足の臭いを消す|重曹の凄い効果がアナタの足を救う!

足の臭いが酷いと、人と話すときなんかに居心地の悪い。

 

そこで今回は、足の臭いを消す方法として重曹を使った方法をお伝えするよ。

 

重曹は安いしスーパーなんかで手軽に買えるから、足の臭いが気になる方は試してみると良いかも。

 

気になる足の臭いを消す重曹情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

足の臭いを消す重曹ってどんなの?

重曹の正式名称は炭酸水素ナトリウム。

 

白い粉末として売られている。

 

一般的には、消化剤や食品添加物として使われることが多い。

 

最近だと、重曹が脱臭や洗浄に役立つとして掃除なんかで使われることも増えている。

足の臭いが発生する原因

臭い

足の臭いというのは、垢となった汗、角質、皮脂を、細菌が分解することで発生する。

 

細菌が垢を分解すると、イソ吉草酸(いそきっそうさん)が発生し、この物質が足の臭いの原因となる。

イソ吉草酸について

イソ吉草酸が、足の臭いの最大の原因。

 

このイソ吉草酸は、納豆のにおい成分でもある。

重曹が足の臭いを消す理由

重曹は足の臭いを消す。

 

これは重曹がアルカリ性で、イソ吉草酸が酸性であるため。

 

アルカリ性と酸性が結びつくと中和されるよね。

 

重曹のアルカリ性によって、イソ吉草酸の酸性が中和されて臭いが消えるんだよ。

重曹が足の臭いを消すもう一つの理由

重曹には吸水効果がある。

 

中和による効果ほどではないけど、この給水効果も消臭に一役買っている。

足の臭いを消すときに購入する重曹の注意点

重曹と一言でいっても色々な種類がある。

 

中には、足の臭いを消すのに向かない物もあるから注意が必要。

 

例えば台所の汚れ落ちし用の重曹には発泡剤や界面活性剤が含まれており、肌に使うのには刺激が強すぎたりする。

 

こういった事情があるから重曹を購入する時には、しっかりと重曹に書かれた使用用途を確認をする必要がある。

重曹で足の臭いを消す方法

消す

重曹で足の臭いを消すのであれば、重曹水を使った足湯がオススメ。

 

重曹は粉末として売られているけど、水に溶かすことで使いやすくなる。

 

この重曹水を作るのは簡単。

 

重曹水の作り方
  1. 道具を用意
     ○密閉容器(ペットボトルなど)
     ○水
     ○重曹
  2. 容器内で水に重曹を混ぜる
     ○水と重曹の割合
       →重曹を大さじ3杯
       →水を1リットルの割合で
  3. 容器に蓋をする
  4. よく振って完成

 

これだけで、重曹水は完成

スポンサードリンク

重曹水の使い方

作った重曹水をスプレーボトルに入れれば、消臭スプレーの完成。

 

家に帰ってから、にスプレーするなどの手軽な使い方が基本。

 

でもより強力な使い方として、重曹水に臭い物を浸けるという方法がある。

重曹水に臭い物を浸ける方法

重曹水に靴下や靴を一晩浸けてから重曹を洗い流せば大概の臭いが消える。

 

でも洗濯機で重曹水を使うと、内部が詰まる原因になるから絶対に洗濯機には使ってはいけない。

 

この重曹水なんだけど、足の消臭に使うのな足湯という方法もある。

 

なお、コチラの記事で靴の臭いを消す方法をお伝えしてみた。

足の臭い対策は靴がカギ!取れないニオイはこれで防げ

 

重曹水を使った足湯について

足

重曹水で足の臭いを消すのなら、足湯という形がオススメ。

 

どのように重曹水で足湯を行うのかというと──

 

重曹水を使った足湯の行い方
  1. 道具を用意
     ○洗面器
     ○重曹水
  2. 洗面器に重曹水をあける
     ○重曹水の量は足首が浸かる程度
  3. 重曹水の中に足をつける
     ○浸ける時間は10~15分間
  4. 足を軽く洗い流して終了

 

お湯を使って重曹の足湯を行う場合

お湯を使って重曹の足湯を行う場合、お湯が覚めないように注意をする必要がある。

 

だから予め重曹水を作っておくという方法ではなく、足湯を行う直前にお湯に重曹を混ぜることになる。

 

お湯を使って重曹の足湯を行う方法
  1. 道具を用意
     ○洗面器
     ○お湯
     ○重曹
  2. 洗面器などにお湯を入れる
     ○お湯の温度は38℃~40℃
     ○お湯の量は足首が浸かる程度
  3. お湯に重曹を溶かす
     ○最初の頃は小さじ1杯から始める
     ○肌に違和感が出ない範囲で重曹の量を調節
       →大さじ3杯まで調整可能
  4. 足湯に10~15分、足を浸ける
  5. 足を軽く洗い流して終了

 

重曹風呂は毎日入ってはいけないけど、重曹の足湯は毎日入ることも可能だと言われているよ。

 

ただ肌の調子を見て、調子がおかしい場合は控えたり濃度に気を付けたりしよう。

少し変わった重曹の足湯

足湯を行うとき、重曹水にクエン酸を混ぜると炭酸足湯を楽しめる。

 

使うクエン酸の量は、重曹の半分が目安。

 

炭酸の気泡には色々な効果がある。

 

その効果というのは──?

  • 角質を柔らかくする
  • 皮膚の汚れを浮かす
  • 血行を良くする

──こんな効果があるから、容に良い足湯だと言える。

 

重曹を使っても足の臭いが消えない場合

重曹

重曹を使っても足の臭いが消えなかった!

 

そんな時は、イソ吉草酸以外が原因かもしれない。

 

足の臭いの原因はイソ吉草酸が主なんだけど、アンモニア臭などアルカリ性の原因である場合もある。

 

このような時には、ミョウバン水を使おう。

ミョウバン水について

ミョウバン水は酸性だから、アルカリ性であるアンモニア性の臭いを中和することが可能。

 

また金属成分によって酸化還元反応が起こるから、消臭効果がすごく高い。

 

さらに肌を引き締め、細菌が繁殖する原因である汗が出るのを抑える働きもある。

終わりに

今回は足の臭いを消す方法として、重曹を使った方法をお伝えしたよ。

 

重曹は安く大量に手に入るから、気軽に使うことが出来る。

 

でも肌に異常を感じたら、使う頻度や濃度を変える必要がある。

 

または使用をやめるなどの注意もしたい。

 

重曹は便利だけど、健康に気をつけて使うようにしようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク