多摩川花火大会は、
約39万人が訪れる超巨大イベント。

 

この多摩川花火大会の場所取り
時間はいつごろから行えば良いのだろう?

 

今回は、
多摩川花火大会の場所取りについて、
時間やら注意点やらをリサーチしたよ。

 

多摩川花火大会の場所取りで後悔しない情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

多摩川花火大会について

多摩川花火大会では、
東京都世田谷区で開催される「世田谷区たまがわ花火大会」
神奈川県川崎市で開催される「川崎市制記念多摩川花火大会」

 

この花火大会が、
合同で行われているイベントだから、
規模がかなり大きい。

 

そして8月開催の大型花火大会の中でも、
フィナーレと呼べる時期に行われるよ。

多摩川花火大会の混雑について

多摩川花火大会には、
毎年39万人もの観客が来る。

 

当然アクセスへの影響も大きい。

 

だから多摩川花火大会に行くのなら、
アクセスには十分に注意をしよう。

 

多摩川花火大会の混雑の注意点
  • 待ち合わせ
     ○通行規制で駅や会場周辺は止まれない
     ○→16時くらいに待ち合わせ
       →南駅か手前やお店で待ち合わせ
  • 携帯やスマホ
     ○かからなくなる事があるから頼りにしない
  • トイレ
     ○仮設トイレは会場内に200基
       →混むから早めに場所をチェック
  • 会場内の屋台
     ○出店は15:00~21:00
     ○混雑で飲み物は変えない可能性がある
       →脱水が心配だから予め飲み物は用意
  • 駅周辺の屋台
     ○広範囲に分散している

 

次に、
ピークとなる帰りの際の混雑について。

 

二子玉川駅まで歩いて2時間かかることもあるから、
対策についていくつかお伝えしておくよ

 

帰りの対策
  • グランドフィナーレ前に帰る
  • 20~30分かけて用賀駅まで歩く
  • 30~40分かけて成城学園前駅まで歩く
  • 屋台を活用する
     花火大会は20:00で終了
     屋台は21:00まで開いている

 

多摩川花火大会の場所取りの時間は?

多摩川花火大会を、
じっくり楽しむのなら場所取りは欠かせない。

 

さて場所とりなんだけど、
時間としてはいつ頃から可能なのだろう?

 

多摩川花火大会の場所取りの時間
  • 混雑し始める時間
     ○夕方~17時くらい
  • 良い場所が無くなる時間
     ○昼の12時くらいには良い場所が無くなるエリアも
  • 良い場所をとるのなら
     ○ 夕方(15時)の1時間前にはつきたい

 

多摩川花火大会の場所取りだけど、
ルールが存在する。

 

このルールを守らないと、
撤去されるから注意を使用。

 

多摩川花火大会の場所取りのルール例
  • 基本的なルール
     ○ルールは芝生を傷つけない事が基本
  • 場所取りの方法は2種類
     ○ロープで囲む方法
      15:00以前から使用可能
      ペットボトルを四方に置いてロープをそれにかける
      1人分のスペースは90cm四方
     ○ビニールシート
       当日の15時まで使用禁止
       かならず1人は残す
  • 場所取りでやってはいけないこと
     ○ガムテープなどの使用
     ○シートを地面に固定するペグや石の使用
  • 場所取り後の注意点
     ○入場規制が敷かれて会場に入れなくなる事が
     ○入場規制後は有料席のチケットなしでは入れない

 

場所取りのルールは変更もあるので、
公式ページを参考にしても良いかも。

http://www.tamagawa-hanabi.com/

 

スポンサードリンク

多摩川花火大会に持っていきたい物

多摩川花火大会には、
いくつか持っていきたい物がある。

 

でもその前に多摩川花火大会で、
使ってはいけないものがあるから、
まずはソレをチェックしておこう。

 

多摩川花火大会に持って言ってはいけない物
  • キャンプ用品
     ○必要以上に場所を使うし芝生も傷つけう
     ○例
       テント
       パラソル
       テーブル
       椅子
  • 火気
     ○バーベキューコンロなど
  • ドローン
  • ペット

 

次に多摩川花火大会へと、
持っていった方が良い物をお伝えするよ。

 

多摩川花火大会に持っていきたい物
  • クーラーボックス
     ○保冷剤とドリンクを冷やして入れたい
  • 飲み物
     ○屋台では混雑で買えないかも
  • レジャーシート(ビニールシート)
     ○ゆったり座って花火観賞をするため
  • 薄手のクッション
     ○芝生は固いからお尻が痛くなる
  • うちわや扇子
     ○8月は暑い
     ○虫を払うのにも活躍する
  • タオル
     ○汗拭きや汚れ拭き、首周りの保護に役立つ
     ○特にガーゼ地は乾きやすいからオススメ
  • ティッシュ
     ○食事やトイレの時に役立つ
  • ウエットティッシュ
     ○手を洗う場所が近くにない事が多いから
  • 虫除け、ばんそうこう、かゆみどめなどの虫さされグッズ
     ○河川敷の芝生には大量の虫がいる
  • 長袖とロングパンツや靴下
     ○蚊に刺されにくくするため

 

多摩川花火大会の穴場スポットは?

最後に、
多摩川花火大会の穴場スポットを、
5つお伝えするよ。

 

多摩川花火大会の穴場スポット
  • 宇奈根公園
     ○最近は有名になりつつある
  • 砧野球場(きぬたやきゅうじょう)
     ○打ち上げ会場から少し離れている
     ○混雑が少ない傾向にある
  • 多摩川遊園
     ○打ち上げ会場からかなり離れている
     ○全ての花火が見られるわけではない
     ○最寄り駅の等々力から歩いて25分ほど
  • 北見方少年野球場
     ○第三京浜の橋の下
  • 宇奈根キャンプ場
     ○世田谷区の花火も一緒に楽しめる

 

終わりに

多摩川花火大会の場所取りについて、
今回はリサーチをしてみた。

 

 

場所取りは15:00以降でないと、
ビニールシートによる場所取りは、
行えないというルールには気を付けよう。

 

せっかく場所取りに成功したと思ったら、
撤去されていたなんてなったら悲しいからね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい