ひな祭りの歌と言えば──

『あかりをつけましょぼんぼりに~( ̄∇ ̄+) 』

──と、いうフレーズが有名。

 

あなたもこのフレーズを、
思い浮かべたかもしれないね。hina2

 

優雅さと美しさを感じる曲調で、
日本の伝統的な詩っていう感じだよね。

 

なんとなく華やかさも感じるけど、
実は悲しい意味が隠されていると、
噂されているよ。

 

今回のリサーチでは、
ひな祭りの歌の意味をまとめたよ。

 

美しくも悲しいひな祭りの歌についての情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

ひな祭りの歌の名前は?

『あかりをつけましょぼんぼりに~( ̄∇ ̄+) 』

 

このフレーズで有名な歌は、
うれしいひな祭りっていう名前。

 

うれしいひな祭りは、
2007年に、a1750_000005
日本のうた百選に選ばれているよ。

 

1935年に書かれた歌で、
80年以上が経った今も歌われる、
凄い歌なんだ。

 

嬉しいひな祭りの作詞と作曲
  • 作詞したのは:サトウハチロー
  • 作曲したのは:河村光陽

 

サトウハチローさんについて

サトウハチローさんは、
作詞だけでなく小説なんかも、
色々と書いている。

 

小説や曲にどんな物があるのかは、
楽天辺りを見るだけでも大量に見つかるよ。

 

楽天の検索結果を見てみる

 

サトウハチローさんの作品は、
うれしいひな祭り以外には、
以下のような物が有名。

 

サトウハチローさんの有名な作品
  • ちいさい秋みつけた
  • リンゴの唄
  • ありがとう 
     ○テレビドラマ”ありがとう”の主題歌

 

うれしいひな祭りの詩には、
サトウハチロ-さんの特別な想いが、
込められていると言われているよ。

 

うれしいひな祭り:歌の意味は?

kimono-639261_640

うれしいひな祭りには、
サトウハチローさんが、
書いた詩が使われている。

 

その詩には、
亡くなった姉への想いを、
綴られていると言われているよ。

 

ひな祭りの歌の悲しい意味は、このフレーズに

ひな祭りの歌に込められた、
悲しい意味は歌の中にある、
1つのフレーズに込められているとされている。

 

どのフレーズに、
意味が込められているのかというと、
以下のフレーズ!

 

『お嫁にいらした姉さまによく似た官女の白い顔』

 

このフレーズの意味をお伝えする前に、
以下の二つの言葉について解説しておくよ。

 

1.”いらした”

wedding-1034430_640

いらしたという言葉は、
”来た”という意味ではない。

 

反対の”行った”という意味が、
正しい解釈とされている。

 

2.”官女”

官女というのは、
宮中に使える女官。

 

宮中に使える女性は、
白粉(おしろい)で、
真っ白にしていた。

 

だからひな人形の官女も、
顔が真っ白

 

この歌詞に込められた悲しい意味

『お嫁にいらした姉さまによく似た官女の白い顔』

 

このfフレーズは、
お嫁に行った姉を思い出しながら、
雛人形(官女)を見ている状況だよね。

 

歌詞には官女の白い顔と、
姉の顔が似ていると書かれている。

 

cute-19004_640

明治には、
西洋の肌色の化粧が人気を得て、
白粉(おしろい)は消えて行った。

 

うれしいひな祭りが書かれた1935年は、
すでに昭和に入っている。

 

昭和に入ると白粉(おしろい)は、
特別な場所以外では見られなくなっていた。

 

だから白粉を塗った、
異常なまでに白い顔の女性など、
滅多に見られる物ではなかったんだ。

 

でもある病気になると、
肌がすごく白くなってしまう。

 

官女の白い顔と姉の顔を重ねている理由

『お嫁にいらした姉さまによく似た官女の白い顔』

 

この詩にはサトウハチローさんの
姉への想いが込められていると言われている。

 

なんでもサトウハチロ-さんのは、
嫁ぎ先が決まってすぐに、
亡くなってしまったらしい。

 

死因は結核だったと言われている。

 

結核が官女の顔と重なる理由

結核になると、
のため頬が赤くなる。

 

さらには大きくうるんで、
体は痩せて肌が白くなる。

 

そう、この歌詞はサトウハチローさんが、
結核を患った姉を描いたと言われているんだ。

スポンサードリンク

他の説も考えられそうだけど?

ここまでが世間で言われている、
うれしいひな祭りに隠された、
悲しい意味なんだけど……。

 

でも別の意味が考えられるんじゃないかと、
私は邪推してしまう。man-578902_640

 

着物をきる和式の結婚式だと、
顔を真っ白に塗るよね。

 

そのことを考えると、
『お嫁にいらした姉さまによく似た官女の白い顔』

 

この詩は、
普通に結婚式のときに姉が見せた、
幸せな姿を歌っているだけなのでは?

 

などと考えられるのではと、
想像してしまった。

 

ひな祭りの歌が持つ意味:真実は闇の中

亡くなった姉について、
うれしいひな祭りの中で歌った。

girls-783575_640

 

実を言うと、
これはでしかないんだ。

 

亡くなった姉に向けたという説は、
サトウハチローさんが、
自ら語ったわけではないんだ。

 

だから真偽は分からない。

 

それにサトウハチローさんは、
すでに亡くなられている。

 

だから歌が持つ意味は、
これからも真実が分からないかもしれないね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい