自分時間の確保は人生を充実させるのに大切だと言われている。

 

趣味に使ったり、スキルを身に着けたり、旅行に行ったり色々と色々なことに自分時間は使える。

 

そういった色々な使い方がある中で、特に有効的な活用方法の一つとされるのがリラックスする時間。

 

1日中すべての時間をリラックスするのに充てる必要はなく、寝る前のわずかな時間などを使う手もある。

スポンサードリンク

自分時間を楽しむために必要なリラックス

仕事やプライベートが忙しい日が続くと疲れが溜まり、思考がネガティブな方向に傾きやすくなったり集中力が失われたりする。

 

またストレスが心身に蓄積することで、睡眠不足や便秘などといった結構にかかわる面にも悪影響が出てくる。

 

このため生活に悪い影響が出やすいため、定期的にリラックスをして心身を休ませることが大切になってくる。

 

そのためのリラックスなんだけど、やり方さえ知っていれば自宅で手軽に行えることも可能。

 

時間的にも短時間で行えることが多いので、身近な自分時間を作ってリラックスする時間を日常の中に取り入れていっても良いかもしれない。

 

自分時間のリラックスできる使い方

自分時間を使ってリラックスするのなら、以下の方法であれば比較的手軽に行える。

 

とはいえ、多少の知識は必要となるので勉強する必要はある。

 

だから興味のあるリラックス方法を実践するという形が良いのではと思う。

 

リラックス方法
  • 瞑想
     ○人生が変わるとすら言われている
  • 湯船に浸かる
     ○欠航やリンパの流れが良くなる
  • 体をほぐす
     ○ヨガやストレッチ
  • 暖かい飲み物
     ○緊張をほぐしてくれる
  • ツボを押す
     ○ネットなんかではツボの動画も多い

 

もっと効率的にリラックスできる方法

リラックスをする方法を実践する場合、心掛けることでより効率をよくするポンとが存在する。

 

もっとリラックスする方法
  • 部屋の工夫
     ○自然光を取り入れる
     ○観葉植物を置く
     ○夜は薄明るい程度で過ごす
      →強い光は神経を高ぶらせるため
  • 服の工夫
     ○ゆったりした服を着る
      →締めつける服は血行が悪くなる
  • 睡眠はしっかりととる
     ○疲れが残っているとリラックスできない
     ○寝る前にはスマホやパソコンの使用を終了
      →遅くとも1時間前には
      →強い光が脳を覚醒させるため
  • 趣味を持つ
     ○夢中になることがあると生活にメリハリが
      →リラックスに集中しやすくなる

 

リラックスできるハーブティ

手軽にリラックスできる方法にハーブティーを飲むことがよくあげられる。

 

ハーブティーはノンカフェインの物が多いので、大半が寝る前に飲んでも睡眠の質に悪い影響を与えずに済む。

 

ただハーブティーの香りは、種類ごとに好みが大きく分かれる傾向にある。

 

だからハーブティーを初めて飲む場合は、代表的なのをいくつか試してみて好みの物を探してみることから始めたい。

 

このハーブティーは、リラックスする前に飲むとよいとされる代表的なものが存在する。

 

そのハーブティーの代表例は、ラベンダー、カモミール、レモンバーム。

 

ラベンダー

鬱症状や不安症にも有効であるといわれるほど、高い気持ちを落ち着かせる効果を期待できる。

 

カモミール

リンゴに近い香りの初心者向けの飲みやすいハーブティー。

 

でも独特な香り(薬草っぽさ)もあるので、苦手とする方もいるかもしれない。

 

レモンバーム

レモンの香りが特徴的なハーブティー。

 

正確にはミントとレモンが混ざったような香り。

 

ハーブティはリーフとティーパックのどちらがお勧め?

ハーブティーのタイプには、乾燥させた葉が丸見えのリーフとティーパックとがある。

 

これらはティーパックの方が淹れやすいので、ティーパックは初心者用であると考えていい。

 

一方でリーフの方は、少し淹れるのにテクニックが必要だけどブレンドの工夫をしたりお湯に葉が揺らぐ様を楽しむなどの少し上級者向けの面白さがある。

 

ハーブティーの注意点

ハーブの中には、妊婦さんや特定の体質の方は飲んではいけないものがある。

 

だから初めて飲む種類のハーブティーは、飲む前に確認をしておきたい。

 

また、ハーブティーは香りが好みかどうか人によって大きく分かれる。

 

このため初めて飲むハーブティーを買うときは、事前に香りを確認するか買うのを少量だけにしするかした方がいい。

 

ハーブティーの好みは、苦手な香りだと全く飲めないということもあるほど。

 

だから飲めなかった場合を考えた行動も大切になる。

スポンサードリンク