに受ける人形だと昔は考えられていた。

 

今ではお祝いの人形という考えが根強いけど、どちらにせよゴミとして雛人形を捨てるのは気が引ける。

 

でも、いつかは雛人形を処分しなければならない日が来るかもしれない。

 

今回のリサーチでは、そんな雛人形の処分方法を記事にしてみたよ。

 

雛人形を最後まで大切にしたい人向けの記事さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

雛人形を処分する色々な方法

雛人形を手放す場合、色々な処分する方法がある。

 

最近では、以下のような方法がとられているよ。

 

雛人形の色々な処分方法
  • 供養する
     ○お寺や神社で供養する
      ※後で詳しく説明する
  • 親類や友人の子に譲る
     ○雛人形は1人1つ持つと昔はされていた
      →最近はこだらずに譲り合う人が多い
  • ネットオークションに出品
     ○雛人形を取り扱うリサイクルショップは少ない
     ○ネットオークションの利点
       →中古の雛人形を欲しい人を見つけやすい
     ○雛人形は海外だとインテリア扱いされる
  • 寄付をする
     ○寄付を受け付けている施設も多い
       →老人施設、保育園、児童養護施設など
     ○寄付するのなら
       →雛人形をキレイにする必要がある

 

雛人形を誰かに譲るにしても寄付するにしても、運搬途中の破損には気を付けよう。

 

だから緩衝材なんかで包んで、それで渡す方がいいよ。

スポンサードリンク

雛人形を供養して処分する方法!

雛人形を供養して処分するのが、個人的には1番お勧めしたい方法。

 

なぜなら、大切に扱われた人形には魂が宿るって言われている。

 

それに雛人形は女の子を災いから守るための人形だから、ちゃんと感謝を表す形で手放す方が気分的にも良い。

雛人形を供養して処分するには?

雛人形を供養して処分するのなら、神社やお寺に依頼する場合が最も多い。a1750_000005

 

でも他にもいくつか供養する方法はある。

 

そんないくつかある、供養して処分する方法は、以下の通り。

 

雛人形を供養して処分する方法
  • 神社やお寺にお願いする
     ○郵送で受けてくれる所もある
     ○掛る費用は3千円~5千円ほど
  • 人形感謝(供養)代行サービスを利用する
     ○一般社団法人日本人形協会と日本郵政と提携しているサービス
     ○ゆうパックで人形の供養を代行している
     ○電話やインターネットで申し込み可能
     ○手続きは専用のキットで行う
       →申し込み後に届くお人形差出キット
  • 東京大神宮人形感謝祭で供養する
     ○東京大神宮人形感謝祭は毎年10月に行われる
     ○供養の料金は1箱で5000円
     ○人形の身を受け付けている
  • ビッグひな祭りで供養する
     ○徳島県勝浦群勝浦町で行われる
     ○毎年2月~3月に行われる
     ○送る時に供養料として5000円が必要
     ○似たイベントもある
      →和歌山県東牟婁郡那智勝浦町のイベント
       →南紀勝浦ひなめぐり

 

雛人形を全て処分をしない人もいる

思い入れ深い雛人形。

 

手元からいなくなってしまうのは、とても寂しい気持ちになる。

 

だからお内裏様とお雛様だけ手元に置き、供養するのは他の人形だけという方も多い。

 

このような形であれば、寂しい気持ちも小さくて済む。

 

また、雛人形を保管するスペースを小さくできるという利点もあるよね。

 

だから、選択肢の一つとして考えてもいいんじゃないかな~と思う。

雛人形の処分や供養のまとめ

雛人形は、供養するのが個人的にオススメ。

 

ヤフオクに出す手もあるけどね。

 

やっぱり雛人形というのは、特別な物だからね。

 

色々な処分方法っていうか、手放す方法は存在する。

 

どの処分方法を選ぶかはあなた次第っていうことだね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

ひな祭りの関連記事

ひな祭りには、色々な豆知識が存在する。

 

例えば雛人形は誰がモデルとなっているのか?

雛人形とは誰がモデルなの?仲間外れな五人囃に涙

 

もちろん、ひな祭りの由来についての豆知識も存在する。

ひな祭りとは?由来と意味は女の子遊びにあり!

 

意外なところで、ひな祭りのが実は悲しい内容という話も。

ひな祭りの歌!意味が悲しいってマジっすか?

ひな祭りのお料理関連記事

ひな祭りには、色々なお料理が用意される。

 

定番のお料理と言えば、ちらし寿司

 

でも具材の縁起がいいだとか、見た目が華やかだからとかが食べられる理由で、ちらし寿司その物にいわれはないといわれている。

ひな祭りのちらし寿司!由来を調べたら意味がない?でも…

おもてなし料理

ひな祭りのお料理で注意したいのがおもてなし料理

 

マナーがかかわってくるから、出す料理の内容には注意をした方がいいかもしれない。

ひな祭りのおもてなし料理!絶対に外せない5品目

スポンサードリンク