文化祭の出し物について、
食べ物以外を今回はまとめたよ。

 

文化祭の出し物には、
クラス単位で行う場合や、
部活単位で行う場合とがある。

 

ここでまとめたのは、
クラス単位の出し物についてだから、
クラスの出し物を考えている人向け。

 

楽しい文化祭の思い出を作るための、出し物情報に悶えよう(ノ´▽`)ノ

スポンサードリンク

食べ物以外の出し物の例

さっそく食べ物以外に、
どんな出し物があるのか、
まとめていくよ。

 

教室全体を使った文化祭の出し物

kanngaeru-ue

文化祭で出し物を考えるのなら、
教室という資産を有効活用したい。

 

なにせ普通のお店なんかだと、
場所代とかがかかるからね。

 

教室を有効活用した出し物の例
  • 占いの館
  • 写真
     ○コスプレ撮影
     ○顔出し看板
     ○背景に色々なハリボテを用意しての撮影
     ○撮影データを加工して渡す
      →イメージとしては、簡易的なプリクラ
     ○撮影写真の加工
      →缶バッチを作るおもちゃなんかを使って
  • お化け屋敷
  • 縁日
  • 博物館
     ○様々なコレクションを置いておく
  • 迷路
  • ゲーム部屋
     ○テーマを決めて色々なゲームを集める
     ○昔の遊びなんかを調べるなどする
  • 休憩部屋
     ○模造品なんかを集めて作る
     ○自然豊かなジャングル風の休憩部屋など
  • おもしろい化学の実験&発表
     ○理科の先生に協力してもらおう
  • 制作を体験
     ○ロウソク作り
     ○石鹸作り
     ○アクセサリー作りなど

 

数の力で文化祭の出し物を作る

nattoku

教室を資産と考えるのなら、
クラスメイトも資産として考えられる。

 

数の力を結集すれば、
個人では作れないような物を作って、
文化祭の出し物にすることも可能。

 

一方で個人の作品であれば、
部活とかで発表されるから、
注目度が低くなりがちだから注意しよう。

 

生徒という人手の力で作る出し物の例
  • 巨大な作品
     ○テーマを決めて作る
      →廃材を利用するなど
       →空き缶、割り箸、ペットボトル、段ボール、ペットボトルなど
  • 模型の展示
     ○立体地図
     ○箱庭で物語を演出など

スポンサードリンク

迷路は意外と低コスト

最後に具体的な出し物として、
迷路をご紹介するよ。

 

迷路は難しいとか、
コストがかかるという印象がある。

 

odoroku11

でも迷路を作り終わったあとは、
人手をあまり必要としない。

 

10人ほどを、
教室に置いておけば問題ないから、
文化祭を楽しむ時間ができる。

 

コストに関しても迷路の材料には、
段ボールを中心に使えばあまり掛らない。

 

あとは備品を傷つけないなどの、
基本的なルールを守る程度で、
迷路作りは問題なく行えるハズ。

 

文化祭の迷路について
  • 迷路の作り方
     ○迷路の区画を4つ程に分ける
      →それぞれを担当するメンバーで作る
     ○各箇所は好き勝手に造れば良い
     ○他の区画との繋ぎどころを相談するのを忘れずに
  • 迷路の一工夫
     ○部屋を暗くすれば難易度が上がる
      →迷路の全体像が分かりにくくなるため
      →懐中電灯のみで迷路を歩くのも面白いかも
     ○暗くするには?
      →暗幕などを使うと薄暗い
      →段ボールを窓に貼りつけると真っ暗
  • 迷路作りに必要な物
     ○段ボール
      →スーパーなんかでもらってこよう
      →一応修理用の段ボールも欲しい
     ○段ボールに黒のゴミ袋をつけると雰囲気が出る
      →暗くしたときに難易度が上がる
     ○ガムテープ
     ○壁を支える支柱として机を使う
  • 文化祭当日の迷路運営に必要な人数
     ○10人ていど
      →受け付け、案内、迷路内で出られない人の対応要員など

 

迷路はクラスの人数によるけど、
1人100円程度から作成可能。

 

だから大きな赤字にはなりにくいのも、
迷路の利点と言えるよ。

 

まとめ

今回のリサーチでは、
文化祭の出し物の中でも、
クラスで行える食べ物以外の出し物についてまとめた。

 

文化祭の出し物は、
無計画で始めると赤字が出て、
嫌な思い出になりかねない。

 

文化祭を楽しむためにも、
しっかりと計画を立てて出し物の準備は進めていこう

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい