救急箱は、
イザというときに必要になる。

救急箱

 

だから中身はしっかりと、
揃えておきたいところだけど──。

 

家庭の救急箱の中身は、
どのような物を揃えておけばいいのだろう?

 

今回は、
家庭の救急箱の中身について、
リサーチをしてみたよ。

 

家庭のイザ!に役立つかもしれない情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサーリンク

家庭に置く救急箱の中身について

家庭に置く救急箱の中身として、
これからお伝えする物は、
最小限入れておきたい。

 

でもとして、
家族の体質やこれまでの病歴を考え、
いくつか適切な物を加えよう。

 

例えば、
小さな子供がいる家庭であれば、
小児用の薬を用意するなどしたい。

 

救急箱の注意点

中身

救急箱は、
イザという時に役立たないと、
意味はない存在。

 

だからイザという時に使えるように、
中身の品質保持には気を付けたい。

 

品質保持も含めて、
以下の点に注意をするようにしよう。

 

救急箱の注意点
  • 半年に1度は中身を点検をする
     ○古くなった物は捨てる
     ○少ない物は補充する
  • 薬を使ったら救急箱に戻す
  • 新しい物を入れるとき日付を記入する
  • 救急箱の中身を書いたメモを入れておく
  • 添付文書や外箱も一緒に保管しておく
  • 救急箱の保管場所に注意
     ○湿気が無く直射日光が当たらない場所に置く
     ○子供の手が届かない場所に置く

 

とりあえず、
これらのについては、
気を付けた方がいいよ。

 

家庭に置く救急箱の中身は?

家庭

ここから本題

 

家庭に置いておきたい、
救急箱の中身について、
お伝えするよ。

 

最初の方で書いたけど、
これらに家族の体質などを考慮して、
するようにしよう。

 

家庭に置く救急箱の中身は?
  • 消毒薬
     ○傷口にしみない物がいい
     ○最近は使わない
       →消毒すると治りが遅くなったりするため
         最近のやり方は?
          1.傷は水道水で洗う
          2.ドレッシング剤と呼ばれる被覆材を使う
     ○消毒薬などは殺菌に使う事の方が多い
       →ピンセットなどの殺菌
     ○災害時に手指の消毒にも使えるので用意したい
  • かぜ薬
     ○総合感冒薬が良いとされている
       子供~大人まで使える物が人気
  • せき止め
  • 解熱鎮痛薬
     ○子供~大人まで飲める物を
  • 吐き気止め
  • 胃腸薬
     ○薬局で相談して購入すると良い
       伝える内容
        1種類でなんでもカバーできる常備薬の胃薬
  • 下痢止め
     ○冷えや暴食などが原因以外なら使わない
     ○細菌やウイルスが原因だと症状が悪化するため
  • 整腸薬
     ○軟便や整腸に使う
  • 下剤
     ○便秘の時に使う
  • うがい薬
     ○風邪などの予防に使う
  • 湿布薬(しっぷやく)
     ○冷感湿布というタイプの物を用意する
     ○温感湿布は慢性疾患用だから救急箱には合わない
     ○非ステロイド生消炎鎮痛剤の入ってるタイプ
       →妊婦への使用が禁止されている
  • 皮膚薬
     ○色々なタイプがある
     ○薬の効果を確認してから購入する
     ○皮膚薬の例
       湿疹用
       化膿した傷用
       火傷用
       抗炎症剤など
  • 傷用薬
  • 虫刺され用の薬
     ○子供がいるのならパッチタイプの方が良い
       →掻き壊すリスクが少ないから
  • アレルギー薬
     ○鼻炎や痒み、じんましんなど
  • 目薬
     ○充血やものもらい、異物の洗い流しに使う
     ○刺激の少ない物が人気
  • 坐薬やシロップ剤
     ○使いやすい形をした物を用意
  • 酔い止め薬
     ○乗り物酔いをしやすい人が家族にいる場合に便利

 

全部は無くてもいいけど、
必要だと思う物はしっかりと、
入れておこうね。

スポンサードリンク

薬と共に救急箱に入れておきたい物

救急箱に入れておきたいのは、
薬だけじゃない!

 

イザという時に役立つ、
ピンセットなども入れておこう。

 

では薬以外に、
救急箱に入れておきたい道具には、
どのような物があるのだろう?

 

薬と共に救急箱に入れておきたい物
  • 滅菌ガーゼ
     ○止血などに使う
  • ガーゼ止め用テープ
     ○ガーゼや包帯を固定するのに使う
     ○紙性ならかぶれにくいのでオススメ
  • 脱脂綿
     ○傷口の消毒などに使う
  • 包帯
     ○伸縮性のある物を用意したい
     ○最低でも2本は用意しておく
  • 綿棒
     ○薬を塗ったり異物を取るのに使う
  • 体温計
     ○デジタル式なら子供の体温を計るのが楽
  • マスクなど
  • 三角巾
     ○手足や頭を包むのに使う
     ○止血にも使う
     ○巻き方を覚えておきたい
  • 氷のう・氷枕
     ○発熱しているときに使う
  • 絆創膏
     ○大と小を用意しておく
  • 創傷被覆材
     ○キズパワーパッドなど
  • はさみ
     ○衛生面を考えて専用の物を用意する
     ○ガーゼや包帯を切るときに使う
     ○少し小さめで先端が丸い物が良い
  • ピンセット
     ○使った後には消毒をする
  • 毛抜きやとげぬき
     ○とげが刺さったときに使う
  • 爪切り
     ○爪が割れた時などに使う
  • ストッキング
     ○湿布薬を固定するのに使うと良い
     ○適度な圧迫のため使いやすい
  • ナイフ

 

置き薬サービスを活用するのも手

救急箱

を用意するのは、
けっこう大変。

 

すぐには用意できない!
そんな人も多いと思う。

 

このような場合は、
置き薬のサービスを利用すると、
良いかもしれない。

 

近所に薬局が無いなどの、
薬を用意できない場合も、
置き薬のサービスは便利だよ。

 

ただ、
いらない物も勧めてくるから、
その点には注意が必要だけどね。

 

終わりに

今回は家庭に置いておきたい、
救急箱の中身について、
リサーチをしてみた。

 

ここに書いたのは、
あくまで一例

 

薬の効果によっては、
ここまで多くは必要としない場合もあるから、
何を置くかはあなた自身の手で調整してね。

 

それと救急箱は、
直射日光に浴びさせないようにしたり、
中身を劣化させないように注意をしよう。

 

イザ必要になったとき、
中身が劣化していたら残念だからね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい