五山の送り火といえば、
京都の風物詩。

 

今回は、
五山の送り火が見える場所について
リサーチをしたよ。

 

五山の送り火の穴場や歴史の情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

五山の送り火とは

五山の送り火とは、
京都の夏の風物詩の1つ。

 

東山如意ケ嶽の、
大文字が一番有名だよね。

 

五山の送り火というのは、
東山如意ケ嶽の大文字を含む、
以下の5つの送り火を、
まとめて呼ぶ時の言葉。

 

五山の送り火とは
  • 万灯籠山:妙
  • 大黒天山:法
  • 西賀茂船山:船形
  • 大北山:左大文字
  • 嵯峨鳥居本曼荼羅山:鳥居形

 

同じ夜に、
時間をずらして送り火が点火されていくよ。

大文字、送り火の意味は?

送り火というのは、
お盆の翌日に行われる、
仏教の行事。

 

冥府に還る先祖の霊が、
迷わないように用意する灯り

 

では、
大文字にどのような意味があるのかというと、
諸説がある。

 

有力な説を挙げるのなら、
この夜には松明の火を空高くに投げる。

 

そして虚空を行く霊を、
見送る習慣が過去にはあった。

 

この習慣が、
山に点火されるようになり、
現在の五山の送り火となったという、
説があるよ。

 

五山の送り火の歴史は?

五山の送り火は、
誰がいつから始めたものなのだろう?

 

その歴史を調べると、
色々な説はある。

 

有力な説が何かというと──

 

五山の送り火の歴史の有力な説は?
  • 平安初期に空海が始めたという説
  • 室町中期に足利義政が始めたという説
  • 江戸初期に近衛信尹が始めたという説

スポンサードリンク

五山の送り火が見える場所は?

五山の送り火を、
本気で見ようとするのなら、
京都駅周辺のホテルを予約して、
準備を行った方がよい。

 

もしホテルなどを予約せずに、
五山の送り火を見るのなら、
以下のような場所で見よう。

 

五山の送り火が見える場所

五山の送り火は、
京都駅ビルの空中経路や、
屋上、大空広場などで、
五山の送り火の観賞会が、
行われているよ、

 

この観賞会は、
場所によって入場制限があったり、
整理券が必要だったり、
色々な対応がされている。

 

メジャーな五山の送り火が見える場所

五山の送り火が見える場所で、
メジャーとされているのが──

 

  • 北大路橋
  • 出町柳
  • 三条大橋
  • 四条大橋

 

これらの場所は、
メジャーなだけあって人が多い。

 

穴場な五山の送り火が見える場所

イオンモール五条の屋上は、
穴場として密かな人気を博している。

 

五山の送り火当日になると、
屋上が無料開放されるよ。

 

この時の人数は、
500人ほど。

 

ただ妙と法の、
五山の送り火は見えないよ。

 

終わりに

五山の送り火は、
日本で知らない人が少ないほど、
有名だよね。

 

だから一生に一度は、
この目で見てみたい!

 

と、感じる方も多いかも。

 

そのような方は、
五山の送り火が見えるホテルを調べて、
本気で見てみるのも良いかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい