浴衣を探すとき、
気になるのが浴衣の相場。

 

どのくらいの値段が、
浴衣の相場になるのだろう?

 

今回まとめたのは、
浴衣の相場についての情報

 

浴衣のお値段が気になる方向けの情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

浴衣の値段について

浴衣の値段はピンキリ

 

男性用であれば、
全体的に高い印象があり、
値引きも少ない。

 

一方で女性用の浴衣であれば、
価格の幅がとても広い。

 

一般的な女性の浴衣について

浴衣綿の一般的な浴衣であれば、
1万円位の浴衣が一般的。

 

一般的なブランドの浴衣になると、
3万円位が相場になる。

 

ここに仕立て代や帯の代金、
小物の代金などが加わる。

 

浴衣の仕立て代について

仕立て代は、
生地により違ってくる。

 

目安として、
5千円円~2万5千円ほど。

 

もちろん安めの浴衣であれば、
自分で仕立てを行った方が安い場合も多い。

 

帯の値段について

は良い物を用意したい。

 

一般的な帯は、
2000円位から存在する。

 

でも、
できることならの帯を選ぼう。

相場

 

良い帯を選べば、
滑りにくく締めやすいので、
浴衣を着こなしやすい。

 

このため、
浴衣の見た目
を1ランク上げてくれる。

 

半幅帯であれば、
柄にもよるけど長く使えるよ。

 

浴衣の小物について

浴衣には、
小モノがつきもの。

 

巾着は最低金額で100円からで、
お店で購入すれば500円からが相場。

 

下駄は500円から在って、
お店で購入すると2000円からが相場となる。

 

下駄は消耗品

下駄は、
歩いていると少しずつ削れて、
歩くのが大変になってくる。

 

だから高価な物は、
用意しない方が良い。

 

浴衣の値段と生地

浴衣

浴衣は、
1~2万円の価格帯であれば、
違いは柄による違いでしかない。

 

生地は同じ場合が多いので、
柄の好みで決めてしまっても大丈夫。

 

6万円を超えると、
小千谷縮(麻の夏着物)を仕立てられたりと、
自然素材の高級品を用意できる。

 

だから、
6万円代の浴衣の購入を考えるのなら、
長く着ることを前提に柄を選びたい。

 

1万円以下の浴衣について

1万円以下の浴衣は、
高級な浴衣に囲まれると、
安っぽく見えるという意見もある。

 

でも実際に、
1万円以下の浴衣を着る場合は、
着こなし次第で印象が大きく変わる。

 

だから一概に、
1万円以下が悪いとは言えない。

 

それに値引きにより、
1万円以下になる場合もあるからね。

 

浴衣の値引きについて

浴衣というのは、
前年度の売れ残りや数年前の新作柄が、
値引きされて販売されることも多い。

 

場合によっては、
半額ほどになっていることすらある。

 

一方で品質の良い物などは、
値段が大きくは変わらない場合もある。

 

だから、
品質の高い物は定額で購入して、
長い期間着続ける。

 

値段の安い物は、
買い替えを前提に値引き価格で購入する。

 

このような感じで、
購入を考えても良いかもしれない。

スポンサードリンク

浴衣は着物屋さんでも安く買える

シーズンが終わったころ、
売れ残りセールなどが行われる。

 

この時期というのは、
着物屋さんでも安く帰る場合が多いよ。

 

浴衣の値段について

相場

浴衣で一般的な物は、
浴衣本体が3万円程度で、
帯が1万円程度。

 

この価格帯の物であれば、
少し上質な浴衣と言えるかもしれない。

 

だからこの値段の少し低めを、
相場と考えても良いかもしれないよ。

 

だから2万円~3万円位の浴衣が、
相場といえるかもしれない。

 

では他の値段の浴衣はどうかというと、
以下のような感じになる。

 

浴衣のお値段色々(浴衣本体のお値段)
  • 福袋
     ○最低金額は浴衣のみ2枚で500円ほど
     ○浴衣の選べない福袋は1000円ほど
     ○福袋内の浴衣が選べる場合は2000円から
  • ユニクロの浴衣
     ○安い時は2000円ほどから帰る
  • 着物屋の安い浴衣
     ○一枚が5000円から
     ○ミシンで縫ってある物が多い
     ○素材が同じでも手触りが違う
       他のお店で浴衣を購入した場合と比べて
  • 着物屋のブランド浴衣
     ○1万円~2万円の浴衣が多い
     ○良い素材の物がある
     ○一番の違いは縫い方にある
       縫い目が見えないように工夫されている

 

浴衣は消耗品か?

浴衣というのは、
5回以上水をくぐらせると、
身体に馴染んでくる。

 

このため、
よそ行きという感じが無くなり、
プライベート用としなければならない。

 

でも以下の点に気を付けると、
よそいきとして長く使える場合があるよ。

 

浴衣を長く着るコツ
  • 藍地の物などを選ぶ
     ○白地だと変色しやすいから
  • 着た後は早めに洗濯する
     ○シミや汗による黄変が浴衣を使えなくする大きな原因
  • 洗濯時
     ○手洗いかネットに入れて洗濯機(弱水流)
     ○短時間で洗い上げる
  • 洗い終わったら
     ○シワを伸ばしながら陰干しにする
     ○衿等にシワがあるのなら布を当ててアイロンがけ
  • シーズン終了時にはクリーニング店に出す
     ○ノリは付けさせない
       ノリが黄変やシミを作る場合があるため
     ○浴衣が返ってきたらビニールからすぐに出す
       ビニールと触れさせ続けると変色するから

 

まとめ

値段

今回は、
浴衣の相場についてまとめたよ。

 

結論を言えば→良く分からない

 

なぜなら浴衣というのは、
値段がピンからキリまである。

 

それにシーズンが過ぎると、
大きな値引きもされる。

 

さらに年齢によっても、
どの価格帯の浴衣が恥ずかしくないのか、
この辺りも変わってくるよね。

 

でもとりあえずは、
定価3万円ほどの浴衣。

 

これ価格帯であれば大人が着る場合であっても、
比較的質の良い物だと考えられる。

 

だから相場は、
2万円~3万円の間と考えていいんじゃないかな☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい