出雲大社って縁結びの効果が凄い!

出雲大社

 

こんな噂が江戸時代辺りから、
日本全国に広まった。

 

今回は良縁を求める方に向けて、
出雲大社のご利益と効果に関する情報を、
リサーチしてみた。

 

良縁を求める方必見の情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサーリンク

出雲大社とは?

出雲大社の正式名称は、
いずもおおやしろ

 

でも一般的には、
いずもたいしゃという名前が有名。

 

出雲大社と縁結び

出雲大社が縁結びの効果で有名な理由は、
祭っている大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)にある。

 

世間では大黒様として親しまれている大国主大神。

 

大国主大神が天照大神に国譲りをしたときに、
縁を結ぶことを司るようになったことで、
出雲大社が縁結びに効果があるといわれるようになった。

 

大黒様と大国主大神の関係について頂いたコメント

大黒様と大国主大神の関係について、
以下の情報をコメントとして頂きましたので掲載させて頂きます。

大黒様と大国様ではイコールとは言いきれぬ説があります。七福神の大国様と記載がありますが古くのゆわれは違ってくるのではないですか?または転じて成り立つ説やゆわれはご存知でしょうか?

なぜ、このお話をしたかと言うと天となれば仏では4階となるからです。生まれた地は同じと推測できますが、神仏分離前から大国主が釈迦如来様以上に神々の集まる場所として考えられる説に疑問が出るでしょう。国生みとされた方であり違ってくるのではないですか?

 

出雲大社のご利益

出雲大社

出雲大社は、
縁結びで有名。

 

だから出雲大社に訪れる方の多くが、
恋愛成就などが目的。

 

でも出雲大社は、
縁結び以外にも様々な、
ご利益がある。

 

大国主大神は国づくりの神。

 

国土を開拓して国をつくったりしながら、
人々の生活の基礎を築いた神様。

 

だから出雲大社は
国作りに必要な分野全般に、
ご利益があるとされている。

 

出雲大社例
  • 農業
  • 商業
  • 医療
  • 殖産など

 

出雲大社の影響で出雲地方の10月は一味違う

縁結び

出雲地方では、
10月を他の地方と違う呼び方をする。

 

出雲大社には旧暦10月になると、
他の地域から次の年のことを話しあったり、
新儀のために神様が集まるとされている。

 

出雲大社に神様が集まるため出雲地方では、
旧暦の10月を神在月と呼んでいる。

 

 一方で神様が出張する他の地域からは、
神様がいなくなるとされているので、
旧暦の10月を神無月と呼んでいる。

 

旧暦10月の呼び方の違い
  • 出雲地方=神の在る月=神在月と呼ぶ
  • 他の地域=神の無い月=神無月と呼ぶ

 

出雲地方は神在月(旧暦10月)になると、
八百万の神々が集まる。

 

そして大国主大神の御許しで、
縁結びの神儀も行われると言われている。

 

出雲大社での拝み方

 一般的な神社の拝み方は二拝二拍手一拝、
一方で出雲大社の拝み方は二拝四拍手一拝

ogamu01

 

一般的な二拝二拍手一拝との違いはというと……

………………………

………………

………

拍手の回数が多いだけ!

 

実際には二拝四拍手一拝を行うことには、
明、浄、正、直という神道の精神を表す事になるなど、
いくつかの説が存在している。

 

でも、とりあえずは形から入っていくという感じで気軽に参拝を…

 

二拝四拍手一拝の作法
  1. を鳴らす
  2. お賽銭をあげる(お賽銭を投げたら神様に失礼)
  3. 背筋をまっすぐに伸ばす
  4. 90度腰を曲げて3秒間程度お辞儀をする
  5. 再び背筋をまっすぐにする
  6. 90度腰を曲げて3秒間程度お辞儀をする
  7. 4回拍手をする
     ○拍手するとき
       親指同士が当たらないように右手は少し胸の方に引く
     ○拍手は胸の前で行うけど、大きな音は出さなくてもいい
  8. 背筋をまっすぐに伸ばす
  9. 90度腰を曲げて3秒間程度お辞儀をする

 

以上の所作で

  • 2回お辞儀(二拝)
  • 4回拍手(四拍手)
  • 1回お辞儀(一拝)

 

これらを終えたので、
二拝四拍手一拝になる。

 

出雲大社をお参りをする順番

縁結び

出雲大社は、
万遍なく回るのが難しいほどに、
規模の大きな神社。

 

だから、
どのように回るのか少し迷ってしまうと思う。

でも出雲大社には、
お参りをする順番という物が存在するよ。

 

だから、
以下の順番で周る事にしよう。

 

出雲大社をお参りをする順番
  1. 鳥居
  2. 参道を通る
     ○祓社(はらいのやしろ)や祓橋(はらいのはし)
     ○これらには心身を清める効果があるとされる
  3. 手水舎で手や口を清める
     ○祓橋の先に在る
  4. 縁むすびの碑
     ○手水舎の手前にある
       松の参道から本殿側に向かって左側にある
     ○お参りは手水舎でお浄めをした後が理想
  5. 御慈愛の御神像
     ○幅広い幸福を与える効果があるとされる
       仕事運、金運、恋愛運、けじめをつける、傷心を癒す
     ○手水舎と縁むすびの碑のすぐ近くにある
  6. ムスビの御神像
     ○様々な縁を結ぶ効果がある
     ○縁の例
       恋愛、仕事、健康、家族、友人の縁など
     ○参道を過ぎて拝殿に向かうとき右側にある
  7. 拝殿に到着
     ○銅鳥居の先にある
  8. 八足門(やつあしもん)
     ○拝殿の後ろに回るとある
     ○ここで本殿に向かって参拝をする

 

これで参拝は一区切り。

 

軽視しがちだけど、
参道を通ることを大切にすると、
ご利益を受け取りやすくなるよ。

 

なぜなら神様は穢れを嫌うから。

 

祓社や祓橋をしっかりと歩いて、
穢れを落とすようにしよう。

 

余裕があるのなら

余裕があるようなら、
御本殿の裏側にある、
素鵞社にも足を運ぼう。

 

素鵞社は出雲大社の、
隠れたパワースポット

 

素鵞社の御祭神は、
大国主大神の父神様の、
素戔嗚尊(すさのおのみこと)。

 

とても強いパワースポットとして、
密かに知られているのだとか。

スポンサードリンク

出雲大社のお守り

神社につきものなのがお守り。

 

出雲大社でも、
様々なお守りが用意されている。

 

縁結びだけでなく、
様々なお守りがあるよ。

 

では、
どんなお守りがあるのかというと──

 

出雲大社のお守り(12種類)
  • 蘇り守
     ○大遷宮記念の期間限定お守り
     ○60年に一度行われる大遷宮の記念品
     ○大遷宮とは神殿を新しくすること
  • しあわせの鈴
     ○朝夕に鈴を鳴らすと幸せになれる
     ○鈴の大きさで2種類ある
  • 長寿守
     ○長生きしたい人向け
  • 生弓生矢
     ○生弓生矢は”いくゆみいくや”と読む
     ○試験の合格を目指す人向け
  • 学業守
     ○学力向上を望む方向け
     ○学習環境が整う事から効果が始まるとか
  • 縁結びの糸
     ○縁結びのアイテム
     ○ネックレスやブレスレットとして肌身離さず持つ
  • 厄除け
     ○運気の基盤を固める効果
  • 交通安全
     ○不慮の事故を回避する効果
  • 壮気健全
     ○健康を守る効果
  • 縁結守
     ○恋愛のみならず様々な人の縁に恵まれる
  • 安産守
     ○子宝に恵まれる
     ○出産を控えている、出産したい方向け
  • 開運守
     ○運気を開く

 

出雲大社にカップルや夫婦…別れる?

kappuru01出雲大社は縁結びの神社だから、
カップル、夫婦で行くと別れるの?という噂がある。

 

出雲大社には地元のカップルは大抵デートに行く。
そしてイチャつきながら歩いているヽ(`Д´)ノ

 

他にも出雲大社で結婚式を行う人も多く
北島国造館のお庭も素晴らしいので、
結婚アルバムの前撮りをするカップルも多い。

 

出雲大社を歩くカップルや夫婦が多いので、
全てが別れることはありえないから、
別れるかどうかは出雲大社が原因とは考えにくい。

 

出雲大社の縁結び効果は拝むだけじゃない!

縁結びで有名な出雲大社には、
縁結び効果があるとされる様々な噂もある。

 

 今度は出雲大社にまつわる恋の噂を:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

出雲大社の恋の噂

出雲大社にカップルで行くと別れるという噂が怖い!

そんな方は、こちらの噂を試すのも良いかも?

 

噂1…畑電車の出雲大社前駅にあるステンドグラス。
このステンドグラスの光をカップルが浴びると必ず結ばれる。

 

噂2…出雲大社の東にある古代出雲歴史博物館の桂。
桂(ハート型の葉)の並木道で愛を誓うと叶うとも…

 

 出雲大社って縁結びの効果が凄い まとめ

出雲大社

出雲大社が祭っているのは大黒様。

 

大黒様は七福神としても有名。

 

七福神として馴染みの深い大国様は、
日本人には人気が高い神様。

 

縁結びを求めなくても日本文化の再確認ということで、
出雲大社に行ってみるのも良いかもしれない。

 

………

……

 

 七福神を変換ミスしたら→s血副腎←変な病名みたいになった。。

 

縁起悪いっす(((( ;°Д°))))

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい