ホエールウォッチングが日本なら日帰りかも?日本中にある体験ツアー

ホエールウォッチングは、海外のイメージが強い。

 

でも日本でもホエールウォッチングが行われていて、最近は人気が高まりつつある。

 

今回は、そんなホエールウォッチングを体験できるツアーについてお伝えするよ。

スポンサードリンク

ホエールウォッチングは沖縄が断トツに多い

日本でホエールウォッチングが行われたのは、1988年だったと言われている。

 

小笠原で行われたのが始まりで、それから日本で広く行われるようになった。

 

このホエールウォッチングは、日本全国色々な場所で行われているけど、それでも沖縄で行われる回数が圧倒的に多い。

 

体験ツアーの企画で有名なアクティビティジャパンを見ると、やはり沖縄での開催が圧倒的に多い。

 

以下のような感じになっている。

 

  • 沖縄 (87)
  • 九州 (6)
  • 関東 (2)
  • 北海道 (1)

 

クジラの種類によっては?

小笠原や座間味であれば、ザトウクジラのウォッチングを楽しめる。

 

ザトウクジラは子育てのために暖かい海を求めて、北の海から日本の海へと12月~3月にやってくる。

 

北海道ではマッコウクジラで、高地ではニタリクジラ。

 

とはいえ、必ずしもこれらの地域でお伝えしたクジラの種類を見るというわけではない。

 

時期やらなんやらで違ってくるから、ツアーを紹介するサイトなんかをしっかり見た方が良いのは確か。

ホエールウォッチング体験ツアーについて

ホエールウォッチング

ホエールウォッチングのような生き物を相手にした体験ツアーで、もっとも心配になるのがクジラに遭遇できるかどうか

 

やっぱり生き物が相手だけあって、遭遇出来ない事もある。

 

だから返金保証がある物を選びたい。

ホエールウォッチングの服装について

ホエールウォッチングは、船で海の上に出るのが基本。

 

だから揺れてもよい格好で、さらに濡れても大丈夫な格好で行きたい。

 

また海の上は冷えるので、季節にかかわらず防寒着を用意した方が良いかもしれない。

 

服装の落とし穴として、日差しが強いので日焼け止めやサングラス、防止などの用意も忘れないようにしよう。

ホエールウォッチングのお値段

ホエールウォッチング体験ツアーは、5000円前後からある。

 

だから、ホエールウォッチングの体験ツアーは、その場所に行くまでの交通費にもっともお金が掛るともいえる。

ホエールウォッチングの集合時間

ホエールウォッチング体験ツアーは、朝の8:30か午後の13:00に集合のものが多い。

 

そして2時間~4時間ほどで帰るのが一般的。

スポンサードリンク

ホエールウォッチングに行くのなら

ホエールウォッチングに行くのなら、ツアーに参加した方がよい。

 

個人で情報を集めてホエールウォッチングに行く人もいるけど、あれは玄人向けの楽しみ方。

 

そうとうな情報が必要になるから、初めてホエールウォッチングに行くのであればツアーに参加しよう。

 

 

終わりに

ホエールウォッチングについて、今回はリサーチしてみた。

 

雨天などで、ホエールウォッチングに行くための船が出港しない場合もある。

 

このような場合を考えて、集合場所に行ってもホエールウォッチングに行けなかった──このような状況になった時の予定を決めておくことも大切。

 

この辺りの計画も含めて、ホエールウォッチングに行く前にはしっかりと準備をしておこうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク