インフルエンザの予防接種は11月辺りに行うことが多い。

 

でもこの時期にはポリオの予防接種もある。

 

今回のリサーチでまとめたのは、インフルエンザとポリオの予防接種を打つタイミングについてまとめたよ。

 

インフルエンザとポリオの予防接種を両方受けるための情報だよ(ノ´▽`)ノ

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種について

インフルエンザの予防接種は、1回目を打った後4週間あけてから打つと良い。

 

4週間あけることで、体の中で作られる免疫価が高い状態になるよ。

予防接種の効果について

予防接種によっては抗体ができるのには2週間は必要。

 

でも抗体が一度できれば効果は半年以上もつ物が大半。

複数の予防接種を受ける時のコツ

予防接種を複数受けるときは、優先順位などを考えながら計画を立てる必要がある。

 

インフルエンザとポリオの予防接種を行いたい場合も計画が必要。

 

インフルエンザが流行する時期は地域によって流行の時期が違う。

 

このためインフルエンザとポリオの予防接種が近い時期である場合には、計画を立てる必要があることが多い。

予防接種の計画を立てるには?

インフルエンザとポリオの予防接種は時期が重なることが多い。

 

そこで法的な面から考えた計画が必要となる。

 

予防接種を受けるヒント
  • ポリオ
     ○種類:生ワクチン
     ○法的面:生ワクチン接種後、27日間はインフルエンザの予防接種を受けられない
  • インフルエンザ
     ○種類:不活性ワクチン
     ○接種後6日間はポリオの予防接種は打てない

 

スポンサードリンク

 

上記の法的な面ともうつ。

 

先に書いたようにインフルエンザの予防接種を行うのは11月中旬あたりが良い点にも注目したい。

 

法的な面インフルエンザの予防接種の時期を考慮して以下のように計画を立てよう。

 

ポリオの集団接種が、10月の初めに予定されているのなら……ポリオの予防接種を行った4週間後にインフルエンザの予防接種を打つ。

 

ポリオの集団接種が、11月半ばに予定されているのなら……ポリオの予防接種をする1週間前にインフルエンザの予防接種を行う。

まとめ

今回は予防接種についての情報。

 

予防接種はウイルスを体に入れる。

 

だから健康の面からも、接種の間隔には気を付けないとならない。

 

インフルエンザとポリオの予防接種をする場合は、お医者さんに、いつ打てばよいのか相談してみようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

アルコールとインフルエンザ関連の記事

アルコールは、インフルエンザ対策としても使われることが多い。

 

もしも自宅でアルコールを使うのなら、濃度に気を付けるなどすることで効果に違いが生じる点に注意をしたい。

インフルエンザのアルコール消毒!効果が最高になる濃度は?

インフルエンザをアルコール消毒!効果が最も高い手洗いの方法は?

 

インフルエンザの予防接種関連の記事

インフルエンザの予防接種を受けるのなら、有効期間などで知っておきたいことがいくつかある。

インフルエンザの予防接種!有効期間と効果で知っておきたい話

インフルエンザ予防接種の時期と料金とは?

 

予防接種後

インフルエンザの予防接種をした後には、アルコール摂取など気を付けたいことがいくつかある。

インフルエンザの予防接種後にアルコール!副作用はないの?

インフルエンザの予防接種!接種後に運動や入浴はOK?

 

予防接種の副作用

予防接種で怖いのが副作用。

 

基本として予防接種を受けたら、受けた医療機関に30分はいるようにした方がいい。

 

そうすることで副作用が出た時、迅速に対応してもらえる。

インフルエンザの予防接種!副作用の腫れや発熱は危険な症状?

インフルエンザの予防接種!副作用の期間と危険な症状

インフルエンザ予防接種!効果と副反応は!!

スポンサードリンク