ダニが繁殖するのは気持ちが悪い!

 

それだけでなく、
アレルギーの原因になるなどの、
実害も存在する。

 

最近の住宅は、
気密性が高くなっている。

 

だからダニが冬にも発生して、
アレルギーに悩む人も多い。

 

でもダニは、
少しの工夫で軽減できるから、
被害を減らすのは難しくない。

 

ダニの繁殖条件

ダニの繁殖条件は、
温度が20℃~30℃、
湿度が60%~80%、
餌があること。

 

これらを満たしていると、
ダニが繁殖しやすい。

 

ダニの餌というのは、
食べ物のカス、カビ、
ホコリ、フケなどのことだよ。

 

ダニによる被害

毎日掃除をしていても、
ホコリ1gの中に200匹はいるとされるダニ。

 

ここでいう200匹というのは、
人を刺す事のないチリダニ。

 

このチリダニが増えると、
それを食べるツメダニが増える。

 

ツメダニは人を刺すので、
かゆみを感じて、
ダニが増えたと感じる人が多い。

 

もちろん、
チリダニの死骸やフンなども、
アレルギーの原因になるので、
チリダニもなるべく減らしたいところ。

 

ダニの繁殖を予防するには?

ダニの繁殖を予防するのが、
ダニによる健康被害を防ぐ第一歩。

 

まずは、
室内の換気を良くして湿度を下げることを、
心がけてみるとよい。

 

留守がちでいつも閉め切っていたり、
冷房で滅多に窓を開けない場合は、
ダニ天国になっている可能性が──。

 

また天気の良い日には、
寝具や座布団を、
天日干しにすることも大切。

 

また畳みやカーペットには、
ダニの死骸やフンが散らばっているので、
それらを掃除で取り除くのも、
定期的に行うようにしよう。

 

年に2回は畳みを干す

春と秋。

 

年に2回は晴れた日に、
畳みを干すようにしよう。

 

畳みを立てて干す時には、
畳みの裏側に日光が当たるようにし、
4~5時間干すと良い。

 

ダニの駆除には駆除剤

ダニを効率よく減らすのなら、
専用の駆除剤を使う方が良い。

 

駆除剤には何種類もあるけど、
使用後には必ず掃除機をかけて、
ダニの死骸やフンを取り除く作業が、
必要となる。

 

ダニ用駆除剤のタイプ
  • 噴射タイプ
     ○直接ノズルを当てて使う
     ○カーペット、畳、じゅうたんなどに使う
  • スプレータイプ
     ○べとつかないタイプなら直接スプレーする
     ○座布団、ぬいぐるみ、布団などに使う

 

上記のような、
ダニ用駆除剤を使ったのなら、
ダニ用防虫シートを使うと良いかも。

 

畳みやカーペットの下や、
押し入れなどに敷きこんで使うと、
1年間はダニを遠ざけてくれるよ。

スポンサードリンク