インフルエンザの被害を広げないためには、
潜伏期間と感染可能な期間を、
知っておく必要がある。

インフルエンザ

 

特に家族の場合は、
生活する空間を共有するので、
うつしやすいから注意したい。

 

今回は、
インフルエンザ潜伏期間と、
感染期間についてリサーチをしたよ。

 

油断できないインフルエンザの話しさ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

インフルエンザウイルスの潜伏期間とは?

インフルエンザの潜伏期間とは、
ウイルスが体内に入ってから、
何らかの症状が出るまでの期間のこと。

 

潜伏期間をどのように過ごしたかにより、
家庭内での感染の広まりに変化が出る。

 

インフルエンザの潜伏期間は?

潜伏期間

インフルエンザの潜伏期間は、
多くの場合は24時間~48時間ほどだと、
言われている。

 

少し長引くと、
72時間ほどになる。

 

インフルエンザの感染可能期間

インフルエンザは、
症状が治まって平熱になってからも、
1週間は気を付けよう。

 

1週間は、
家族感染の可能性があるよ。

 

だから1週間は、
手洗いやうがい、マスクなどで、
うつす可能性を減らしたい。

 

この1週間が、
感染可能な期間と言えるよ。

 

インフルエンザのA型とB型

感染期間

インフルエンザには、
A型やらB型やら
複数の種類が存在する。

 

潜伏期間につ着いては、
どちらも24時間~48時間ほど。

 

でも名前が違うだけあって、
それぞれ特徴が違ってくる

 

インフルエンザA型の特徴

例えばA型の場合は、
人以外にも感染できる。

 

このため、
人間以外が持つウイルスと組み合わさり、
全く性質の違うウイルスになったりもする。

 

その代表格が、
数年前に猛威を振るった、
鳥インフルエンザだよ。

 

インフルエンザB型の特徴

一方でB型には、
症状が弱くて発見しにくいという特徴がある。

 

このため風邪と勘違いして放置した結果、
周囲にウイルスをバラ撒いていたという事も、
よくある話。

スポンサードリンク

インフルエンザの感染について

インフルエンザウイルスというのは、
飛沫感染がメイン。

 

飛沫感染というのは、
クシャミなんかをして空中を漂う、
唾液なんかからも感染するというもの。

 

また、
会話の時に飛び出た唾液からも、
感染する可能性がある。

 

インフルエンザは簡単に感染する

インフルエンザ

インフルエンザには、
簡単に感染する。

 

例えば向かいの席の人が、
インフルエンザの症状を出せば、
それだけでウイルスが体内に侵入して、
感染している可能性が高い。

 

ただインフルエンザウイルスが体内に入っても、
症状が出るとは限らない

 

このため、
インフルエンザウイルスに感染しても、
症状が出なかったため、
インフルエンザだと気付かずに治ってしまうことも、
多くあるみたいだよ。

 

インフルエンザの検査について

インフルエンザウイルスに、
感染しているかどうかについては、
ウイルスが体内で増えてからでないと、
分からない。

 

このため、
症状が出ないうちに
インフルエンザになったか、
知るというのは難しい。

 

終わりに

インフルエンザは、
周りにうつりやすいから困る。

 

油断をしていると、
簡単にウイルスをもらっちゃうからね。

 

インフルエンザウイルスの感染を避けるには、
人混みを避けるのが基本。

 

見落としがちなんだけど、
病院などに行って感染してしまう人も、
多くいるとされている。

 

うつすのも、うつされるのも、
インフルエンザは気を付けようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい