JR西日本

会場やらなんやらと、色々と言われていきた東京オリンピック。

新型コロナの影響により、中止を求める声が大きくなってきている。

それは個人だけでなく、スポンサーとなる企業からも。

スポンサードリンク

オリンピックへの影響でスポンサー離れ

新型コロナの東京オリンピックへの影響はかなり大きい。

産経新聞による、実施競技を統括している競技団体(NF)を対象にしたアンケート。

このアンケートには、対象となった82%の29団体が回答している。

スポンサー離れを懸念している

日本体操協会や日本陸連といった5団体は、スポンサー離れについてすでに影響が出ていると回答。

また他の団体も、今後に不安を抱えていると答えた。

こういった財政面の不安からか、選手の強化費が減額されるのではという不安も19団体から出ている。

とうぜん財政面の不安は、選手の心理面に影響が出るわけなので20団体がそのことを不安視していると述べている。

強化合宿などへの影響も

強化選手の練習環境については、7団体が自宅待機と答えている。

そして17団体は、選手自身や所属先に任せると。

アンケートに答えた29団体のうち、24団体がこのような回答。

だから新型コロナの影響で、選手は強化合宿などの力を入れた練習を行えていないと言える。

このまま練習不足の選手を集めてオリンピックが開催されても、盛り上がりに欠ける大会になる可能性も。

代表選手について

代表選手の選考にも影響が出るかもしれない。

例えば年度ごとに代表選手が変わるバレーボールなどの4団体は、一部で選手の変更が必要だと回答。

さらに他の12団体も検討中と。

オリンピック延期に付き合うスポンサーはいるのか?

現在は1年の延期をして開催するとされているオリンピック。

でも新型コロナが終息しているという保証は無い。

スポンサーとなるのは、もちろん宣伝効果を狙っている場合がほとんど。

だからオリンピックが中止となれば、スポンサー費用が宣伝費に変わることなく泡と消える。

このような状況でお金を出してくれるスポンサーは、どれくらいいるのだろう?

オリンピックのあり方を見直すべきでは?

新型コロナによって、オリンピック開催に大きな影響が出ている。

これを機に、組織の肥大化、環境、経済への負担について見直すべきでは? という意見もある。

新型コロナは給料に影響

アメリカ・オリンピック&パラリンピック委員会(USOPC)は、スタッフの給与を最大で20パーセントカットする予定であると発表されている。

今後数年間の収益の減少や、オリンピック中止による損害が、給与カットの主な原因としている。

2021年に開催できなければ

新型コロナの影響で1年の延期が決定した東京オリンピック。

日本オリンピック委員会(JOC)は、これ以上の延期があるのなら完全に中止したいと考えているとされている。

実際に中止になるのかというと、やっぱり新型コロナ次第。

一部では、新型コロナが今度の冬に更なる猛威を振るうという考えがある。

そしてワクチンや治療薬の開発に必要な期間は、およそ1年~1年半程度は必要だとも。

仮に開催したとしても

東京オリンピックは、観客無しで行うという提案もある。

でもこの場合でも多くの選手やスタッフが一カ所に集まり、オリンピック終了後には世界各地へと帰っていく。

このことが原因で、新型コロナ感染者が一気に増える可能性も指摘されている。

おわりに

オリンピックには、賛否両論色々な意見がある。

私は否定派。

東京にばかりお金を集めずに、もっと他の地域にお金を回せよ! っていうのが理由。

とにかくオリンピックにはお金が掛かる。

このお金を回収できるのならいいけど、現状だと回収できる可能性は高くない。

それに下手をすれば、会場に集まった選手やスタッフが新型コロナに感染して、再びコロナに猛威を振るわせるキッカケにもなりかねない。

リスクばかりだな、オイ( ̄Д ̄;;

スポンサードリンク