保育園の入園式では、
やっぱり服装が気になるもの。a1320_000214

 

『入園式に行ったら、
自分や子供がういていた(iДi)』

 

こんな状況は、
絶対に避けたい

 

今回のリサーチでまとめたのは、
保育園の入園式では、
子供はどんな服装が良いのか?

 

保育園の入園式でうかないタメの情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

保育園の入園式について

保育園の入園式後は、
保育がスタートすることも多い。

 

当然子供はじっとしてはいられず……

 

親御さんに対する説明の時に、
子供が遊び始めるケースも考えられる。

 

だから、
これらの状況を考えて、
子供の服装は選ぶことになるよ。

 

入園式が行われる日の流れ

入園式が行われる日は、
保育園によって、
何が行われるのか違う。

 

でも基本的には、
以下のような流れで、
入園式の日は進むよ。

 

入園式が行われる日の基本的な流れ
  • 園長先生の話
     ○主に子供たちに向けての話
     ○親への説明などは別の機会に行われる
  • 保護者がスピーチする
     ○短く優しくがコツ
     ○子供を飽きさせないため
  • 保育士を紹介される
  • 写真の撮影会

 

保育園の入園式、子供の服装は?

保育園の入園式で、
子供はどんな服装を、
するのがいいのだろう?

 

そのことについて考える前に、
保育園に服装のルールがないか、
確認しておいた方が良い。cute-18833_640

 

どうして子供の服装について、
ルールを保育園に訊ねるのか?

 

これは保育園が独自のルールを、
設けている可能性があるから。

 

例えば保育用のスモッグの着用が、
ルールという保育園もある。

 

他にも日常で着る服で入園式に参加して、
そのまま保育室で遊ぶ場合もある。

 

だから保育園に、
子供の服装について、
訊ねないわけにはいかないんだ。

スポンサードリンク

もし保育園側から子供服の指示がないのなら?

もし子供の服について、
保育園側から指示がないのなら?

 

このパターンが、
一番面服選びに迷うから困る。

 

仕方ないので、
この場合は以下のに気を付けよう。

 

入園式、子供の基本的な服装

保育園の方から服装に指示がない場合、
入園式は少しオシャレに気を使う程度で大丈夫。

 

0~2歳の子供の場合、
市場に出回っている礼服が少ない。

 

自然と礼服ではなく、
清潔な服装を選ぶことになる。

 

それに授乳やオムツ交換などで、
汗を流してしまうことなどを予測して、
きれいな普段着で子供を参加させる人も多い。

 

では具体的には、
どんな服装がいいのだろう?

 

入園式、子供の基本的な服装
  • シンプルな服
     ○着替えが行いやすいもの
     ○ボタンやアクセサリーがついていない物
  • 生地は伸縮性のある物を選ぶ
     ○動きやすいので子供が不機嫌になりにくい
  • 座ったりしやすい服を選ぶ

 

入園式後の集合写真撮影時の服装

入園式の後で、
集合写真を撮る保育園も多い。

 

そんなとき子供には、
どのような服装を準備すれば良いのだろう?

baby-216876_640

 

このような場合、
ジャケットは必要ないけど、
写真を撮るのなら着なれた遊び着だと、
チョットっていう感じだよね。

 

だからカーディガンやベストを、
用意すると良い。

 

入園式に着せる子供の服装、注意点

子供は慣れない服装をさせると、
嫌がって不機嫌になりやすい。

 

特に以下のようなアイテムは、
嫌がる傾向が強い。

 

子供が嫌がるアイテム
  • ネクタイ
  • ベルト
  • リボン
  • ハイソックス

 

これらを着用させる必要がないのなら、
無理に身につけさせない方がいいよ。

 

子供の礼服について

保育園に入る年齢の子供の礼服は、
少ないけど存在はする。man-211505_640

 

でも高価……。

 

それに子供が入園式で、
礼服を着る時間は数時間だけ。

 

だから必要な場合は、
購入よりもレンタルを選ぶ人が多い。

 

もし買うのなら、
家で洗濯できるタイプが販売されているから、
それを選ぶといい。

 

まとめ

入園式でうかないために、
子供にどんな服を着せれば良いのか?

 

今回はそんな、
入園式の服装についてまとめた。

 

結論を言えば、
保育園の指示に従う。

 

もし保育園が特別な指示を出さないのなら、
シンプルな服を選んで、
少しだけオシャレに気を使う。

 

この辺りが答えと言えるだろうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい