梅雨や花粉の時期というのは、洗濯物を部屋干しにせざる得ない。

 

また最近では防犯意識の高まりから、室内星をする方も増えている。

 

そんな室内干しでつきまとう問題が嫌な臭い。

 

部屋干しを行ったときにつく嫌なにおいというのは、雑菌(主にモラクセラ菌)が繁殖したことによるもの。

 

だから部屋干しの臭いを防ぐには雑菌が繁殖しないようにすることが大切になる。

 

では雑菌が繁殖しないようにするにはどうすれば良いのかというと……それは早く乾かすこと!

 

雑菌は5時間ほどで繁殖するとされているので、洗濯物を5時間以内に乾かすことができれば嫌なにおいを回避できることになる。

スポンサードリンク

室内干しで早く乾かす方法|道具

室内干しで嫌なにおいを避けるのなら、雑菌の繁殖を防ぐため早く乾かすことが大切。

 

そのための最も手軽な方法が道具を使うこと。

 

室内干しした洗濯物を早く乾かす場合、以下の道具を使う方が多い。

 

  • 除湿機
  • 浴室乾燥機
  • 扇風機やサーキュレーター
  • エアコン
  • コインランドリーの乾燥機

 

除湿機

除湿器を通常通りに作動させ、そこに洗濯物を干すだけでも乾きに違いが出る。

 

さらに排気口から乾いた風が出るのなら、排気口を洗濯物に向けると乾きがさらに良くなる。

 

浴室乾燥機

浴室乾燥機を使う場合、予め換気をよくするなどしてお風呂場の湿気を減らしておくことが大切。

 

湿気を減らしたら、洗濯物を干して通常通り浴室乾燥機を使おう。

 

扇風機やサーキュレーター

扇風機やサーキュレーターの風を洗濯物にあてることで早く乾く。

 

このときエアコンなどの風も併用するのなら、それぞれ違う方向から風を当てると効率がいい。

 

さらに扇風機やサーキュレーターだけでなく乾燥機の風も、洗濯物の下から風を当てるようにするといい。

 

これは洗濯物の水分は、重力にひかれて下へと集まるものだから。

 

エアコン

エアコンで洗濯物を乾かす場合、除湿(ドライ)モードがおすすめ。

 

空気中の水分を減らしてくれるので、洗濯物の乾きもよくなる。

 

コインランドリーの乾燥機

コインランドリーの乾燥機は性能がいい。

 

家で選択をした後、コインランドリーで乾燥機だけを使うという方も多いほど。

 

その他の道具を使った工夫

洗濯物を早く乾かす場合、新聞紙も役に立つ。

 

室内星をした部屋の床に新聞を敷き詰めよう。

 

すると新聞紙が室内の湿気を吸ってくれるので、洗濯物の乾きが早くなる。

 

でも新聞紙は燃えるので、洗濯物を乾かすために使っている物が発する熱には気を付けるようにしよう。

 

室内干しで洗濯物を早く乾かす方法|コツ

洗濯物を早く乾かすには、以下のようなポイントを押さえる必要がある。

 

  • 室内の温度を高くする
  • 部屋の湿度を下げる
  • 干す前に洗濯物の水分を減らす
  • 風通しを良くする

 

これらのポイントに気を付けることで、洗濯物は早く乾く。

 

室内の温度を高くする、部屋の湿度を下げるに関しては除湿器やエアコンを使うなどの必要がある。

 

干す前に洗濯物の水分を減らすに関してはアイロンを使うという手がある。

 

風通しを良くするに関しては、干し方の工夫が大切になる。

 

干す前に洗濯物の水分を減らす

干す前にアイロンがけをすることで早く乾かすことができる。

 

ドライヤーを使うという手もあるけど、こちらは熱が一か所に集中しやすいため生地を炒める可能性があるので注意が必要。

 

もしもどうしても早く乾かすためにドライヤーを使うのなら、ハンガーに洗濯物をかけて全体的に風を当てるようにする形が行いやすい。

 

風通しを良くする

風通しを良くするためには、干し方と扇風機などの風の当て方に気を付けることになる。

 

干し方に関しては以下のような工夫がある。

 

干し方の工夫
  • 厚い布の服
     ○裏返して干す
  • フード付きの服
     ○逆さまにして干す
      →フード部分が垂れて風に当たりやすくなる
  • ズボン
     ○円柱型に干す
  • 服と服の間に隙間を作る
     ○隙間は拳1つ分以上
  • アーチ状に干す
     ○長い物(タオルなど)は外側に干す
     ○短い物(靴下など)は内側に干す

 

おわりに

今回は、室内干しをした洗濯物を早く乾かす方法についてお伝えした。

 

室内干しをした洗濯物を早く乾かすことは、細菌の繁殖を防いで嫌なにおいの発生を抑えるという利点もある。

 

だから早く乾かす方法を知っておくことは、けっこう重要なことだったりもする。

 

色々な方法があるので、その中で最もライフスタイルに合ったものを選びたい。

 

また洗濯物の生地によっては、熱に弱い場合もあるのでその辺りを注意することも大切になる。

 

こういった注意点を念頭に、室内干しした洗濯物は早く乾かすようにしよう。

スポンサードリンク