免許証の書き換えで必要なもの!住民票や郵便物……全部言えます?

運転免許の書き換えは、
引っ越しをしたときなどに必要。

 

今回のリサーチでは、
免許証の書き換えに必要な物をまとめた。

 

注意点も少しまとめたからチェックしてみよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

運転免許証の書き換え

運転免許証の住所変更手続きは、
書き換えとも言われるけど……

 

正式名称は、
『運転免許証記載事項変更届』

 

住所や本籍、氏名などの、
変更があった場合に、
行う必要が出てくる。

 

運転免許証の書き換えをしないと?

住所の変更などを行わなくても、
運転免許証は有効

 alone-62253_640

でも、住所変更などによって、
記載事項に変更が生じたのなら、
ちゃんと報告する必要がある。

 

届けなかった場合、
1万円以下の罰金又は科料に処すると、
されているんだ。

 

運転免許証の書き換えをしないと? 2

書き換えをしない場合のデメリットは、
罰則ではない面にある。

 

例えば免許証の更新を知らせるハガキが、
前に住んでいた場所に送付される。

 

その結果、更新を忘れてしまった!
なんていう場合もある。

 

あと、運転免許証は、
本人確認のための身分証として、
使われることが多い。

 

このため身分証としての効果が薄れ、
少し不便になる場合も出てくる。

 

運転免許証の書き換えによくある誤解

運転免許証の書き換えを行う理由として、
引っ越しをした場合という物がある。

 odoroku11

引っ越しをすると、
転入届を出すよね。

 

この転入届をするだけで、
免許証の住所変更も、
完了したと錯覚する方もいる。

 

残念だけど……

  • 転入届=市区町村役場
  • 免許証の住所変更=警察署、運転免許センター

 

このように取り扱う場所が違う。

 

だから転入届けと、
住所変更の届けは、
別々に行う必要がある。

 

住所変更手続きは代理人でも可能か?

住所変更手続きは、
代理人でも可能なのか?

 eigyou12

この点は忙しい人なら、
やっぱり気になるハズ。

 

2012年までは、
多くの都道府県で可能だった。

 

でも、現在の状況を見ると代理人では、
手続きを行えない都道府県が増えている

 

だから、代理人に手続きを頼む場合は、
事前の確認をした方が良いんだ。

 

代理人による登録が可能かは、
新住所を管轄する、
運転免許センターに聞くと良いよ。

 

もし運転免許証の書き換えで代理が必要なら

本人の書き換えで必要な、
書類や印鑑などと一緒に、
必要となる物がある。

 

代理人が持って行く必要がある物
  • 本人の書き換えで必要物
  • 申請者と代理人が併記された住民票の写し
  • 続柄の記載は提示するだけで良い
  • 代理人の本人確認書類

 

必要な物は新住所を管轄する、
運転免許センターに電話すれば、
詳しく説明してくれるハズ。

 

運転免許証の手続きを行う場所は?

運転免許証の、
住所変更はドコで行えるのだろう?

 

免許証の書き換えを行える場所
  • 新住所を管轄する警察署
     ○土日の書き換えは不可能
  • 住所を管轄する運転免許センター
     ○日曜日の書き換えが行える場所が多い

 

免許証の書き換えが可能な時間帯
  • 警察署、運転免許センター共に
     ○平日8:30~17:00
     ○ただし12:00~13:00には不可能
  • 運転免許センターで日曜の書き換えが可能なら
     ○場所によって異なる

 

スポンサードリンク

運転免許証の書き換えに必要なもの

運転免許証の書き換えには、
持っていかなければならない物がある。

 

ここでは、そんな必要な物をまとめたよ。

 

住所変更の場合

住所変更で必要な物は、
以下のとおりだよ。

 

同一都道府県内で住所を変更する場合
  • 必要書類
     ○新住所を確認できる書類等
      →以下の内の一つ
         年金手帳
         住民票(コピーは不可)
         公共料金の領収書
         新住所で使う健康保険証
         新住所に送付された消印付きのはがき
          消印のない年賀状、ダイレクトメールなどは不可
         外国人登録証明書
          外国人であれば必要になる
  • 運転免許証記載事項変更届
     ○運転免許センターや警察署に用意されている
  • 運転免許証
  • 印鑑
     ○認め院で大丈夫

 

他の都道府県から、
転入する場合には、
写真が必要になることがある。

 

でも写真は全ての都道府県で、
必要というわけではないから、
あらかじめ運転免許センターに連絡して見よう。

 

他都道府県からの転入に必要な写真例
  • 1枚のみ必要
  • 申請する6ヶ月前に撮影したものであること
  • カラーでも白黒でも良い
  • サイズ 縦3cm×横2.4cm

 

豆知識

免許証の住所変更で、
知っておいた方が良いことを、
まとめておくよ。

 

住民票の有効期限

提出する住民票は、
何か月前に発行された物なのか?

 kikenn11

この点は定められていない。

 

ただ、多くの人は発行後3カ月以内の、
新住所の確認が出来る住民票を、
提出しているよ。

 

市町村合併による住所変更の場合

最近は市町村の合併が多い。

 

原則として合併があると、
更新時に自動で変更される。

 

だから特別な手続きは、
必要ないんだ。

 

ただし地名や番地、大字が、
変更になったのなら、
手続きが必要となる。

 

新住所を確認できる書類について

新住所を確認できる書類は、
旧住所から新住所に、
転送された物を提出しても良い。

 chisiki01

消印さえついていれば、
大丈夫だということなんだ。

 

ただし封筒の郵便物には注意しよう。

 

封筒に名前が書かれておらず、
中の書類に名前や住所が書かれた物も多い。

 

本籍や氏名の変更

先の章では、
住所の変更の場合について書いた。

 

ココでは本籍や氏名の変更で、
必要になる物をまとめるよ。

 

本籍や氏名の変更で必要な物
  • 運転免許証
  • 本籍地記載の住民票
     ○コピーは不可
     ○住民基本台帳法が適用されない人
     ○旅券などが必要
     ○外国人
     ○外国人登録証明書ばど

 

住民票についてなんだけど、
少しだけ注意が必要。

 

本籍地や氏名変更のために提出した、
住民票は返却されないことが多い。

 

一方で新住所を確認するための、
書類や住民票は返却される

 

この違いには注意しよう。

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ