乾燥肌のかゆみを止めるには、
どんなことに気を付ければ良いのか?

 

今回のリサーチでは、
乾燥肌対策についてまとめた。

 

乾燥肌の痒みを乗り越える、大切なお話さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

乾燥肌は最も多いかゆみの原因

かゆみは、
乾燥肌が原因であることは最も多い。hibi11

 

この乾燥肌なんだけど、
放っておくと肌の老化が進んで、
たるみやシワの原因になる。

 

だから美容の面からみても、
乾燥肌は決して歓迎できる症状ではないんだ。

 

乾燥肌はかいてはいけない

乾燥肌をかくと、さらに悪化して、
表皮が荒れてしまう。

 

すると些細な刺激にも、
過敏に反応するようになる。

 

こうなると、肌をかくことが多くなり、
肌の荒れがドンドン酷くなるという、
悪循環に陥ってしまう。

 

乾燥肌対策、3つの基本

肌の乾燥対策をするのなら、
食事、ストレス、保湿剤の、
3点には気をつけたい。

 

肌の乾燥対策、基本
  • 食事
     ○肌の代謝が良くなる食事をとる
      →特にビタミン類を摂りたい
         ビタミン類は肌の代謝促進をして潤いを保つ
      →特に摂りたいビタミン
         ビタミンA:ビタミンCは特に効果的
         ビタミンC:コラーゲンの生成を促す、抗酸化作用もある
     ○ビタミンが多い食材例
       ビタミンA
         ウナギ
         緑黄色野菜
         レバー
       ビタミンC
         アボガド
         大根の葉
         ナッツ類
       ビタミンE
         イチゴ
         赤ピーマン
         黄ピーマン
         芽キャベツ
         さつま芋
         キウイ
  • ストレス
     ○ストレスをためないようにする
       ストレスが溜まるとステロイドホルモンが多く分泌される
        →肌の代謝が悪化する
     ○睡眠不足のストレスなども避けたい
  • 保湿剤
     ○保湿剤は自分の肌に合った物を選ぶ

 

乾燥肌対策、保湿ケアについて

mizu12

保湿ケアの道具には、
ローションやクリーム、軟膏がある。

 

これらは目的別に、
使い分ける必要があるよ。

 

乾燥肌対策、保湿ケアについて
  • ローション
     ○メリット
       塗り心地が良いため使いやすい
       手、足、顔、頭皮など幅広く使える
     ○デメリット
       水分の蒸発と共に効果が無くなる
       乾燥がひどいと何度も塗り直すことになる
  • クリーム
     ○メリット
       ローションに比べて水分の蒸発が遅い
       手、足、顔、頭皮など幅広く使える
     ○デメリット
       軟骨よりも乾燥するのが早い
  • 軟膏
     ○メリット
       ローションやクリームよりも保湿効果が長くもつ
        水分が多い入浴後に使うと良い
         →保湿効果が長持ちする
     ○デメリット
       肌が乾燥した状態では使えない
         →表面がベタベタでも内側が乾燥した状態になる

 

肌が乾燥している時は、
あらかじめ皮膚を湿らすと良い。

 

だから乳液やローションを使い、
その上に軟膏などを塗ることになる。

 

このとき、
数ヶ所に軟膏を乗せて、
指などで円を描きながら塗る。

 

かゆみ止め成分が入った物を使う場合

乾燥肌の症状が軽い場合は、
しっかりと保湿することで、
乾燥肌の改善を目指す。

 

強いかゆみが出ている場合、
かゆみをマヒさせる効果のある、
外用剤を使うことになる。

スポンサードリンク

かいて皮膚に傷が出たときのケア

乾燥肌になると、
かいて傷ができるときもある。

 

傷を放置しておくと、
細菌が傷口から入って、
肌に異常が出ることがある。

 

だからケアを行う必要があるんだ。

 

かいて皮膚に傷が出たときのケア

chiryou13

抗菌剤入りのを塗ったあと、
ばんそうこうなどを貼る。

 

そして傷が治るまでは、
保湿剤などは使わない

 

このようなケアが、
かいた時のケアには必要となる。

 

乾燥肌の悪化を防ぐには

乾燥肌で、
最も気を付けたいのが入浴

 

ここでは乾燥肌を悪化させないために、
入浴の注意点をまとめておくよ。

 

入浴で乾燥肌を悪化させないために
  • 熱いお湯に気を付ける
     ○熱いお湯につかると皮脂が奪われる
      →乾燥しやすくなる
  • タオルでゴシゴシしない
     ○肌を傷める
  • 入浴時の注意点
     ○熱いお湯に初からない
      →40度以下のお湯に入る
  • タオル
     ○肌に優しい物を選ぶ
  • 石鹸
     ○肌への刺激が少ない物を選ぶ
     ○よく泡立ててから使う
  • 入浴後
     ○タオルは肌に押し当てる感じで使う
  • 保湿クリーム
     ○保湿剤は入浴後、早めに塗る

 

まとめ

今回のリサーチでまとめたのは、
乾燥肌への対策

 

かゆみの原因であることが多い乾燥肌。

 

放置するとシワなんかの原因にもなるから、
対策はしっかりと行いたい。

 

では、かゆみを止めるには、
何をしたらいいのかと言うと……

 

とりあえず保湿剤の使い方を見直して、
その後で対策を考えるのが良いかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい