天神祭の花火は、
見える場所が、
他の花火大会よりも少ない。

天神祭

 

なぜなら街中で行われるため、
高く打ち上げることが、
規制によりできないから。

 

だから、
低い位置にしか打ち上げられず、
遠くだと見えにくいし、
ビルなどに視界が遮られてしまう。

 

でも天神祭の花火にも、
穴場と言える見える場所が存在するから、
場所取りはそんな場所を狙っていこう。

 

今回のリサーチ対象は、
天神祭の花火が見える穴場について。

 

夏の終わりに花火の思い出を作ろう☆-( ^-゚)v

スポンサーリンク

天神祭の花火について

天神祭というのは、
祇園祭、神田祭と併せて、
日本三大祭りと呼ばれている。

 

大坂天満宮の天神祭の最後には、
花火が打ち上げられる。

 

その数は、
2時間で4000発と少ない。

 

でも、
お祭りの知名度と規模が大きいため、
125万人~130万人が祭りに訪れるため、
相当な人数が天神祭の花火を見るよ。

 

ちなみに
天神祭の花火の正式名称は、
天神祭奉納花火だよ。

 

天神祭の花火:見所は?

場所取り

天神祭の花火で見所と言えば、
紅梅花火文字花火

 

場所取りの時は、
この2種類の花火が見える場所を、
取るように心掛けたいけど、
案外難しいのが残念なところ。

 

紅梅花火

紅梅花火というのは、
天満宮のオリジナル花火。

 

文字花火

文字花火というのは、
名前の通り文字を描く花火。

 

スポンサー名などが、
夜空に描かれることになる。

 

天神祭の花火:動画です

 

天神祭の花火が見える場所は?

天神祭の花火は、
お祭りの規模に似合わず、
打ち上げる花火の数は少ない。

 

それに規制により、
内上げられる高さが低いため、
見える場所の範囲が他の花火大会よりも少ない。

 

さらに、
打ち上げの高さが低いため、
ビルに視界が邪魔されることが多い。

 

でも見える場所は、
探そうと思えば案外見つかるよ。

見える場所

 

まずは、
天神祭の花火が見える場所の中でも、
場所取りの競争率が高い定番から。

 

ここで場所取りをする場合、
それなりの覚悟が必要だよ。

 

場所取りが大変な定番の場所
  • OAPタワー周辺
     ○OAPは大阪アメニティパークの略
     ○大川の西側
     ○花火を正面から見られる最高のポイント
     ○場所とり合戦が午前中から始まる激戦区
  • OAP円形広場
     ○花火を正面から見られる最高のポイント
     ○階段に腰掛けてみることが可能
     ○遅い場合でも4時前には場所取りに参加しないと
  • 毛馬桜之宮公園
     ○毛馬桜之宮公園は約4キロの広さ
     ○障害物が少ない
     ○屋台も多い
       →お祭りの雰囲気を味わえる
     ○夕方の4時には場所とり合戦は始まっている
     ○かなり混雑する場所
  • 川崎公園周辺

スポンサードリンク

穴場的な天神祭の花火が見える場所

次にお待ちかね、
天神祭の花火が見える、
穴場と呼べる場所をお伝えするよ。

天神祭花火

 

でも、その前に一点注意

 

橋の上だと障害物が無いので、
花火がよく見える。

 

でも立ち止まることは禁止だから、
場所取りをするのなら、
橋の上ではなく近くにしよう。

 

橋の近く以外であれば、
木やビルが邪魔にならない、
視界の開けた所で場所取りをしたい。

 

では穴場はどこか、
まとめると──。

 

天神祭の花火が見える穴場
  • 源八橋東側
     ○それなりの混雑はある
     ○でも花火は比較的大きい
  • 川崎公園
     ○川崎橋の東側にある
       ※正確には歩行者、自転車専用の端の東側
     ○人が少なめでゆったり見られる
     ○場所取りは16:00までに行いたい
     ○毎年18:00になると通行止めになるので注意
  • 都島橋両岸
     ○天神祭の花火と大阪城のコラボが見られる
  • 藤田邸跡公園前
     ○馬桜ノ宮公園の南に隣接
     ○混雑が少ない

 

少し花火が小さくなっても良いのなら、
以下の場所に行ってみよう。

 

小さな花火を楽しめる穴場
  • 梅田スカイビル
     ○空中庭園展望台
  • 大阪駅前第3ビル
     ○展望フロア
  • 阪急グランドビル
     ○阪急32番街のレストラン
  • HEP FIVE
     ○観覧車

 

終わりに

今回は、
天神祭の花火が見える場所を、
リサーチしたよ。

 

場所取りをするのなら、
穴場であっても16:00までには、
到着しておきたい。

 

でも花火の数が少ないから、
お祭りを楽しんで、
そのついでに花火を楽しむ感じでも、
良いんじゃないかなーとも思う。

 

この辺りは、好みなんだろうけどね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい