寝ている間にコップ1杯程度の汗をかいて水分不足になるので、寝る前には何かを飲んだ方がいいという話がある。

 

でも寝る前に飲み物を口にすることで、寝ている最中にトイレに行きたくなって目が覚めて安眠が妨害されることも……。

 

このため寝る前に飲み物を口にするのを避ける方もいらっしゃるけど、飲んだ方が健康に良いというのは確か。

 

そこで今回は、寝る前に飲んでもトイレに行きたくならない飲み物についてお伝えさせていただく。

スポンサードリンク

寝る前に飲み物を口にしたい理由

寝る前に何かを飲むと、寝ている最中にトイレに行きたくなって目を覚ますというでメリットが生じやすい。

 

でも寝る前に飲み物を口にすることには以下のようななメリットがあるので、なるべく何かを飲むようにしたい。

  • 水分補給
  • 体が温まる
  • リラックス

水分補給

就寝中はコップ1杯分の汗をかくといわれている。

 

このため就寝中に脱水症状を起こしかねないので、寝る前にコップ1杯分の水分を補給しておくことは健康面からみても大切になる。

 

体が温まる

体温が一時的に上がって、それから体温が低下していくタイミングで人間は眠気を強く感じる。

 

その性質を利用するのにベストなのは、湯船につかって体を温めること。

 

でも温かい飲み物を口にすることは脳に全身が温まったと誤認させる働きがある。

 

だから温かい飲み物を寝る前に飲むのは眠くなるのに貢献してくれる。

 

リラックス

飲み物によってはリラックス効果を期待できるものも多い。

 

緊張したままでは横になっても値付けない。

 

だか寝る前にリラックス効果のある飲み物を口にすることは、よい睡眠をとるのに役立ってくれる。

寝る前に飲んでもトイレに行かない飲み物

寝る前に口にしてもトイレに行かなくて済む飲み物。

 

それは利尿作用のない飲み物。

 

逆に利尿作用のある飲み物とは、カフェインが入っている飲み物やお酒(アルコール類)。

 

カフェインは、眠気を覚ましてしまうだけでなくトイレに行きたくなる原因になる。

 

お酒は、利尿作用があるだけでなく一時的に眠くはなるけどその後は眠りが浅くなり睡眠の質を下げてしまうという作用がある。

 

こういった理由から、カフェイン入りやお酒類は眠る前んの飲み物にふさわしくないとされている。

 

なおカフェイン入りの飲み物には、以下のようなものがある。

 

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • エナジードリンク
  • 栄養ドリンク

 

他のトイレに行きたくなる飲み物の特徴

飲み物で寝ているときにトイレに行きたくなるのなら、温度や飲む時間にも注意をしたい。

 

冷たい飲み物を口にして体を冷やすと、寝ている最中にトイレに行きたくなる原因になる。

 

また牛乳のように消火に時間がかかるものは寝る1時間前までに飲むようにしたいという注意点がある(通常の飲み物は寝る30分前でOK)

 

それとどのような飲み物でも飲みすぎればトイレに行きたくなるので、飲む量にも注意をするようにしたい。

 

寝る前に飲んでもトイレに行きたくなりにくいのは?

寝る前に飲むものは、トイレに行きたくなりにくいだけでなく睡眠の質を下げないことも考える必要がある。

 

オススメの飲み物の特徴
  • 飲む量はコップ1杯ほど
  • 温かいものを飲む
  • カフェインの入っていない物を飲む
  • アルコールの含まれていない物を飲む

 

上記の特徴を持った飲み物としては以下のようなものを挙げられる。

 

寝る前にお勧めの飲み物
  • 白湯
     ○一度沸騰させたお湯
  • ホットミルク
  • ホットジンジャー(生姜湯)
  • カモミールミルクティー
  • 温めた麦茶

 

これらの飲み物は、トイレに行きたくなることが少ないうえに睡眠を促す効果も期待できる。

 

でも飲みすぎるとトイレに行きたくなるので、その点には注意をしよう。

 

スポンサードリンク