台風15号

韓国をホワイト国から外すというような報道がなされた。

日本では支持の声が大きく、韓国は猛反発という予想通りの状態。

そんな中、今回の措置を一部の日本メディアは事実上の輸出規制としていて報道しているが、それは勘違いかもしれない。

スポンサードリンク

この記事は以下を私なりにまとめてみた物です。
誤解だらけの「韓国に対する輸出規制発動」

メディアの報道

メディアでは──

  • 事実上の禁輸を行った
  • 自由貿易を掲げる日本に各国から批判が集まる懸念
  • 恣意的なルール変更と各国に解釈される
  • WTO協定違反の疑いもあるグレーな措置

──こういった報道がされている。

でも、こういった考えは間違いであるという指摘がある。

実際は2003年に戻すだけ

2004年に韓国は、日本で輸出の際に手続きの簡略化を認めるホワイト国に認定された。

今回、韓国をホワイト国から外す事になり、これを禁輸措置と混同するメディアも多い。

でも実際は、韓国をホワイト国として扱うようになるまでの2003年に戻すというだけ。

 

それに、ここに至るまでには韓国側がホワイト国でいるための協議を行わない等の色々な問題も存在したとされる。

だから今回の措置を、恣意的なルール変更、自由貿易を掲げる日本に各国から批判が集まる懸念、事実上の禁輸を行った、こういった批判をするのはおかしい。

 

もしも今回の件が批判されるのなら、2003年までの貿易が批判されなければならなくなる。

また、WTO協定違反の疑いもあるグレーな措置というメディアの報道も、『じゃあ、2003年までの貿易もWTO協定違反なの?』という話になってしまう。

韓国をホワイト国から除外するとは具体的に何が変わる?

ホワイト国として日本に扱われていた韓国。

それが今回、ホワイト国から除外される運びとなった。

 

ではホワイト国から韓国が除外される事で、貿易にどのような変化が訪れるのだろう?

その答えを単純に言えば──

  • ホワイト国であれば:包括許可を得れば3年間は自由に輸出できる
  • ホワイト国除外後:契約ごとに個別許可が必要となる

──ようは契約が面倒になるというだけ。

韓国のホワイト国除外後の個別許可の間違い

出荷ごとに許可が必要となるので、高頻度で工場から韓国に出荷するスタイルのビジネスは停滞するという報道もある。

 

でも実際は、一つの契約で数回に出荷を分けるビジネスであれば、一度の個別許可で大丈夫。

出荷をするたびに許可を得る必要はない。

決して対抗措置にはなりえない

今回の、韓国をホワイト国から除外するという措置。

これを事実上の禁輸措置だと語るメディアも多い。

その理由は「個別の許可が必要となったので、韓国側から許可の申し出があっても許可を出さなければ禁輸措置と同等になる」というもの。

 

でも実際は、禁輸措置とするのは不可能。

日本は法治国家であり、恣意的に法律を運用すれば輸出者から訴えられかねない。

 

そして法治国家であるがゆえに、恣意的な法律の運用が原因で訴えられた場合は敗訴の可能性が濃厚。

よって今回の件を禁輸のために使うのは、日本側にとってもリスクが高過ぎるという事になる。

今回の措置はあくまで本来の扱いに戻すだけ

韓国をホワイト国から外すというのは、2003年まで行われていた本来の手続きに戻すというだけ。

これまでの優遇措置を無くすというだけであり、決して禁輸措置とは言えないもの。

輸出するときに個別許可が必要になるけど、これは輸出管理において国際的な原則に過ぎない。

ホワイト国ってなに?

ホワイト国というのは日本独自の言葉。

このホワイト国というのは簡単に言えば、輸出管理で信頼できる国として認定されたという意味合いを持つ。

何をもって信頼できるか判断するのか?

ホワイト国の認定には、主に2つの要素が重要となる。

  • 欧米主導で行われてきた分野ごとに4つある輸出管理の枠組みに参加している事
  • 国内で厳格な輸出管理を行っていること

もちろん、これ以外にも色々な判断要素があるのは言うまでもないけど。

少なくともこの2つは、絶対に満たしていなければならない要素。

ホワイト国から外されたのは韓国の何が問題だったのか?

韓国を信用できない国とする理由は、近年のやらかした事を考えれば数が多過ぎるほどにある。

そういった理由の中に、先に述べたホワイト国に認定される2つの要素のうち、”2つ目は国内で厳格な輸出管理を行っていること”に反しているという話しが挙げられる。

 

厳格な輸出管理を確認するために、定期的な協議が行われている。

他のホワイト国と日本は実施しているのに、なぜか韓国はこの協議に応じようとしないことが何年か続いていたとされる。

このことが政府の会見で述べられた「輸出管理の信頼関係が崩れている」という話に繋がったのではという考えもある。

あくまで貿易上の話

メディアの中には、韓国がホワイト国から外れたのは”安全保障上の友好国でなくなったことである”と伝えた所もある。

でも、それはない。

 

韓国以外にも、安全保障上の友好国と呼べる国は存在する。

例えばインドやインドネシア。

 

これらの国は、安全保障上の友好国ではあるけどホワイト国として認定されてはいない。

だから”韓国がホワイト国からはずされた”=”安全保障上の友好国ではなくなった”という図式は存在しない事になる。

日本に対する批判報道について

今回の件は、世界的に見て一般的な輸出の形に戻したに過ぎない。

自由貿易に逆行すると各国から批判が出るというメディアもいるけど、

  • 「ホワイト国以外は同じ輸出手続きを行っていますよ?」
  • 「EUがホワイト国と同じ扱いをしているのは日本を含めた8カ国だけで韓国は含まれていませんよ?」

このような話になってしまう。

 

またWTO協定違反の疑いもあるグレーな措置とする方もいるけど、一般的な輸出手続きが必要になるに過ぎない。

一方で、ようやく日本政府がまともな対策を行ったと考える人も注意が必要かもしれない。

韓国をホワイト国からはずしたのは、徴用工問題など韓国の悪行への対抗措置とは考えにくい。

なぜなら先に述べたように韓国はホワイト国であるための協議に応じないなど、外されない方がおかしい事を続けてきたから。

もっとも、いずれ行うハズだった措置を行うタイミングを調整して韓国への警告となるようにしたというのはあるだろうけど。

なんで韓国相手だとマスメディアは狂うのだろう?

ホワイト国から外し、通常の扱いに戻しただけの今回の措置。

それを何故か、輸出制限や報復だと語るマスメディアがほとんど。

でも少なくとも今回の措置は、優遇していたのを通常に戻すというだけ。

この辺りを、しっかりと報道してもらいたいものだ。

ホワイト国からの除外前に行われた手続きの厳格化

韓国に対して8月から行われる予定のホワイト国からの除外。

それに先立ち行われた、輸出手続きの厳格化。

ここでは、その情報についてまとめておく。

不適切な事案とは?

今回輸出手続きが厳格化された物質は、いずれも軍事転用が可能。

※手続きが厳格化されたのは、フッ化ポリイミド、レジスト、エッチングガス(高純度フッ化水素)の3品目。

フッ化ポリイミドは、化学兵器の製造にも使われる。

エッチングガスとレジストは戦闘機やレーダーなどの通常兵器にも使われる。

これらが韓国が北朝鮮に流していた可能性が高いと考えられている。

そのまま放置すれば、日本の輸出管理に対して国際社会が疑念を抱きかねない。

こういった理由があり、韓国をホワイト国からはずしたのではと考えられている。

他の国はどう動くか?

当たり前の事だけど、どの国も自分達の国益が一番大切。

そんな中でむやみやたらに、今回のことに首を突っ込むような事はしないと考えられている。

それ以前に、韓国は優遇措置からはずされただけで、明確なWTO協定違反が無い状態。

さらに前韓国大統領から続く伝統ツゲ口外交もある。

日韓問題で日本に対して気の狂った避難をしてきた韓国に、日韓関係で関わりたくないという雰囲気すらあると言われている。

また官邸周辺からは、同盟国である米国などには事前に伝達してあると明かされている。

企業にとって韓国の魅力

韓国は、賃金や電力料金を引き上げている。

このため、韓国に投資する魅力は失われているのが現状。

今の状況で韓国が日本企業に何かをすれば、反日リスクを感じ更に投資に消極的になりかねない。

輸出手続きの厳格化やホワイト国除外の次は?

次は韓国通貨のウォンの信用を崩すのではとも言われている。

韓国の通貨であるウォンは、国際通貨ではない。

それに韓国の政府系の銀行は財務状況が健全ではないのは有名で、信用度はかなり低い。

このウォンを日本の銀行が保証する枠を与えているため、ドルなどの調達を行えている。

そんな優遇措置を取り消す可能性がある。

するとドルの調達が出来なくなり、輸出依存度の高い韓国は輸出が厳しい状況に。

結果、貿易赤字は増え続け、通貨ウォンが売られまくるのではと言われている。

スポンサードリンク