七夕の食べ物には、
甘いものが見当たらない。

と、お嘆きのアナタ!

七夕

 

索餅なんてどうですか?

 

索餅は七夕の日に、
そうめんが食べられるようになる前に、
食べられていた食べ物。

 

今回は、
元祖七夕の食べ物である索餅
リサーチしてみたよ。

 

七夕に索餅を食べたくなるかもしれない情報さ☆-( ^-゚)v 

スポンサードリンク

索餅の歴史

日本で、
索餅が食べられるようになったのは、
奈良、平安時代。

 

この頃は、
さくべいではなくむぎなわと、
呼ばれていた。

食べ物

 

この頃の索餅は、
麺の形をした物と、
お菓子の形をした物とがあり、
庶民に愛されていたんだ。

 

でも、
やがて小麦粉100%の、
そうめんが世に出ると、
索餅は廃れていった。

 

その結果、
7月7日に食べるのは、
そうめんが主流になった。

 

麺の形をした索餅とは?

の形をした索餅というのは、
まず小麦粉と米粉を混ぜて、
塩と水を加えて練り上げる。

 

その後、
蒸して細く切って完成

 

コシが素麺やうどんよりも弱いから、
それらに慣れた現代人だと、
美味しいとは感じないかも。

 

お菓子の形をした索餅

お菓子の索餅は、
麺の索餅を数cm間隔で切って、
2本をより合わせたりねじったりして、
ゴマ油で揚げて完成。

 

最近だと、
砂糖をまぶしたりするよ。

 

索餅が中国で食べられるようになった由来

索餅

索餅は、
中国から伝わってきた。

 

中国で索餅が、
食べられるようになったのは、
古代中国での話。

 

7月7日に、
皇帝の息子が亡くなった。

 

その息子は1本足のとなり、
熱病を流行らせるようになる。

 

その祟りを鎮めるために、
皇帝の子供の好物だった、
索餅をお供えして供養するようになった。

 

その後、索餅を食べると1年間病気をせず、
健康に過ごせると言われるようになった。

 

やがて奈良、平安時代、
後醍醐天皇の時代に、
七夕に索餅が日本でも、
食べられるようになった。

スポンサードリンク

索餅には歴史がある。だから……

七夕の食べ物の定番に、
甘い物は見当たらない。

 

でも最近は、お菓子メーカーが、
自社の商品を売ろうと、
頑張っているよね。

 

サマーバレンタインと題して、
恋人なんかにスイーツを贈る習慣を、
七夕の日に定着させようとしたりね。

 

他にも、
星型のモチーフが入ったお菓子なんかも、
七夕の日の食べ物には見かける。

 

でも、七夕の食べ物を考えると言いたい!

でも、
索餅を流行らせようとするメーカーは、
存在しない。

 

索餅は、
その辺の新参者スイーツよりも、
七夕にちなんだ歴史があるのに!!

 

と、いうわけで、
お菓子メーカーさん、よろしくお願いします☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい