バイク手袋の選び方は、
もちろん安全性を、
第一に考える必要がある。

バイク手袋

 

でもバイク手袋は、
使用する季節や用途により、
どんな性能が必要なのかが変わってくる。

 

だから、
バイク手袋はどのような状況で、
使うのかを明確にしてから、
選ぶ必要が出てくる。

 

今回は、
そんなバイク手袋選び方を、
リサーチしたよ。

 

安全なバイクの運転に必須な情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

バイクの手袋に求める性能

バイクの手袋に求められる性能は、
主に安全に関連した物。

 

具体的には、
  • 防寒
  • 防風
  • 転倒時の手の保護など
  • 保温効果
  • ハンドルやクラッチの操作を誤らな
     ○汗や雨等で

 

こういった点を見ると、
バイクの手袋を選ぶ時は、
安全性と共に使いやすさも、
考える必要があると言える。

 

バイク手袋のメンテナンス

選び方

バイク手袋は、
メンテナンスも必要。

 

定期的なメンテナンスは、
手袋を長持ちさせるだけでなく、
安全性にもかかわってくる。

 

例えば、
ほつれやスレがないのかチェックするのは、
定期的に行いたい点です。

 

また革製品であれば、
ケアオイルなどを使う事で、
長持ちしますよ。

 

バイク手袋の耐久性

バイク手袋の耐久性は、
毎日乗った場合、
通常であれば2ヶ月程

 

1日12時間ほど毎日乗った場合は、
バイク手袋は1ヶ月程が寿命となる。

 

もっとも、
素材などによっても違ってきますので、
あくまで目安となるけど。

 

バイク手袋の性能について

バイク手袋

バイク手袋には、
色々な性能の物がある。

 

を挙げるのなら──。

 

バイク手袋の性能の例
  • 厚さによる性能
     ○厚手のバイク手袋
       手の負担が軽減する
       操作性が損なわれる
       長距離ツーリング向け
     ○薄手のバイク手袋
       快適性や操作性が高い
       手への振動や負担はあまり軽減されない
  • 素材による性能
     ○緩衝性があり衝撃が吸収される素材
     ○転倒しても擦り切れにくい素材
     ○着用しても操作をしやすい素材
     ○防寒用
  • 手にフィットしやすい

 

バイク手袋の選び方

バイク手袋

バイク手袋は、
安全性が最も重要。

 

特に転倒時に、
手を守る事が大切になる。

 

でも、
バイク手袋が厚すぎたり、
クセのある素材である場合は、
バイクの操作が阻害される。

 

この結果、
安全性に悪影響が出る。

 

だからバイク手袋を選ぶとき、
安全性と使いやすさは、
両方度も考えないとならない。

 

少し具体的に述べるのなら──。

 

バイク手袋に求める性能
  • 安全性
     ○耐久性
     ○耐摩耗性
     ○耐破断性
     ○衝撃吸収
     ○緩衝性
  • 操作性
     
    ○手袋の厚さ
     ○素材のクセ

 

バイク手袋は使い分けが基本

バイク手袋は、
使い分けが基本となる。

 

はメッシュグローブや、
3シーズングローブ。

 

雨の日は、
防水加工された手袋など。

 

このように、
複数のバイク手袋を、
使い分けるようにしたい。

スポンサードリンク

バイク手袋を始めて買うのなら

バイク手袋を初めて買うのなら、
冬用の購入でなければ、
3シーズングローブが良いとされている。

 

3シーズングローブというのは、
春、夏、秋と使える手袋だよ。

 

代表的な手袋を性能別に

選び方

バイク手袋は、
性能を考えて買う必要がある。

 

ここでは、
代表的な手袋の種類を、
どんな性能なのかを合わせて、
ご紹介するよ。

 

代表的な手袋を性能別に
  • 夏用メッシュグローブ
     ○拳を握りしめた部分にメッシュ生地が張られている
     ○空気の冷える夜間や山間部では役に立たない
       →手がかなり冷えてしまう
     ○通気性が高い
     ○汗をかきやすい人向け
     ○インナーグローブと合わせて使うと良い
       →吸汗性能や速乾性能の高い物を選ぶ
     ○生地が薄すぎる物があるので注意
       →生地が薄いと耐久性が非常に低い
     ○どんな物が良いのか?
       ちゃんとプロテクターがある物を選ぶ
       生地が一定の厚さの物
       グリップ部分の滑り止めがしっかりしている
  • 3シーズングローブ
     ○初めてバイク手袋を買う人はまずコレから
     ○春、夏、秋と使える
       多少の気温の変化があっても手が冷えない
     ○厚手のメッシュ素材だと夏も快適
       →一方でメッシュだと秋の寒い日などは少し辛い
  • 冬用グローブ(ウインターグローブ)
     ○多くが防水性を持っている
       →中には防水性がない物もあるから注意
     ○多くは防水透湿素材を使っている
     ○どんな物が良いのか?
       防水性がある
       手首より長い物
        →冷気や雨を防ぐために
       手首の部分を閉じられる構造がしっかりしている
        →中を濡らすと乾かすのが大変
     ○オーバーグローブのセットもおすすめ
       →薄手のインナーグローブを重ねて着用するセット
     ○伝熱グローブもおすすめ
       バッテリーは3~4時間持つ
       シガーソケットから電源を取れる物もよい
        →バッテリー切れ時も安心
  • レイングローブ
     ○防水グローブ
     ○濡れた手での運転は消耗が激しい
     ○選択肢
       防水グローブのみ
        →手首の隙間から雨水が入る
     ○ネオプレーングローブ
       →濡れても体温が奪われにくい手袋
       →レイングローブの中で最もオススメ
         →レイングローブの多くは厚手で操作性が悪い
           →ネオプレーングローブは厚さはそれほどではない
     ○オーバーグローブ
       大きな防水グローブ
        普段のグローブの上から身に着ける
       よい物は入手が難しい傾向にある

 

バイク手袋は試着して選ぶ!

バイク手袋

バイク手袋は、
試着してから選ぼう。

 

安全性に関わるので、
この点は徹底した方がいい。

 

キツイと感じたグローブは、
長時間着用した場合、
手が動きづらくなるし、
痛くもなってくる。

 

試着した時には、
がしなやかに動いて、
ごわごわした感じや抵抗感が、
ない点に注意したい。

 

ネット購入をするのなら

ネットで購入する場合は、
まずは実店舗で試着をしよう。

 

その後、
ネットで探すという形が良い。

 

バイク手袋のサイズ

バイク手袋のサイズは、
メーカーごとに単位が、
違う場合も多い。

 

だからネットで購入する時には、
サイズの表記が、
当てにならない場合もある。

 

終わりに

バイク手袋

今回は、
バイク手袋の選び方について、
リサーチをしてみた。

 

やっぱり、
バイク手袋選びで最も重要なのが安全性。

 

この安全性は、
転倒時に手を保護するという意味と共に、
バイクの操作性に、
悪影響を与えないという意味も含まれる。

 

とにかくバイク手袋を選ぶ時には、
安全性第一で考えるようにしようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい