小銭貯金は、名前の通り小銭を少しずつ毎日貯めていく貯金方法。

 

小銭貯金である程度お金が貯まる→貯金用口座などに入金という流れで行うのが一般的。

 

予備知識なしでも行うことができるけど、いくつかの工夫をしっておくとより効果的になる。

 

今回は、そんな小銭貯金の工夫についてお伝えする記事。

 

小銭貯金の工夫はどうする?

小銭貯金は、毎日のように貯金箱などに小銭を入れていく貯金方法。

 

行うのに特別な知識は必要ないけど、続けるのが意外と大変だったりする。

 

だから続けるための工夫を知っておくことが、小銭貯金を続けるのにはとても大切になってくる。

 

具体的にには無理のない範囲で貯金をする、貯める期限か目標金額を決めるといった工夫。

 

また、どのような小銭を貯金に回すのかを決めておくことも、長く続ける工夫の一つになる。

 

例えば1日の終わりに財布に入っている小銭をすべて貯金に回す。

 

コーヒースタンドなどに行ったつもりで缶コーヒーを買い、差額を貯金に回すつもり貯金など。

 

小銭貯金は預入時に注意が必要!

小銭貯金は、預け入れなどで損をしてしまうことが多い。

 

ここでは、そんな預け入れ時に損をしやすいポイントをお伝えさせていただく。

 

預入する際は枚数に注意!

小銭貯金は、ある程度まで小銭が貯まったら銀行などで口座に預け入れをするか両替をしたりする。

 

この入金できる硬貨の枚数には制限がある点には注意をしよう。

 

まず入金の際には、小銭の場合は無料で入金できる枚数が100枚程度までということが多い。

 

だから1週間や1ヶ月間といった短期間で入金するなどの工夫を行い、1度に口座に入れる効果の枚数を少なくしたい。

 

でも多少の時間をかけてもよい場合は、数回に分けてATMから預け入れをする方法もある。

 

でもこの際には1度ATMから入金すると数分間ATMは使えなくなる点には注意をしたい。

 

このため数回に分けてATMを使う場合は、混む日やピーク時は避けるようにした方がいい。

 

また何枚まで無料なのかについては、銀行によって違うけど100枚~300枚まで無料という場合が多いので確認することを忘れないようにしよう。

 

両替は小銭貯金と相性が悪い

小銭貯金をする場合、基本的に両替は行わないほうがいい。

 

両替マシンの手数料は200~400円で、銀行窓口などだと更に高い手数料が必要になるから。

 

小銭貯金で200~400円の出費はもったいないので、両替は行わない方が良い。

 

ゆうちょ銀行は小銭貯金と相性が悪い

ゆうちょ銀行は、最近になって硬貨取扱料金が設定された。

 

ATMでは1枚から手数料が掛かる上に、窓口の預け入れも無料なのは50枚まで。

 

一方で銀行であれば100枚~300枚まで無料のところが多いので、ゆうちょ銀行よりも他銀行を利用した方が良い。

 

窓口とATMのどちらが良いのか?

銀行窓口を利用する場合、小銭が何枚あるのかを事前に確認しておく必要のあるところも多い。

 

だから入金する小銭の枚数を把握していない場合はATMを利用した方がいい場合が多い。

 

スポンサードリンク