メガネの選び方は、
フレーム選びが基本。

 

前回はメガネフレームの、
についてリサーチした。

 

そして今回のリサーチ対象は、
メガネフレームの色について

 

目元のおしゃれに気を使う人のための情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

メガネフレームの色選び

メガネフレームは、
形と同様に色も重要。

 

掛ける人の顔に似合う色でないと、
メガネの印象が強くなりすぎて、
おしゃれとはほど遠い見た目になってしまう。

 

似合うメガネフレームの選び方は?

選び方

似合うメガネを選ぶには、
フレームの色が、
顔の色と合っていることも重要。

 

では、
どのようなポイントに気を付ければ、
顔の色と合うメガネフレームを選べるのだろう?

 

顔の色に合うメガネフレームの選び方
  • 色白の肌の人→淡い色のフレームを選ぶ
     ○色の例
       シルバー、水色、ベージュ、ピンク
  • 色黒の肌の人→濃い色のフレームを選ぶ
     ○色の例
       濃いめの茶色、黒、紺色

 

自分の顔に合わないメガネをかけたい場合、
フレームの素材色の濃さで、
ある程度は調整が可能。

 

でも案外難しいから、
メガネ選びに慣れてからにした方がいいかも。

 

メガネを掛ける場所の雰囲気に合わせる

メガネ

顔の色に合わせて、
フレームの色を合わせることも大切。

 

さらに一歩上を目指すのなら、
メガネを掛ける場所に合わせて、
メガネのフレームの色を選びたい。

 

場所に合わせたメガネフレーム選びの例
  • 仕事や公式の場
     →シルバーや黒などの目立たない色
  • 休み
     →カラフルな色

スポンサードリンク

色の印象でメガネを選ぶ

によって印象が異なる。

 

だから周りの人にどう見てもらいたいかで、
メガネフレームの色を使い分けるのも手。

 

色の印象例
  • 優しい、可愛い=ピンク、オレンジ、赤
  • 大人っぽい=紫、紺
  • 知的=シルバー
  • 落ち着いている、知的=べっ甲柄(デミ柄)

 

服などの色に合わせる

似合う

メガネのフレームは、
服の色に合わせることもできる。

 

服に合わせるという形であれば、
その年の人気のある色などに、
メガネの色を合わせたりも出来る。

 

ただ服装にメガネを合わせる場合、
服装選びのセンス+メガネ選びのセンスという感じで、
両方のセンスが必要になるから少し難易度が上がるよ。

 

終わりに

今回は、
似合うメガネフレームの色の選び方を、
リサーチした。

 

メガネというのは顔に掛けるわけだから、
第一印象に大きな影響を与える。

 

だから仕事などの、
公的な場所でメガネを掛ける場合は、
メガネの選び方には特に注意したい。

 

一方でプライベートであれば、
少し冒険する位が丁度いいのかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい