年賀状を出す期間!常識知らずだなんて言わせない

年賀状を出すのであれば、出す期間に気をつけないといけない。

 

では、年賀状はいつからいつまでの期間に出せばいいのだろう?

 

今回は、年賀状を出す期間の常識についてリサーチしてみた。

 

常識知らず! だなんて言わせない情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

年賀状を出す期間、その答えは?

年賀状は、理想を言えば元日に届くようにしたい。

 

では、元日に年賀状が届けるためにはポストに何日までに投函すれば良いのかというと──12月25日まで。

 

例年通りであれば、郵便局では12月の15日頃から年賀状をお正月に届くように配慮してくれるようになる。

 

だから12月15日~12月25日にポストに投函できるように準備をしておきたい。

 

とはいえ、12月25日までに投函しても、あくまで元日に年賀状が届く可能性が高いというだけ。

 

郵便局の仕事が立て込んでいると、元日以降に配送されることもあるから、早めに投函した方が良いのは確か。

年賀状はいつまでに先方に届けばいいの?

忙しくて出しそびれた場合、元日に届けるのは難しい。

 

だから出しそびれた場合、いつまでに年賀状を投函すればマナー違反にならないかを知っておきたいところ。

 

では、いつまでに年賀状が相手の手元に届いていれば良いのか? そのタイムリミットはというと……1月7日までとされている。

 

でも実際には、1月7日よりも早くに出した方が良いのは確か。

年賀状を1月7日に出すと何日に届く?

年賀状

1月7日に年賀状を投函すると、先方に届くのは8~9日。

 

こうなってくると、先方に年賀状が届くのはお正月が終わってからになってしまう。

 

お正月すぎに年賀状が届くと常識的にどうなんだろう? と、考えてしまうよね。

 

だから事実上、年賀状を出す期限は1月5日ぐらいだと考えておいた方が良い。

年賀状を元旦に届けるのなら

年賀状を出すのであれば元旦に届けたいよね。

 

年賀状を元旦に届けるには、12月15日~12月25日の間に出すようにしよう。

 

一応12月28日までに出せば、元旦に届く可能性はあるけど確実ではない

 

だから元旦に年賀状を届けたい場合、12月25日までに投函するようにしよう。

1月8日以降は寒中見舞いで出す

年賀状を出せる期間は1月7日まで。

 

では1月8日以降はどうすればいいのかというと、寒中見舞いとして出すことになる。

 

年賀状が自分が送っていない人から届いたりした場合、返信を出すのが1月7日を過ぎることも多いから寒中見舞いで出すことが多いよ。

スポンサードリンク

こんな時、どうする?

ここでは、よくある予想だにしない形で寒中見舞いが届いた場合の返信についてお伝えするよ。

 

こんな時、どうする?
  • 自分は年賀状を出したけど、相手からは寒中見舞いが届いた
     ○年賀状の返信が遅くなり、代わりに寒中見舞いを出したと考えられる
       →返信は不要
  • 年賀状を出したら、相手から喪中だというハガキがきた
     ○基本的に返信の必要はない
     ○目上や良く知った相手なら
       →喪中を知らなかったことをお詫びするハガキを出す
  • 自分が喪中で、寒中見舞いをもらった
     ○年賀欠礼を贈った相手の場合
       →返信は必要ない
     ○喪中であることを知らせていない場合
       →内容に応じた返信をする

 

終わりに

年賀状は1月7日までに届け良いのだから、お正月中に届けるのであれば1月5日までに出したい。

 

そして、もしも年賀状を元旦に届けたいのなら12月15日~12月25日の間に出す必要がある。

 

だから年賀状を出すのは、12月15日~1月5日程度までと考えられる。

 

でもお正月というのは1月1日~1月3日という印象が強いから、やはり12月中には年賀状に出した方が良いんじゃないかな☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

年賀状関連の記事

せっかく年賀状を出すのだから、印象を悪くする要素を減らしたい。

 

だから、年賀状に使う言葉なんかには気を付けるようにしよう。

年賀状のマナー!文章でよくある5つの勘違い言葉で笑われるかも?

年賀状を会社宛で?書き方のマナーには注意!

年賀状に個性を出すときのお悩み

年賀状に個性を持たせたい場合、やっぱり絵柄のデザインを自分でするのが一番。

 

でもプリンターが無いから──と、心配の方は印刷サービスを利用してみると良いかもしれない。

年賀状の印刷をしたいけどプリンターがない?そんな時はこの方法で!

書き損じた年賀状の扱い

手書きだと年賀状を書き損じてしまうこともある。

 

このような時には、お近くの郵便局に持っていってみよう。

 

時期にもよるけど、新しい年賀状と交換してくれるよ。

年賀はがきの交換はいつまで?書き損じを有効活用する方法

スポンサードリンク