お盆休みは、
いつからいつまでなのか?

お盆休み

 

一般常識としては、
8月11日~8月16日の6日間が、
お盆休みと覚えておけば問題はない。

 

でも職種によってお盆休みの期間は違うから、
計画を立てるためだとかの場合は、
もう少し詳しく知っておきたいところ。

 

今回は、
お盆休みはいつからいつまでなのか
一般常識よりも少し詳しくお伝えするよ。

 

知っておけば役に立つかもしれない情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

お盆休みの一般常識

お盆は、
8月の13日~16日

 

お盆休みというのは、
この4日間を軸に決められる事が多い。

 

その結果、
8月11日~8月16日という会社が多いよ。

 

また2016年からは、
お盆に絡む形で山の日が制定されたため、
それまでよりも休日が2日長くなっている。

 

中には12日間もお盆休みがある会社もあるけど、
一方でお盆休みが皆無という会社も……。

 

お盆休みが皆無 それが常識となっている職業

常識

お盆休みが無い職業もある。

 

一例をあげると──

 

お盆休みが皆無の職業
  • 銀行
  • 公務員
  • サービス業
  • 販売業

 

こういった職業には、
基本的にお盆休みが無い。

 

でも公務員などは、
長期の夏休みを取れるよ。

 

銀行や公務員のお盆休みを少し詳しく

いつからいつまで

公務員は金曜日~日曜日などの、
3連休となる事が多い。

 

これは、
お盆休みが役所では、
制定されていないため。

 

銀行の方のお盆休み

一方で銀行の方は、
銀行業法で祝日のみが休業日だと、
禁められている。

 

だからお盆休みを取ることは不可能

 

サービス業や販売業もお盆休みが無い理由

サービス業や販売業も、
お盆休みが無い場合が多い。

 

これは、
お盆休みの期間というのは、
繁忙期で忙しい時期となるから。

 

ようは稼ぎ時だから、
従業員を休ませるわけにはいかないというわけ。

スポンサードリンク

一般常識として知っておきたいお盆休みの具体例

お盆休みの日数は、
企業ごとに違いがある。

 

福利厚生に手厚い会社大企業の多く、
また製造業などは、
8月11日~8月20日などの、
10連休の所も多い。

 

大企業の場合も、
前後が土日の場合は、
8月11日~8月20日などの、
10連休の所も多い。

 

そして一般的な企業はというと、
8月11日~8月16日などの6連休の所が、
多いみたいだよ。

 

お盆休みの渋滞予想

お盆休み

お盆休みの期間を、
有効に使いたい場合は、
渋滞予想のサイトが役に立つ。

 

とくに、
NEXCOの高速道路渋滞予測は、
色々な人が使っているよ。

 

このサイトを見てみると、
8月は行楽シーズンであるため、
全体的に混んでいる。

 

お盆休みの帰省ラッシュ時で、
もっとも混むのは8月10日~13日だと分かるよ。

 

終わりに

貴重な、
社会人の大型連休であるお盆休み。

 

会社ごとに、
お盆休みの期間は違うから、
その点に注意しながら、
お盆休みの計画は立てたい。

 

それと帰省ラッシュは、
巻き込まれると酷い事になるから、
こちらも注意をしようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい