お盆のお供えの意味を、
聞いたことってあるかな?

 

今回のリサーチでまとめたのは、
へ~と納得するお盆のお供え物の意味

 

気になる、お盆の豆知識さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

五供の意味

一般的なお盆のお供えに、
五供と呼ばれる物がある。

 

五供というのは、
香,明かり,花,水,食べ物の、
五つを指す。

 

五供
  • :心身を浄化する線香の香り
  • 明かり:ご先祖様がいる場所を明るくする
  • :ご先祖様と仏様に喜んでもらうためのもの
  • :心を清らかにするという意味がある
  • 食べ物:私たちが食べている食事を出す

 

お団子

五供とともに、
お供え物として有名なのがお団子

 

お盆の団子と一言でいっても、
タイミングによって、
どんなお団子をお供えすれば良いの変わるんだ。

 

お団子
  • お迎え団子
     ○盆の入りに、ご先祖様をお迎えするときのお団子
     ○タレやあんこのお団子を用意する
  • お供え団子
     ○ご先祖様が滞在している時にお供えするお団子
     ○ゆっくりと滞在してもらうようにという意味を持つ地域もある
     ○おはぎをお供えする地域もある
  • 送り団子
     ○盆の明けに、ご先祖様のお見送りをするときにお供えするお団子
     ○一般的には、なにも付けない白いお団子

 

ほうずき

lampionblume-453713_640

地域によっては、
ほうずきをお供えする所もある。

 

ほうずきには、
提灯(ちょうちん)や迎え火の意味がある。

 

あと農作物がとれない時代には、
お供え物の代用として、
見た目が良いほうずきをお供えした名残でもある。

 

精霊馬

精霊馬は、しょうりょううまと読む。horses-584519_640

 

お盆になると、
棚に位牌とともに、
ナスやキュウリが添えられるよね。

 

子どものころ、ナスやキュウリには、
割り箸がさしてあることに、
気付いた人もいるかもしれない。

 

あの割りばしが刺さったナスやキュウリが、
精霊馬なんだ。

 

精霊馬
  • ご先祖様の乗り物
  • キュウリ:馬を表す
     ○馬は走るのが早い
     ○→ご先祖様が早く家に帰って来てくれるようにという意味
  • ナス:牛を表す
     ○牛は歩くのがゆっくり
     ○→ご先祖様は、ゆっくりと還れますようにという意味
  • 別の説:ご先祖様は馬に乗り、牛には供物を乗せる
     ○→楽に帰れますようにという意味

 

精霊馬は、
お盆の間は、ずっと飾っておく。

 

お盆の後は、
川や海に流したり、
土に埋めるのが伝統

 

でも近年は住宅事情により、
川や海に流さなくなってきている。

 

よってゴミとして出すことが多い。

 

ゴミとして処分するときには、
で清めたあと、白紙で包むのが、
一般的な作法だよ。

スポンサードリンク

お盆の由来と歴史

お盆には正式名称がある。

 

正式名称は、
盂蘭盆会(うらぼんえ)。

 

旧暦(太陰暦)で、
7月15日に行われる御霊祭。

 

現在は、7月13日~7月16日までや、
一月遅れで8月13日~8月16日までのところが多い。

 

お盆の由来

お盆の正式名称である、
盂蘭盆会(うらぼんえ)。

 

gimonn

インドの言葉の一つで、
サンスクリット語なんだ。

 

サンスクリット語の、
逆さ吊りを意味するウラバンナを、
漢字で音写したものだよ。

 

お盆の始まり

お盆の始まりには、
お釈迦様のお弟子様である、
目連様が関わっている。

 

目連様は神通力が弟子の中で最も強い人で、
あるとき神通力で母親が餓鬼道に落ちたのを知った。

 

japan-238432_640

このとき母親は、
餓鬼道で逆さ吊りにされていたんだ。

 

そこで目連様は、
お釈迦さまにどうしたら、
母親を助けられるのか相談する。

 

返ってきた答えは、
「お前が多くの人に施せば、母親が救われる」
と、いうものだった。

 

そこで目連様は、
夏の修業の期間が終わる7月15日に、
僧侶たちに飲食物をささげた。

 

この孝徳によって、
母親は極楽往生した。

 

このことが始まりとなり、
旧暦の7月15日は先祖や仏様に、
感謝するようになったんだ。

 

日本のお盆 その歴史

日本で行われた最初のお盆の行事は、
606年に設けられた7月15日の斎会。

 

japan-70707_640

斎会というのは、
僧侶に斎食を施す法会。

 

斎食は食事で、
法会は仏法を説いたり供養したりするための、
僧侶や檀信徒の集まりのこと。

 

606年に設けられた7月15日の斎会は、
推古天皇が、寺ごとに4月8日と7月15日に、
斉会を設けるようにとされて行われた。

 

その後

7月15日の斎会が行われたあと、
お盆行事は宮廷の上層階級に広がる。

 

上層階級というのは、
貴族、武家、僧侶など。

 

さらに江戸時代に入ると、
庶民の間にお盆行事や仏壇が広がった。

 

お盆で活躍する提灯も、
この頃はローソクが安価になったことから
お盆に用いられるようになる。

 

まとめ

今回のリサーチでは、
お盆のお供え物の意味をまとめた。

 

いまでは日本の伝統として根付いているお盆。

 

ご先祖様が帰ってくる時期という意味は、
多くの人に知られているけど、
ちゃんとお供え物一つ一つにも意味がある。

 

ご先祖様が帰ってくるお盆。

 

お盆でお供えされる物の意味を知ることで、
より一層、ご先祖様への感謝の念が高まるかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい